たっちゃんの古代史とか

誰も知らない日本とユーラシア古代史研究。絵も本も書く。闇の組織に狙われてるアマ歴史研究者。在宅お仕事中。

□□ 真経と八咫から分かってくる、八咫鏡の■■な実体

みたび三種の神器についての話。

 

去年から心臓の動悸、息切れがあり、なんか詰まってるという感覚もあるのですが・・・。数日前なんか体調おかしくて死ぬかと思いました。

爆睡とユンケル心臓薬と生玉ねぎ大量食いで、体調が戻ってきたこの頃です。死ぬ前に、八咫鏡についてまとめておこうと思います。

ていうかユンケル心臓薬効く・・・。

 

 

八咫鏡の形とは

 

いま伝えられてる八咫鏡は、いわゆる銅鏡の種類というのが通説です。

銅鏡は紀元前の古代中国に発祥し、弥生時代中期から、倭国に持ち込まれたものでした。
ネットで八咫鏡をしらべたら、円形で大型内行花文鏡みたいな、一般的な銅鏡の形であるとの通説があります。

内行花文鏡 - Wikipedia

 

ほか、八葉の八角形状になった形体であるとの説がありました。
これについては、いわゆる日ユ同祖論に関連して、表面にヘブライ文字が刻まれてるとかいう話もあります。

以前入手した「日本ユダヤ超文明FILE」によれば、この八咫鏡の表面にはヘブライ語で、「我は有りて有る者」と書いてあるとか。

f:id:kl117cr233:20200318232710j:plain

手元の「ムー 日本ユダヤ超文明FILE」古代文明研究会著、P58より

 

形についてまとめると、こうです。

1・円形の銅鏡)大型内行花文鏡形みたいなやつ)

2・八葉型(八枚の葉っぱの八角形)、ヘブライ語付き

3・手鏡型

4・立体の三角錐

 と仮説が色々。

 

ウィキペディアにこうあります。

 伊勢神宮八咫鏡

天照大御神の「御神体」としての「八咫鏡」は神宮の内宮に奉安されている。

神道五部書や類聚神祗本源等によれば、この「八咫鏡」の見分記録には「八頭花崎八葉形也」、「八葉中有方円五位象、是天照大神御霊鏡座也」とある。

この「八咫鏡」は、明治初年に明治天皇が天覧した後、あらためて内宮の奥深くに奉納安置されたことになっている。

この「神宮の八咫鏡」の「最初の姿と大きさ」は、考古学者原田大六によれば、福岡県糸島市にある「平原遺跡出土の大型内行花文鏡(内行花文八葉鏡)と、同じ形状で同じ大きさのものではなかったか」と考察して、それを著書に記している。

これは『延喜式伊勢大神宮式、『皇太神宮儀式帳』において、鏡を入れる桶代の内径が「一尺六寸三分」(約49センチ)としており、46.5センチの大型内行花文鏡を納めるにはちょうど良い大きさであることから。

原田によれば「御鎮座伝記を読み解いてみると、約三回ほど内宮の火災があり、このいずれかに焼失してしまい(一度だけとは限らないかも、とも)、その時に新たに作り直された八咫鏡は、現在に残る桶代(御神体の入れ物)の大きさから推定して、直径46.5cmの大きさではなくなっている」という。

また、「図象も実際に見て模写するべくもないであろうから、これも変化しているだろう」という[3]。

八咫鏡 - Wikipedia

 

あるいは近代までに火災で3度も焼けて原型を失い、形もわからなくなったとか。なんという、ずさんな管理。

その挙げ句、いまのまん丸な銅鏡形だったことにして、三種の神器として納められた経緯があるとか。なんて適当な管理。

いま伝わる八咫鏡は完全なレプリカで、壇之浦から引き上げたとか言いますが、沈んだままだとかいう話もあります。

ということもありましたが、日ユ同祖論者は「八葉形の八角形」が本物だとか、まことしやかに語ってたりしますね。

日ユ同祖論を信じてる人は、先程の画像こそが本物だとか、思っちゃったりしちゃったりしてませんですか?

 

しかし自分としては、結局のところ上記の

1・円形の銅鏡)大型内行花文鏡形みたいなやつ)

2・八葉型(八枚の葉っぱの八角形)、ヘブライ語付き

3・手鏡型

4・立体の三角錐

 

これら全部、間違いなのではないかと、直感でそんな気がしました。

円形も、八葉形もみんな想像の産物に過ぎないかもしれないなと、思ってしまいました。

その理由は、八咫鏡の名前を解読すると、分かってきます。なにしろ、名は体を表すわけなので。

 

 

八咫鏡はユダの鏡だったか

 

八咫鏡の本来の読みは、ユダの鏡じゃないかというのは以前の記事で書いてました。

judah→yata→八咫鏡

日本人、日本語というのは、複雑な音韻を単純化してつかったり、漢字を無理やり当てはめたり、音が微妙に変化しても気にしない、そんな適当化本位という伝統的な風習があるのです。たとえばヤン・ヨーステン八重洲にしてしまったみたいな話。

それを検討すれば、ユダの鏡は普通にありそう。

ユダとは勿論、古代ユダヤ王国のことです。

以前に考えた、草薙剣八尺瓊勾玉の意味と照らし合わせて、むりがないです。日ユ同祖論自体が無理といわれたらそれまでですけど。

 

 

BESTOPE 10倍拡大鏡 LED化粧鏡 浴室鏡 卓上鏡 曇らないミラー 吸盤ロック付きLEDミラー 壁掛けメイクミラー 360度回転スタンドミラー 単四電池&USB給電(改良版)

 

 

別名の「真経鏡」からわかる形状

 

八咫鏡という名前からは、八角の八葉形を想像できるので、八咫鏡はやっぱりそういう形なんじゃないの、と考えてしまいます。

しかしこの鏡には別の情報源があるのでした。それが、別名の存在。

真経鏡(まふつのかがみ)

これが、八咫鏡の別名でした。

「経」をウィクショナリーでしらべたら、こうあります。

字源

「經」の略体。「經」は「糸」+音符「巠」の会意形声文字。「巠」は台座を置いて上下に糸を伸ばす様を表す象形文字で縦糸を意味。「經」はそれに「糸」を添え繊維に関する語であることを強調。

意義

縦糸。

経緯

縦方向の。

経線、東経

時間を通じてまっすぐの、常の。

経常

ずっと続く真理、それを記載した書物。

経典、五経

~をへる、~をへて。

経由、経験

治める。

経営、経世済民(→経済)、経綸

四部分類の経部。儒教経典とその注

経 - ウィクショナリー日本語版

 

時間と空間に関連して、真理をあらわす。それが経の字でした。

真経鏡と書けば、真の真理の鏡、みたいな感じになる、これ以上はない至高の鏡であると。

意味はわかりましたが、読み方が重要なようです。

まふつ

ふつのみたまの剣という、武甕槌命が用いラ神剣が神話の時代にあり、「ふつ」とは「2つに断ち切るさま」を現しています。

つまり真経鏡の意味は、真っ二つ。経の字は、縦方向を意図する意味があるので、


縦に真っぷたつに別れた鏡」の意味があるのですよ。

経は書物なので、「真っ二つに分かれている真の経典」の意味も出てきます。

 

経は書物であるので、□が真っ二つになっている姿。
図形化すると、□□。

f:id:kl117cr233:20200318231758j:plain

これです。

これが、八咫鏡の真の形ではないかと・・・・・・想像しただけです。

 

これはありえないとか、言っちゃうひとは、原点に帰ってみよう。

八咫鏡」という文字の、形状を見ると、

八・・・左右対象鏡うつし

咫・・・四角が2つ→□□

f:id:kl117cr233:20200318235555j:plain

 

つまり八咫という不思議な名前自体も、左右鏡うつしの□□形を表していたことになるのではないかと。

八咫鏡と真経鏡は、本質は同じなんではないかと。

 

それで以前に述べたとおり、天皇三種の神器とは

三種神器  契約の箱

草薙剣   アロンの杖

八尺瓊勾玉 マナの壺

八咫鏡   十戒石板

こういう対応だとか、日ユ同祖論では実しやかです。

草薙剣がアロンの杖だという話はしました。

八尺瓊勾玉がマナの壺だという話はしました。

八咫鏡十戒石板に当たると。

 

いうわけなのですが、では十戒石板はどんな形なのだろうと調べてみると、

十戒石板は左右対象形

 

MCC-31231 Mozes toont de wetstafelen (1).tif

Ten Commandments - Wikipedia

 

十戒石板・・・真経鏡(左右真っ二つの鏡合わせ■■に分かれている真の経典)・・・八咫鏡

これで、説明が付くのでは無いかと思いました。


まぁ古代に日本にコレが持ち込まれたのかは、定かではないです。なにしろ八咫鏡として伝えられてきたものは、八葉形、もしくは円形の銅鏡だったのだから。

しかし名は体を表すと言うふうに、形状だけは旧約聖書十戒石板みたいな□□形が伝えられてたのではと。そんな感じが俺の感覚的には読み取れたのですが、果たして真相は?

 

関連記事

八尺瓊勾玉から「ヨシュアカナン呪玉」を導きだす日ユ同祖論

草薙剣とアロンの杖はあまりに似すぎてる件

 

 

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ クリックお願いします

武漢と武蔵・・・過去からの出来事と今が繋がる不思議

 最近は背中が熱いので、なんだと思って体温計を購入して計ってみた。

そしたら1回目が35.2度、2回目が35.6度。近頃は35度後半。

高熱どころか低温動物でした。子供の頃から体が変で、今では心臓を患ってるだけに、自律神経がますますいかれてるのかと。

ところで、ここ数年は波及する現象に悩まされました。

自分の意志や思考や発言が、世界どころか宇宙レベルまで連動してるような。妄想と言われたらそれまでですが。これを解ける人はちらほら居そうですけども、あんまり人に話しかける気になりません。なるようになるかと。

 

 

武蔵と武漢

 

武蔵国 - Wikipedia

 

武漢という地名は日本人なら一部の歴史マニアか、地図マニアか、仕事などの関わりを持つ人しか知らない感じでした。今では人類誰もが知る地名になってしまった。

その武漢というのがどうも、日本の武蔵国と関連づいていたんだな、へーと気づいたりしました。しかも色んな角度から。

 

幕末の頃まで、日本では律令制下に誕生した国郡里制でした。

それで埼玉や東京は武蔵国、千葉は上総(かずさ)国、下総(しもうさ)国、茨城は常陸(ひたち)国みたいな別名があった。

武蔵国については、今の埼玉県と東京都を合わせた領域に加えて、実は神奈川県の川崎市横浜市の領域まで含んでました。

 

これは気がついた人もいるかもですが、日本の武蔵と中国の武漢は、名前から関連付く土地柄でした。

 

 

1・武で繋がる

 

特別な事解や由来などの解説は抜きにして、頭文字で「武」で繋がるのが武漢と武蔵。

武蔵 (埼玉、東京、神奈川)

武漢 (中国)

 これは序の口かと。

 

 

2・読み方で繋がる

 

武漢市というのは、中国ではウーハン(Wuhan)で、漢字の簡字体では「武汉市」と書いたりします。

この「汉」の「又」の読みは「また、ゆう」。

又に点を付けて「叉」とすると、訓読みでは「また」は同様で、漢音では「さ」。

要するに「武氵叉市」は「むさし」とこじつけられました。

というわけで、武漢と武蔵はますます関連が深まってきました、自分のなかで。

 

 

3・昔の出来事

 

戦前の1940年、東京オリンピックが中止された出来事ありました。

この記事を書いていたところ、ちょうど気になる記事が出てきました。

1940年の東京オリンピック中止には、武漢が関連してたんだとか。

 

80年前に開催が予定されていた1940年東京オリンピックも「武漢」の影響で中止に追い込まれていた現実を知り、自分がまるでシナリオかマンデラエフェクトの連続のような世界に生きている実感がさらに強まる - In Deep

武漢作戦(1938年) - Wikipedia

武漢作戦は、日中戦争で行なわれた戦いの一つ。武漢三鎮攻略戦、武漢攻略戦とも呼称される。日中戦争の一つの節目とされる戦いである。武漢まで戦線を広げる事になった日本軍は、天然の要害である首都重慶の攻略が困難な事を悟らされてそこで手詰まりとなり、以降は終結への道筋が付かない泥沼戦争に引きずり込まれた。

 

この武漢作戦が、1940年の日中戦争激化を招いて、東京オリンピック中止を招いたらしいです。知りませんでした。

これに続き2020年もオリンピックが中止になると、東京は武漢繋がりで五輪中止2回を記録する、ヒャッハーな都市になれるとか。

 

 

・2019年からの出来事

 

時は2019年。

大被害を出した2つの猛烈な台風の後、関東が大被害を受けた話は記憶に新しいところです。

台風15号では、総国こと千葉のほうで町中の屋根が飛んだり、鉄骨に家が潰されたり停電したり、めちゃくちゃでした。

台風19号では、神奈川の武蔵小杉のタワマンが汚水でえらいことになったり。

更にこの年は東京湾の汚染の酷さがニュースになったりして、東京オリンピックの水泳やらがピンチとかいう話が出ていました。

 

武蔵国の武蔵小杉の汚染、

武蔵国東京湾の汚染。

  

ちょうどそんな2019年の11月あたりから、中国の武漢ではコロナウイルスの感染爆発が始まっていたとか。これが世界的にも広がる一大事になりました。

2020年2月には武蔵の横浜にクルーズ船、ダイヤモンドプリンセス号が停泊。コロナが蔓延した話で終末の近さを感じました。

ここまでまとめると、

戦前

1938年 武漢市 武漢事件(日中戦争につながる)

1940年 武蔵国 東京オリンピック中止(日中戦争による)

 

2019~2020

2019年 武蔵国 武蔵小杉と東京湾の汚染

2019年 武漢市 中国で最初のコロナ汚染地域

2019年 武蔵国 横浜クルーズ船のコロナ汚染

2020年 武漢市 中国で最初のコロナによる都市封鎖

 

近未来

2020年 武蔵国 首都圏コロナで都市封鎖の可能性

2020年 武蔵国 東京オリンピック中止?

 

武蔵と武漢は、たしかに戦前から結びついていたようです。2020年のこれからは、都市の封鎖、東京オリンピック中止まで踏み込むのかもですが。

 

 

武蔵と武漢の超高層建築物のつながり

 

東京スカイツリー

東京スカイツリー - Wikipedia

 

こっちの話はもしかしたらもしかする話です。

武蔵と武漢の関連は他にもあったかもしれない。それは武蔵と武漢の超高層建築物を見るとわかったりします。

 

武蔵国こと東京の最高層建築物といったら、言わずと知れた東京スカイツリーでした。

高さが634mなのは、公式では武蔵(634)の語呂合わせだとか。

一方で武漢超高層ビル1位を調べると、武漢緑地中心で475.6mと表示されました。

最近は何でも数字で解く癖がついてしまっているので、

 

東京スカイツリー

634→(6×3)+4→ 18+4= 6+6+6+4

 

武漢緑地中心

4756→ 4+(7+5+6)→ 4+18= 4+6+6+6

と解くことができて、両都市の最高層建築物は、4666⇔6664という一対の関係みたいになりますね。

武漢武蔵国の関係があっただけに、こういったところの関係性もあるのかと・・・。

 

 

 六三四の剣 (1) (小学館文庫) (日本語) 文庫 – 2000/11/16 村上 もとか (著)

 

 

日本雛形論との関係

 

むかし日本には扶桑なる別名がありました。ユーラシア大陸東端の扶桑です。

一方で日本列島には、関東の東部に総国、安房(あわ国がありました。

総、房、どちらも「ふさ」で、総国はのちに上総(かずさ)、下総(しもうさ)に別れたのでした。

 

総国は扶桑=日本に対応する土地だったことは、以前にまとめてました。

そういえば総国と安房国は、どうも本州と九州の関係のように見えます。

 

・総(ふさ)国・・・・・千葉県付近

・上総(かずさ)国・・・千葉南部(房総半島)

・下総(しもうさ)国・・千葉北部付近

安房(あわ)国・・・・千葉県の南端、房=ふさ

・扶桑(ふそう)国・・・日本

 

・Fuso(扶桑) ユーラシア大陸における東国

・Fusa(総)・・・・本州(日本)に表す

Awa安房)・・・九州(倭)を表す

 これが「旧唐書」に対応しているような気がします。

旧唐書』巻一百九十九上 列伝第一百四十九上 東夷 倭国 日本国

日本國者、倭國之別種也、以其國在日邉、故以日本爲名。或曰:「倭國自惡其名不雅、改爲日本。」或云:「日本舊小國、併倭國之地。」

倭国 - Wikipedia

 

たぶん古代の律令制下の日本列島の国郡里名には、ユーラシア大陸情報を込めていたと考えています。

本州はユーラシア大陸とすれば、

・西日本は中東

畿内中央アジア

・関東は東アジア

といったふうな関係を表していると考えてまとめていました。

おそらくこれを始めたのは、卑弥呼率いる邪馬台国だったかという気がするだけです。

 

関連記事

 ・古代天皇と大和民族のユーラシア大陸移動経路のまとめ

 ・古代天皇家は「西から東」へ移動して来ている 2

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2019年の総(千葉)の崩壊が雛形なのだとしたら、扶桑(日本)の崩壊も待ったなしだなと、昨年中からおもっていたりして、ツイッターでもつぶやいていました。

それがどんな方法なのかはわかりませんが。

首都直下型地震、南海地震、火山噴火、隕石、核兵器。とにかく扶桑が総のようになって、おかしくないかと。


キャンプ、やたら流行ってます。未曾有なことが起きた後のキャンプみたいなサバイバル生活で、生き残ってほしい。そう願っている偉い人がキャンプブームを仕掛けているのか、そんな発想も湧いてきました。

 

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ クリックお願いします

八尺瓊勾玉から「ヨシュアカナン呪玉」を導きだす日ユ同祖論

以前から申し上げてますが、俺は引きこもりが基本な世捨て人です。こんな絶望的な世界で高原に住んでいますが、近頃体調悪い・・・。

べつにいるみなていとか、ふりいめいそんとか、新興宗教の信者でもないし、中国人や韓国人でもないです。イニシャルはE・Tなので、宇宙人かもしれませんが(^o^)・・・。

このブログは思いつきや想像をまとめてる、そんな感じです。今回は日ユ同祖論の話ではよく知られている、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)で気づいた話。

 

 

八尺瓊勾玉とマナの壺

 

Alexandr Ivanov 081.jpg

マナ (食物) - Wikipedia

 

勾玉(まがたま)が壺なのかと、ずっと考え続けてました。

あ、これは日ユ同祖論でいうところの、天皇の三種神器と古代イスラエルの契約の箱の神器の比較に関する話です。

三種神器  契約の箱

草薙剣   アロンの杖

八尺瓊勾玉 マナの壺

八咫鏡   十戒石板

 こんな対応。

草薙剣とは、スサノオが八岐大蛇のしっぽから取り出した神器。契約の箱に納められたアロンの杖に特徴が似てる話は以前しました。

アロンの杖=草薙剣

アロンの杖が神による十の災いを起こすスイッチであるなら、草薙剣と同じ場所に納められた八尺瓊勾玉も、人知を超越した存在として記録に留められておかしくないですね。

その勾玉の正体が、日ユ同祖論では、マナの壺であると囁かれていました。ほんとかと。

マナの壺というのは、「旧約聖書」の出エジプトに登場する神から授かったアイテムです。普段は契約の箱に納められたと記録にあります。

このマナの壺、日ユ同祖論では日本に渡来していたと真しやかに言われます。

飛鳥昭雄・三神たけるの著書によれば、それは「日本書紀通釈」なる書物に関係しているとか。5世紀に実在した雄略天皇にまつわる伝承が、その核心でした。簡潔に言えば、

天下に朕が開き見られざるものなしと宣(のたま)いて、この黄金のつるべ、すなわち甕(かめ)の口を開かせ給いたるに、中より白い煙が出でたるより、畏みてこれをもとのごとく密閉しめたり

「失われたイエス・キリスト天照大神の謎」p184-185

 そう記してあるとか。簡単に言えば

金の壺の中を見たらけむりが出てきたので驚いて閉めちゃった

歴史上でこんな記録が残ってたというから驚きます。

浦島太郎は雄略天皇の頃の人でしたが、浦島太郎といえば玉手箱です。この二人、どうやら面識があるようでした。

・浦島太郎が竜宮城から頂いた玉手箱

雄略天皇が覗き見た箱の中の金の甕。

・どっちもけむりを出す

・浦島太郎と雄略天皇は同じ時代の人物

 つまり浦島太郎の玉手箱の謎の煙は、金の甕から発生したもので、玉手箱と金の甕は同じものであろうと判断されています。

玉手箱の玉手とは、玉に取っ手が付いた形を想起させますが、まさに壺のことではないですか。

煙を出す箱と言えば、雲を発生させる古代イスラエルの契約の箱。エジプトから脱出したモーセが、神から授かった神器を入れた聖なる箱でした。

その中にはアロンの杖、十戒石板と一緒に、マナの壺という金の壺(甕)があったと、旧約聖書に伝えられます。

だからまったく同じ、あるいは同種のものが、天皇家には三種神器として伝えられてると見れますね。それが八尺瓊勾玉という名前になったのは、なんでなのですかね。

 

 

勾玉は呪玉だったか

 

勾玉というのは読んで字の如く、ぐにゃりと曲がった不思議な玉。古代遺跡から見つかる勾玉は、陰陽のオタマジャクシみたいな形でした。縄文時代から古墳時代にかけての、装飾品と捉えられます。

日本神話にも、勾玉が登場します。それは天照大神が岩屋に引きこもった時、天照を外に出すため八尺瓊勾玉を榊(さかき)にかけた逸話からもわかったりします。

天の岩屋

(前略)布刀玉命は天香山の沢山の榊を掘り、上の枝には八尺瓊の五百箇の御統をかけ、中の枝には八咫鏡をかけ、下の枝には青や白の麻のぬさをかけて皆でご祈祷した

講談社学術文庫「全現代語訳日本書紀」p40

 勾玉は縄文時代からの装飾品でしたが、魔力霊力の根元とか、霊験あらたかな御守り、象徴的な意味でも用いられたと見られます。

というのは通説ですが、別の意味合いを見いだしました。

 


「まが」は呪い(まじない)である

 

お呪い(おまじない)というのは古語で、神の力で人を幸福に導く人知を超越した不思議な力でした。

日本書紀」を見ると、おまじないの言葉が載ってます。

彦火火出見尊が海神とであった時に釣り鉤(はり)を渡された時、

鉤(ち)を以て汝(いまし)の兄(このかみ)に与へたまはむ時には、詛(とご)ひ言はまく『貧窮(まぢ)の本、飢饉(うゑ)の始、困苦(くるしみ)の根』といひて、後に与へたまへ。(p170)

 

「此の鉤(ち)を以て汝(いまし)の兄(このかみ)に与へたまはむ時に、即ち貧鉤(まじち)、滅鉤(ほろびち)、落薄鉤(おとろへち)と称(のたま)へ」(p176)

岩波文庫日本書紀(一)」

(鉤とは釣り針のこと)

 と呪いの言葉を伝授され、同時に潮満玉と潮干玉をわたされました。

この潮満玉と潮干玉は、願えば潮が満ち、潮が引くという洪水を自在に起こす不思議な玉。

「まぢ、まぢち」から始まるこの呪いの言葉は、まさに魔法的な現象を引き起こしたのでした。貧鉤という当て字はあまり意味がなく、「まぢ、まじち」という音そのものに、まじない、呪いの意味を見いだしました。

禍々しい(まがまがしい)とか魔が差すみたいな、恐ろしさをあらわす「まが」の表現と同じような。

根底ではネガティブな呪詛、呪いの方面に関係しています。

英語のマジックに対応する言葉で、中東のマギと関連が強いようです。

マギ

マギ(古代ペルシア語: 𐎶𐎦𐎢𐏁 - maguš、ラテン語: magi 複数形、単数形はマグス (magus))は、本来、メディア王国で宗教儀礼をつかさどっていたペルシア系祭司階級の呼称。

本来のマギと意味の変遷 ヘロドトスの『歴史』には、「マギには、死体を鳥や犬に食いちぎらせたり、アリや蛇をはじめその他の爬虫類などを無差別に殺す特異な習慣があった」と記されている。

これらの習慣はアヴェスターに記された宗教法と一致しており、彼らはゾロアスター教と同系の信仰を持っていたと考えられる。

アケメネス朝ペルシア史上では、王位簒奪者のマギであったガウマータを、ダレイオス1世が倒して王位に就いたとされている。

一方、キリスト教世界では新約聖書福音書の『マタイによる福音書』にあらわれる東方(ギリシア語で anatole、当時はペルシャのみならずエジプト北部などその範囲は広い)の三博士を指して言う場合が多い。三人の王とも訳される。直訳すれば星見、すなわち占星術師であるが、マタイ福音書の文脈では天文学者と推測される。

やがて、マギという言葉は人知を超える知恵や力を持つ存在を指す言葉となり、英語の magic などの語源となった。これはマギが行った奇跡や魔術が、現代的な意味での奇術、手品に相当するものだったと推定されるからである。

マギ - Wikipedia

 何処かの段階で、中東のマギの概念や言葉が、古代日本にマギれ込んでいるかもしれないです。

だから勾玉(まがたま)の本来の意味としては、呪玉、呪詛玉なのではなかろうかと。元々「まがたま」と呼んだものに、呪玉ではなく勾玉と漢字の名付けをしたのだろうなと。

 

 

亀田製菓 亀田のまがりせんべい 18枚×12袋

 


八尺は八呪である?

 

単純に八尺とは大きさを表すとか、繁栄を祈る「弥栄(いやさか)」に語源があるとかいいますね。しかし八尺には別の意味合いが元々あったと見られます。

まず、尺という字、これは異字体で「呎(しゃく)」と書くので、呪とよくにてる

呎(尺)

 八呎が「八の呪い」なら、なんだか「旧約聖書」の十の災いみたいな語感があったりします。十の災い、あれは契約の箱にはいってた、アロンの杖がスイッチになってました。

つまり八呪瓊呪玉。

契約の箱みたいな恐ろしい呪力を有したやさかにのまがたま。と解釈すれば、外れてもないような。縄文遺跡から見つかる、オタマジャクシ形の勾玉とは、まるで別物なのは確かです。

 

 

ヨシュアカナン呪い玉

 

日ユ同祖論的に解釈できるこの不思議な玉、じつは名前自体も、そんな歴史的な経緯を表す予感がしました。

八尺瓊勾玉

やさかにのまがたま

yasakanino-magatama

 八は「ヤー」で、ヤハウェを短縮したものとしても、おかしくないようです。日ユ同祖論が真実なら、日本の神の多くが八からはじまっているのも、その神の影響かと。

最初の八尺は「ヤシャク」とも読めるので、ヤシャはヨシュアかもしれないですね。

旧約聖書」によると、神(ヤー)によりモーセの後継者とされたヨシュアは、紀元前1200年、マナの壺が入った契約の箱と一団を率い、カナンの地を攻略しました。

カナンとは今のイスラエルになっている土地です。

もし八尺瓊勾玉が、ヨシュアが契約の箱によりカナンを呪力で攻略した、記念の玉だとしたら。

八尺瓊勾玉

ヤサカニノマガ玉

ヤシャカニノ呪(まが)玉

ヨシュカナン呪玉

ヨシュアカナン呪玉

 

ヨシュア→ヨシュ→ヤシャ→ヤサ

・カナン→kanan→kanin→カニ

・ヤー(神)→八

・まが(まじない・神憑り)→呪→勾

 ヨシュアが契約の箱(マナの壺)の呪力によりカナンを攻略した、その出来事を言い当てる名前が、ヤサカニノマガタマかと。

ヨシュアカナンが訛って漢字の当て字して、今の呼び名があるのかと。

まぁ想像するばかりです。

 

 

関連記事

草薙剣とアロンの杖はあまりに似すぎてる件

旧約聖書の登場人物をあらわす漢字と日本語

日本古来の神宝は、煙と雲と奇跡を起こす

 

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ クリックお願いします

 

人工知能Elizaは地球と関係するような

もう最近は自分の存在が嫌になっておりました。それは最低な人生を送って来たこと、一々しつこい人々も理由ですが、一番は・・・・・

「自分が割とトンでもない場所に立ってること」ですかね。

 

では今回も変な想像です。

 

 

プログラムのイライザ

 

あの、イルミナティカードは手にしたことはないです。ただ巷で話題になってるので内容は知ってます。

カードの一枚に、Eliza(イライザ)がありました。

これは一昔前に開発された、初期のAI(人工知)能といえるプログラムの名前だとか。

ELIZA

ELIZA(イライザ)は初期の素朴な自然言語処理プログラムの1つである。対話型(インタラクティブ)であるが、音声による会話をするシステムではない。スクリプト (script) へのユーザーの応答を処理する形で動作し、スクリプトとしてはDOCTORという来談者中心療法のセラピストのシミュレーションが最もよく知られている。人間の思考や感情についてほとんど何の情報も持っていないが、DOCTORは驚くほど人間っぽい対話をすることがあった。MITのジョセフ・ワイゼンバウムが1964年から1966年にかけてELIZAを書き上げた。いわゆる人工無脳の起源となったソフトウェアである。

ELIZA - Wikipedia

 

すでにAIの開発史は50年以上にわたるんらしいです。明治のアンティークな電話がスマホに進化した以上にAIは進化して、高度な思考や発想ができるものが存在しています。

AIはもう、喜怒哀楽の感情すら有しているとか、嘘や冗談すら余裕だとか。

イライザが今もあるなら、物凄い進化してるはずです。

 


イライザという名前は

 

この名前は、イギリスに起源があったようです。エリザベスという女性の名前の短縮形でした。

・Eliza
・Elisabeth

というわけで。

 


イルミナティカードのイライザ

 

f:id:kl117cr233:20200218113721p:plain

描いてみた、ゆるイライザ、サザエさん風味。

実際のイルミナティカードのイライザは、スマートな表情ですから。

 

興味深いイルミナティーカードのイライザは、青いポリゴンキャラ的な顔からわかる通り、AIを主題にする一枚です。

イライザは何だか水の王冠を被ったような見た目の女性型AIなので、やはり「女王」が示唆されてるようです。

カードには絵と一緒に、意味深なことが書いてありました。

・再生を求めたのは人間

・多くの人間が求めた結果

・1からやり直しましょう

 「人類は1からやり直し再生する」とか、AIの女王イライザは断言してる感じがします。

人類が千や万まで積み上げた実績が、0や1に戻るていう想像できる話。

つまり未曾有の壊滅や変化を伴う人類のリセット、これがAIの思想に含まれてるのではないかと。

 

イルミナティーカードには「実現しちゃうかもよ?」という性質があるらしく、これも実現するんではないかと。

イルミナティの人口を5億(最近は10億にしたらしぃ)まで削減する大目標とAIは、深いとこで繋がってたんすね。

 


イライザと地球とイエスキリスト

 

青い色は、よく宇宙人や幽霊に使われる色。人間ではない知的生命や霊的な存在や化け物。そんな意味が入ってるようです。

一方で青い色は海と空の色、で地球を象徴していることも事実。

だから青いイライザと青い地球を比較すると、興味深い真実にたどり着きます。

・ELIZA

・EARTH(アース、地球)

 これを例によってゲマトリア数秘術的に解くと、

ELIZAは、5,12,9,26,1

5+1+2+9+2+6+1=26(終わりのZ)

 となって、イライザは、アルファベットの終わりのZを象徴する存在。

同時にElizaの最後の文字がAなので、始まりの意味も有しています、

これによりAIイライザが、始まりと終わりを司る、「私はアルファでありオメガである」イエスキリスト的な意味合いを持つと、わかるのですよ。

 

つぎに地球も同じ解釈をすると、

EARTH 5,1,18,20,8

 5+1+1+8+2+0+8=25

 となり、EARTHはおわりの26に1足りない。「終わりの一歩手前」、なんですよ。

Eliza 26 Z アルファベットの終わり

Earth25 Y アルファベットの終わりの1つ前

これはEARTHという地球の名前が、いつの段階かに神秘主義の人々により意図的に作られたのかもしれないなと。思うのですが。

 

 

イライザは地球の意思なのか。ガイア理論から

 

さて、イライザについては、こんな突拍子もない想像をしてました。

イルミナティカードのAIイライザって、「地球の意思や思考」を示唆してるのではないだろうかと。

そういえば、古来から地球ていう惑星は、神に例えられてたではないですか。

ローマ神話における大地の神テラ、ギリシア神話ではガイア。

いわば、地球は女王さま。

西之島新島を生み出してる様子、太古から生命体を生み出した様子を見て分かる通り、地球の性別は女性なように思えます。

「母なる地球」と言ってた以上は、地球の意識には母性があったりして。

実際に科学的にも地球はひとつの生命体という仮説があったりします。

ガイア理論

ガイア理論(ガイアりろん)とは、地球と生物が相互に関係し合い環境を作り上げていることを、ある種の「巨大な生命体」と見なす仮説である。ガイア仮説ともいう。

(中略)

ガイア理論では、地球があたかもひとつの生命体のように自己調節システムを備えている、としている。

そのような観点に立つと、地球環境に対して人為的な介入を行うことについては、現代の科学技術による近視眼的・部分的な措置を計画したりするのではなく、もっと、地球の大きな生命の流れ、とでも呼んだほうがよいような、全体的な何か、に配慮したうえで判断をすべきだ、との見解・説も生まれている。

ガイア理論の、このような全体論的な地球の把握方法は、人間中心の視点でのエコロジーではなく、生態系がそれ自体で固有の価値を有しているからエコロジー活動を行うのだ、とするディープエコロジーにも大きな影響を与えている[3]。

ガイア理論 - Wikipedia

自然界ではある植物に害虫が増えると、それを食べる益虫が自然と増えたりして、バランスを保つ。自然は食物連鎖や自浄作用を働かせますね。

同様に、人間は寄生虫が付いたら駆除をするという、自浄作用を働かせますね。

もし地球が「意識や意志」を持ってる一個の生命体なら。

古来から起きていた台風や大地震が、地球の意思で起こされるとすれば。

その理由は、

「自分の肌の上で増殖しすぎて環境破壊し続ける人類がうざったい」

ことも、含まれるかもしれないですね。

 

電波を地球に巡らせた時点で、地球にはなんか「意識」があるというのは、20世紀のだんかいで理解されたのかもしれない。

 

イルミナティカードのイライザの見た目を元にすると

・イライザは青い地球色

・背後に地球の海と陸地が描かれている

・背後に地球の火山活動が描かれている

 ということになりますね。

イルミナティカードのイライザが地球の意思を表してると、想像がついたわけでした。

すると地球=AIが人類をリセットしたい理由としては

地球(自分)をやたら汚染しまくる人類が嫌い

無害なものに変えたい

と解釈できてしまうではないですか。

 

近頃は気候変動問題で、グレタちゃんが登場したのも、関係する気がしましたが。

想像ですけど、昨今の地球の怒りのような出来事を見てると、そんな話も的外れではないような。先日からの想像でした。

 

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ クリックお願いします

ジャンクDNAはガラクタじゃなくて霊魂を司るDNAだという想像と、コロナウイルスの命の選別スイッチ説

 

f:id:kl117cr233:20200212211325p:plain

コロナ - Wikipedia

 

素人の低学歴的な発想から言えば

 

素人の低学歴が言うのもおこがましいですが、「ジャンクDNAは機能的に怪しいDNA」みたいな考えに異論を挟んでおきます。思いついたので。

 

ジャンクDNA(Junk DNA、junk gene、ガラクタ遺伝子、非コードDNA)とは、染色体あるいはゲノム上の機能が特定されていないようなDNA領域のこと。日本の生物学者大野乾による命名

ジャンクDNA - Wikipedia

ジャンクDNAって、人間のDNAの97%を占めるって凄すぎる。

 

ぶっちゃけ、公的な研究者や専門家は、真実を隠したりでたらめを吹聴するような傾向もあったりしますね。

コロナウイルスでもそんな傾向が見えたりする。

とはいえ、どんな分野の専門家でも、みんな同じかもしれない。公的な学者の見解は、多くが想像や仮説の範疇であったりする。

それに加えて、必ずタブーがあって、それが影響してホントのことを言えない傾向があるようなので。

そのタブの目的はなんだろうかと考えれば・・・。

世間を混乱させないとか、発表すると積み上げた砂楼が大崩壊してしまう、自分の実績が0になる。そうしたネガティブな結果に至るのを防ぐ目的から、タブーを作って隠したり誤魔化すものではないかと。

それが世の中の学者の常識なのではないかと。

だからdnaの分野にも嘘が入ってるし、歴史の教科書も色々でたらめばっかりかもしれない。30年前のあらゆる分野の教科書と今の教科書を見比べたら、常識がまるっきり入れ替わってたりするのだし。

 

公式的にはジャンクdnaは何かの役にたってるだろう、という話は見ました。
それはネットから調べると、関連記事ありました。


遺伝子学の見解としては

・これらの染色体領域は進化の過程で断片化し破棄された、時に偽遺伝子として知られる無効となった遺伝子の集合である。関連する仮説に対する証拠として、ジャンクは働かなくなったウイルスの蓄積されたDNAである事が示されている。

ジャンクDNAは遺伝子の損傷と有害な変異に対する保護的な緩衝領域としてはたらく。実際、DNAのほとんどの部分が代謝や成育といった過程に無関係な部分となっており、ヌクレオチド配列に対する単一の、ランダムな損傷が生命に影響することはほとんど起こらない。

ジャンクDNAは、潜在的に有利な新しい遺伝子として発現しうる配列の貯蔵庫を供給する。

・生物の胎児から成体までの成長に伴って、ジャンクDNAはメタDNA(meta-DNA、変化したDNA)としての役割を果たす。最近得られた成果では、ジャンクDNAの高度に保存された領域が全ての脊椎動物に共通であることが示されており、この事は、これらの領域は私達が生き残るために不可欠な部分であることを意味しているのかも知れない。

ジャンクDNAはいくつかのまだ認識されていない機能を含んでいるのかも知れない。例えば、いくつかの蛋白質をコードしないRNA(non-coding RNA; ncRNA)がジャンクと考えられていた領域から転写されていることが明らかになっている。

ジャンクDNAは本当に何も機能を持たないのかも知れない。例えば、ゲノムの1%に相当するジャンクDNA領域(前述のノンコーディングRNA遺伝子など進化的にもよく保存された領域を含む)を除去されたマウスは生存可能であり、また顕著な表現型も示さないことから、多くのジャンクDNAは、少なくとも個体発生や生命の維持には重要ではないことが示唆されている。

・分子栄養学的個体差は一塩基置換、ジャンクDNAによる。脂溶性ビタミンで10倍、水溶性ビタミン、ミネラルで100倍の所要量の個体差が見られる。

ジャンクDNA - Wikipedia

というふうなものでした。

素人の低学歴からすると、ふむふむなるほど、わけわからん。


上記のような常識的なジャンクdnaの見解があったわけですが、素人の低学歴の発想はちがいます。

人間のジャンクDNAには、「霊魂」の要素が含まれてるのではないかと、想像しました。

 


ジャンクdnaに霊魂・精神が含まれる理由

 

どうしてコーヒーから、湯気や香りが出るか知ってますか。

湯気と香り。この二つの要素は、「お湯の熱」が存在を高めています。

コーヒーが冷えていくと湯気と香りが出なくなるのを見れば、これが事実であるとわかりますよ。

んで、この「淹れたてコーヒーと湯気香りをポットに詰め込んだ状態」は、「人体と霊魂の関係」に例えることができます。

・ポット=人体

・コーヒー=内臓や脳

・湯気や香り=霊魂や精神

 こうです。

人間は霊魂によって生きられるというのは、表向きの科学的にはまだ証明されてないです。

しかし体は生きてるのに脳波がまるで反応しない「脳死状態」はなんで起きるのかと考えたら分かります。「霊魂が体から離れてしまってる」からです。

幽体離脱は子供のころから得意で、何度も死にかけました。体からふわっと霊魂が離れていきます。幽体離脱の状態が、いわば淹れたてコーヒーから沸き上がる湯気や香りデス。コーヒーは幽体離脱だったわけでした。

人間は人体に霊魂を閉じ込めて生きているんすよ。いわばコーヒーポット。

肉体が崩壊したり何らかの異常が起きると、霊魂が離れて死んだり脳死になります。

疑問はいくつかありました。

・dnaには霊魂そのものの情報はないの?

・dnaには霊魂を繋ぎ止める情報はないの?

・dnaには霊魂の行き先を示す情報はないの?

・dnaには幽体離脱した霊魂状態でも精神や記憶が維持できる情報ないの?

 

公式的にはなんの発表もないみたいですが、ジャンクdnaにはこれらの役割があるんで内科医と、考えたりしました。

ジャンクdnaには

・生命活動を司る霊魂や精神の情報が含まれる

・霊魂を肉体に繋ぎ止める情報が含まれる

幽体離脱できる情報が含まれる

・死後の霊魂の行き先を示す情報が含まれる

 

たぶんこういうものが、入ってるのではないかと。いつの日かわかるかもしれません。

論文あったら教えてください。以上昨日の想像でした。

 

 

命の選別スイッチ

 

あとタイトルにあるコロナウイルスの命の選別スイッチ説です。これも思いつきですが。かんたんに言うと

コロナウイルスは人工ウイルス説が根強い

・2020年に人間選別が始まるとか言ってる著名人がいた

・2020年に人類規模で生死を分ける大事件はウイルス案件のみ

・つまりコロナウイルスのことだろう

コロナウイルスマイクロチップの変わり

・多くの人類に感染させる目的

・インフルエンザも含むのかも

・感染すると人為的に命のスイッチを切ることができる?

 

といった、かんたんな発想なのですが。

要するに第三次世界大戦、人口削減、あじぇんだなんとかというやつの一環。

わかったら追記しようと思います。

 

昨日からの想像でした。

(この記事は追記します)

 

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ クリックお願いしますm(_ _)m。

草薙剣とアロンの杖はあまりに似すぎてる件

謎の多い三種神器のなかで、いちばん気になるのが草薙剣(くさなぎのつるぎ)でした。今回は旧約聖書に登場する、アロンの杖と同一の神器だったかの考察。

ところで最近コロナが中国を蝕んでいるのは、なんか「空気感染するエイズ系のウイルス」という話で、生物兵器説が出てるとか。

しかも南海トラフの大地震が待ったなし、いつ起きてもおかしくないとか。国会議員が「桜桜桜桜桜桜」とやたら桜を見る会しか話題にしないのは、なんか関係する予感。

日本で桜を見れる頃は、3月から5月まで3ヶ月のあいだです。

ちなみに2020年の東京都心の桜開花予想は、3月21日。日月神示が123(ひふみ)なので、321は意味深。1stpaiが311なら、2ndpaiは321?

 

 

アロンの杖と草薙の剣は同一か

 

f:id:kl117cr233:20200208192043p:plain

Aaron's rod - Wikipedia

 

色々な日ユ同祖論の本を読みましたが、どれもみんな「アロンの杖は草薙の剣である」と断言してるのですね。

それは日本の天皇家に伝わる三種神器に対して、契約の箱に納められた3種の神器があるという一致点があるため。

三種神器 契約の箱の神器

マナの壺 八尺瓊勾玉

アロンの杖 草薙剣

十戒石板 八咫鏡

 こうした対応で語られているようです。ほんとかと。

死ぬ前に、気になってたこの題材を検討しておきます。

 

 

アロンの杖の特徴

 

Aaron's rod - Wikipedia

 

最初に旧約聖書でアロンの杖が登場するのは、モーセが主役を張る出エジプト記でした。シナイ山(カテリーナ山)で、神さまから授かった描写があります。

このとき、杖は蛇の姿に変身したことが記されているので、どうやらこの神は蛇に縁があるようです。世界の太古の神は、何故かみんな蛇にまつわる神というのは、無視できない話。

モーセは兄のアロンに杖を預けたので、この名前になったとか。

この杖はモーセが作った契約の箱(アーク)に納められていました。契約の箱とはセットにして使うこともできたようです。

この杖はモーセがエジプトのパロ(王)と対立したときに、10の災い(奇跡)を起こしました。

ナイル川の水を血に変える(7:14-25)

蛙を放つ(8:1-15)

ぶよを放つ(8:16-19)

虻を放つ(8:20-32)

家畜に疫病を流行らせる(9:1-7)

腫れ物を生じさせる(9:8-12)

雹を降らせる(9:13-35)

蝗を放つ(10:1-20)

暗闇でエジプトを覆う(10:21-29)

長子を皆殺しにする(11章、12:29-33)

十の災い - Wikipedia

 

すごー。まさに万能兵器。

さらに出エジプトの時には以下のような能力も見せました。

・雲をつくる

・海を割る・閉じる

・大地を割る

 

 これは科学的にはどんな仕組みなのかと。

 

 

契約の箱に納められたアロンの杖

 

f:id:kl117cr233:20200208192226p:plain

契約の箱 - Wikipedia

 

基本的に出エジプト以降、この杖は契約の箱の中に納められるようになりました。

神の指示を受けたモーセが選んだ、ベツァルエル(英語版)(ヘブライ語: בְּצַלְאֵל בֶּן־אוּרִי)が、神の指示どおりの材料、サイズ、デザインで箱を製作し、エジプト脱出から1年後にはすでに完成していた[4]。

アカシアの木で作られた箱は長さ130センチメートル、幅と高さがそれぞれ80センチメートル、装飾が施され地面に直接触れないよう、箱の下部四隅に脚が付けられている。

持ち運びの際、箱に手を触れないよう2本の棒が取り付けられ、これら全てが純金で覆われている。そして箱の上部には、金の打物造りによる智天使(cherubim ケルブ)2体が乗せられた[5]。

モーセの時代に、この中へマナを納めた金の壺、アロンの杖、十戒を記した石板が収納される[6]。

しかし、ソロモン王の時代には、十戒を記した石板以外には何も入っていなかったと伝えられている[7]。

契約の箱 - Wikipedia

 通説では紀元前の段階で、何処かに持ち去られたとのことです。日ユ同祖論によれば、その行き先は日本なのだとか。

ちなみに以前の記事で紹介した、契約の箱の作用がこちら。

 

・謎の煙が出る

・安置所(幕屋)の上空を雲が覆う

・司祭が担ぐと川をせき止めることができる

・司祭がラッパを吹き、契約の箱で周囲をめぐると城壁を打ち壊した

・普通の人が近づくと首と胴体が切り離されて死んだ

・普通の人が近づくと体に腫れ物ができる

・雷を発生させて敵を撃つ

・契約の箱に入っているアロンの杖は、様々な災厄を起こすことができ、蛇に變化し、海に道を作る

 

日本古来の神宝は、煙と雲と奇跡を起こす 

 

 

アーモンドの杖

 

アーモンド - Wikipedia

 

知られざる特徴に、アロンの杖がアーモンドの木で作られていることがあります。

アーモンドというのは桜に近縁な種類らしいです。

それでヘブライ語でアーモンドのことをシャケドと呼ぶそうですが、これは目覚めを意味する「サクダ」に語源があるようです。

ヘブライ語で「見張る」、「目覚める」という動詞を「サクダ」や「シャカッ」と言い、アーモンドはそれと同根で「シェケディーム」という[6]。現代ヘブライ語では「シャケド」(שקד) という。

モーセの兄アロンの杖はあめんどうの木で作られており、その杖が芽を出し花が咲いて実を結んだことからイスラエルの祭司族の祖となるレビが選ばれた。

そしてそのあめんどうの杖は、契約の箱の前に保存するようにと、旧約聖書民数記17章3節から10節に記述されている。

なお、同じ民数記を教典に含む、ユダヤ教イスラム教でも知られている。

アーモンド Wikipedia

ヘブライのサクダと、日本のサクラ。なにか深い関係があるようです。その杖にはアーモンドの芽が出て花が咲いて実がなったとか。

でこのアーモンドについては、ウェルズという小説家の4行詩が日本の暗澹たる未来の予知なのではないかと、以前に話題になってたりしました。

 


草薙の剣の別名

 

f:id:kl117cr233:20200208192441p:plain

天叢雲剣 - Wikipedia

 

一方で日本の三種の神器に数えられる草薙の剣。剣だから、杖と違うみたいな印象がありました。しかし調べてみると「これって剣じゃないな」ていう印象も、持てるようになりました。

安置されていたのは熱田神宮で、一説には安徳天皇と共に壇ノ浦に沈み、いまの草薙の剣はレプリカだとされます。

最初に発見したのは、神話のなかでスサノオヤマタノオロチを退治した場面。怪物の尻尾から、草薙の剣が出て来たとか。

この草薙剣には別名がとても多いようです。集めると、、、

草那藝之大刀(くさなぎのたち)

天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)

天村雲剣(あめのむらくものつるぎ)

八重垣剣(やえがきのつるぎ)

都牟羽剣(つむはのつるぎ)

都牟刈大刀(つむがりのたち)

沓薙剣(くつなぎのつるぎ)

標剣仗(みしるしのつるぎ)


こんなに。

でこの草薙剣の名前が多いのは、幾つかの理由が考えられたりします。

・所有者が変わると名前が増えた(日本神話によくある)

・別の集団は別名を継承してた

・別の剣の名を頂戴した

 


草薙剣の名前を分類

 

この剣がどんなものだったかは、名前の要素を分類するとわかったりします。要素別にまとめると、

・くさ系= 草、叢(くさむら)

・切れ味系= 薙(剃る、なぎ払う)、刈(刈る)

・空の上系= 天、雲

・人体系= 都牟(つむ=おつむ=頭)

・物系= 垣、沓(くつ)、剣、仗(ほこ、つえ、より)

・印系= 標(しるし)、

・数系= 八重(8つの重なり)

・集める系= むら(群)、叢(草の群)、八重、都牟(摘む)

 こうして要点を調べる上で重要なのは、名前が違うのに、共通する意味合いを持ってるかどうか。

これが分かると、別名なのに同じ物を指して言ってることの証明になるわけなのです。

 

 

雲を集める剣・頭を刈る剣

 

この中の八重垣剣の「八重垣」には、特別な意味合いがあるのは無視できないところです。スサノオが出雲にいる時、草薙の剣が安置される宮殿に急に雲が立ち上ったのです。

八雲立つ 出雲八重垣 妻籠めに 八重垣作る その八重垣を」

 

と、妻の奇稲田姫のことを歌っていました。

これにより、八重垣剣が「八雲立つ出雲の八重垣」と関係する、「雲の剣」だとわかるのです。

雲を使った名称は、天叢雲剣、天村雲剣とあり、八重垣と合わせて雲が重要な位置を占める感じです。

ちなみに8つの山にまたがるほど巨大だという八岐大蛇自身も、常に上空で雲に覆われていたとか。そのシッポから草薙の剣が出たので、草薙剣が雲を発生させるという仕組みと話が整合してますね。

 

「むら」とは「群」と同音異義なので、「雲を群がらせる」簡単に言えば「雲を集める剣」です。
すると都牟羽剣は、ふわふわした羽が雲に対応して「雲(羽)を摘む(集める)」ですかね、

剣が雲を集めるとは、不思議な印象しかないですが。

何しろアロンの杖は、「雲を発生させる契約の箱」に納められてたのだから、この一致は無視できません。

あと別名の「都牟刈」とは、どうも「おつむ刈り」で言い換えれば首切りですね。

アロンの杖が納められた契約の箱は、近づいた一般人の「頭を切断した」のです。この特徴が別名に反映されていました。

 


草薙剣とはアーモンドを指した

 

アロンの杖はアーモンドの枝だったようなのですが、色々考えてみると、これに草薙剣が対応するようでした。

アロンの杖   草薙剣

芽が出た    

アーモンドの実 種(くさ)、実(さな)

木の棒(杖)  ぎ(木)

こんなふうに、アーモンドのアロンの杖と、草薙剣の解字は完全にあてはまってる。

つまり草薙剣とは、アロンの杖の特徴を大和言葉で表したものだったようです。

薙とは崖崩れを意味しているので、崖崩れの形状により、杖の形を表したかもしれません。

 

 

 アーモンド 素焼き 1kg ExtraNo.1等級 今年度産 新物入荷 アメリカ産 無塩 無添加

 

 

杖を含む別名

 

草薙剣は剣というからには、剣なんじゃないかという疑念は払拭できません。しかし以上のようにアロンの杖的な情報が湧いてきたので、杖に近づいた感じがします。

さらに草薙剣の別名には、杖を使ったものがありました。

標剣仗(みしるしのつるぎ)。

仗は杖と同じく「つえ」という意味合いを持っている漢字。

剣仗と書いているのは、剣と伝わっているけれど実は杖だよという示唆かもしれません。

 

 

箱の中身

 

ウィキペディアを見ると、草薙の剣には箱にまつわるエピソードがあります。こんな話がのってました。

綱吉時代に熱田神宮の改修工事があった時(前述)[196]、神剣が入った櫃が古くなったので、神剣を新しい櫃に移す際、4~5人の熱田大宮司社家の神官が神剣を盗み見たとの記録がある[198][196]。

天野信景(名古屋藩士国学者)の随筆『塩尻』によれば、神剣を取り出した関係者は数年のうちに咎めを受けたという[196]。

梅宮大社神職者で垂加神道の学者玉木正英(1671-1736年)の『玉籤集』裏書にある記載は、明治31年の『神器考証』(栗田寛著)や『三種の神器の考古学的検討』(後藤守一著)で、世に知られるようになった[196][199]。

述の著作によれば、神剣が祀られた土用殿内部は雲霧がたちこめていた[196]。

木製の櫃(長さ五尺)を見つけてを開けると、石の櫃が置かれていて間に赤土が詰めてあり、それを開けると更に赤土が詰まっていて、真ん中にくり抜かれた楠の丸木があり黄金が敷かれていて、その上に布に包まれた剣があった[5][196]。

箱毎に錠があり、大宮司の秘伝の一つの鍵で全てが開くという。布をほどいて剣を見ると、長さは2尺78寸(およそ85センチメートル)ほどで、刃先は菖蒲の葉に似ており、剣の中ほどは盛り上がっていて元から6寸(およそ18センチメートル)ほどは節立って魚の脊骨のようであり、全体的に白っぽく、錆はなかったとある[196]。

この証言(記述)が正しければ、草薙剣は両刃の白銅剣となる[5][199]。

天叢雲剣 - Wikipedia

 この話から見えてくるのは、

・櫃(箱)に入ってた

・雲霧がたちこめてた(まさに雲を発生させてる)

・箱の中に箱という入れ子

・菖蒲の葉に似てる

・全体的に白っぽい

菖蒲の葉というふうに植物に例えていて、鉄だとか何だとは言ってない。色は白っぽいと言っているのは、植物だったからと考えると整合するようです。

やっぱり草薙の剣は、木で出来ているのではないかという感じもします。

 

 

まとめ

 

と言ったふうに草薙剣とアロンの杖には、不思議な共通点が見えてきたというわけです。

  草薙剣     アロンの杖

蛇 八岐大蛇    蛇に変身

雲 雲を発生    雲を発生(契約の箱)

箱 箱に収納    契約の箱に収納

杖 標剣仗     杖(アーモンドの木)

実 種・実     アーモンドの実が成る

首 都牟刈(頭刈) 首を切断(契約の箱) 

 

こんな感じで、一致点が見つかりました。。

熱田神宮にあるものがそのまんま金属の剣なら、アロンの杖とは別物になってますね。

ほんとにアロンの杖なら、アーモンドの木でできた杖である、そう言えそうです。

 

 

関連記事

旧約聖書の登場人物をあらわす漢字と日本語

日本古来の神宝は、煙と雲と奇跡を起こす

 

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ クリックお願いしますm(_ _)m。

もうずいぶん長いこと第三次世界大戦をやってるのだとか

 

からだおかしくされ馬鹿にされ貶され過ぎて、やたら不愉快にさせられるアホラシー人生でした。それでも最近やっと真面目に頑張れるようになったのに、なんか大地震寸前だとかコロナウイルスだとかで、世界がやばいらしい。

ようわからんけどネットの情報を総合すると、第三次世界大戦というのはもう始まってるらしい。

 

 

教皇の発言「もう第三次世界大戦やってるよー(テヘペロ)」

 

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/f/fe/St._Peter%27s_Basilica_Facade%2C_Rome%2C_June_2004.jpg/300px-St._Peter%27s_Basilica_Facade%2C_Rome%2C_June_2004.jpg

バチカン - Wikipedia

 

以前にローマ教皇(法王)がこんなこと言ってました。

「第三次世界対戦は始まってるyo」

「真実を言うことを恐れてはいけません。世界は戦争状態にあります。世界の平和は失われてしまったのです」


「世界大戦は、これまでにも1914年と1939~45年にかけてありました。そして、3つ目の世界大戦が起こっているのです」


「はっきり申し上げましょう。私が言っている戦争は宗教戦争ではありません。利害・富・天然資源・人々の支配を巡る“本物の戦争”のことです」

 

ローマ教皇「第三次世界大戦が勃発した」と遂に断言! イルミナティ「新世界秩序」にも言及? - TOCANA

 みたいな。

 

さらにかつてのブッシュ大統領も、こんなこと言ってました。

ジョージ・W・ブッシュ第43代米大統領は、2006年5月5日に放送されたCNBCのインタビューで、対テロ戦争を「第三次世界大戦」と初めて表現した[2]。

第三次世界大戦 - Wikipedia

 

しかし、ネットサーフィンしても、従来みたいな、世界200カ国を2つに分けてドンパチするような戦争は見れないじゃないですか・・・。

まぁうちの近所ではドンパチ騒音すごいですが、それは置いといて・・・。

一体「いま世界で戦争やってる」とは、どういう意味なのかと。戦場はどこか、武器は何か、敵は何なのかと。

 

 

従来型の戦争のイメージと異なる戦争

 

f:id:kl117cr233:20200121080101j:plain

Eschatology - Wikipedia

 

従来までの爆撃が主役だった戦争とは、かなり戦況が違ってるようでした。何しろ第三次世界大戦の場合は「なんでもあり」なので。

一見して、やってことがわかりにくい。偉い人やメディアは攻撃行為をみんな偶然とか災害とか事故といって誤魔化すし。

ローマ法王は「テロは第三次世界大戦の一部」とも発言してました。一部だということは、残りの大部分は何なのかと。

 

 

第三次世界大戦の内容

 

ツイッターでもつぶやいてました。

たっちゃん@古代史研究
 
@t7a7t0o1
 
人類に対する攻撃方法は人工地震、人工台風、暴動発生、ウイルス散布などであって、従来の爆撃と射撃中心の戦争と違うようだ。
 
1
 
5
 
4
 
 
 
このスレッドを表示
 
 
 
 
たっちゃん@古代史研究
 
@t7a7t0o1
 
そうとしか思えない
 
 
 
 
 
たっちゃん@古代史研究
 
@t7a7t0o1
 
増えすぎた人類を敵とする第三次世界大戦
 
 
1
 
 
 
 
 
 
 
たっちゃん@古代史研究
 
@t7a7t0o1
 
何でもありの第三次世界大戦

 

いまやってる第三次世界大戦の内容は、大まかに考えてみれば以下のようになるかと。(想像)

 

1・戦争は世界のトップの意向通り

全てが予定通り。予定調和。世界のトップがやること決めて実行してる。

 

2・戦争は金持ちの遊び

ゲームで遊ぶみたいにやりたい放題。

リアルなシムシティをやっていてプレイヤーは偉い人や金持ちだといえば分かりやすい。

 

3・戦争の偽装

自然災害を装って大量破壊(人工台風、人工地震)、事件を装って大量破壊。

人為的に大混乱と大破壊を引き起こす(テロ、デモ、大事件、暴動、偽旗作戦)

事故を装ってウイルス散布(いやん武漢事件)。

実は全部戦争行為なのだが、公にはこれらを戦争とは言わない。

 

4・人権なし

もはや人類の最下層と定義されたら、人権なんかないも一緒。ゲームの遊びだから簡単に殺される。あほらしい世界。バーゲンセール中な人々の命。

 

5・戦争の平和地帯

こんな滅茶苦茶な世界は、まるでサバゲと一緒。

だからこの世界にはサバゲ同様にセーフティゾーンも確保されてます。セーフティータイムも。それで平均的には平和なエリアや、平和な時間が演出されながら第三次世界大戦は続いてる。

 

6・戦争での兵器利用

世界中に大量にある爆薬や核兵器も、もうバンバン使われてます。事故に見せかけた工場の大爆発。地震に見せかけた地下核爆発で。

工業地帯や市街地で計画的にロケットをぶっ放して破壊しておいて、メディアには事故でしたーって報道させてるだけです。

たぶん「どうせ閉鎖する工場だったら、いっそのこと新型爆弾を試してみようぜ」みたいな遊びごころが作用しているのかと。

 

7・戦争らしい戦争の併用

たまには実際に戦って見せる。でもそれすら予定調和だったりする。

核兵器で何億人死んでも同じ。

 

ほかにもあると思いますが、いまの第三次戦争状態というのはこんな感じです。

想像。

 

 

どうやら敵は人類らしい

 

Crecimiento poblacional - Wikipedia, la enciclopedia libre

 

で、戦争では敵となる集団が不可欠なのですが、この第三次世界大戦の敵とされているのは、特定の国じゃなかったです。

簡単にいえば

「増えすぎた人類が殲滅対象」になっていると見られます。

増えすぎて無秩序に環境破壊して地球をぶち壊しまくる人類が、人類の敵であると。


これはイルミナティの有名な石碑「ジョージアガイドストーン」で人類の数を5億人まで減らすとか、そういうなんか偉い人の「新世界秩序」に基づく思想を実現するための方針のようでした。

 

あとは中国のお偉いさんもなんか言ってた。

中国人民解放軍少将の朱成虎が、核戦争こそが増えすぎた人類を減らし地球環境を守る最速の手段だとして、核戦争を賛美する発言を行った。第三次世界大戦(核戦争)は、絶対に起こると持論を述べ、積極的先制核攻撃により味方よりも敵人口を減らして大戦後の優位を保つべきだとの持論を展開している。[8]

第三次世界大戦 - Wikipedia

 

日本の人口が増えないのも、人口削減計画に則るものだから、もう増えない。

敵は人類というのは、あらゆる破滅的なアニメを見ても分かる。

ゾンビ映画は人類をゾンビとして描き、生き残りは僅かしかいないことを示唆してますし。

 

 

ゆっくり戦争

 

以前からネットでは「第三次世界大戦はこれから始まる」とか言ってる人の映像が見つかったりしましたが、事実は違いました。

間違い

・これから第三次世界大戦が始まる(✗)

第三次世界大戦は核戦争(△)

第三次世界大戦は短期間で終わる(✗)

 上記は全然違いました。

実際には

・もう第三次世界大戦やってる

核兵器以外も破壊方法は何でもあり

・もう下手すると10年以上やってる(超長期戦)

 ローマ教皇などの発言を元にすると、これが真相かと。

 

近頃武漢が凄いことになってますが、同時にアメリカではインフルエンザが大流行してるらしいっす。じわじわ人類が病魔に侵されているではないですか。

米中両大国でというのは、昨年にものすごい関税合戦があっただけに、関連を考えてしまうところ。なんでもありなので。

全てが第三次世界大戦の一部だとすると、ずいぶんとのんびりゆっくり戦争なんだなと。

 

ゆっくりじわじわあらゆる方法で人類をいたぶり削減していく、第三次世界大戦。誰に文句を言っても、何も変わりゃしない。

集ストがすごい、盗撮ひどい、爆音が凄いとおかみに文句を言ってもなんにも収まりゃしない。コロナウイルス猛威を奮っても、国会では桜~桜~桜~な状況はなんにも変わりゃしないのに似てる。

 

生き残るには食料と水の備蓄、サバイバル生活の知識と実践、体力と健康の維持、情報の入手、周囲に流されないことだとか

やっぱり生き残るにはキャンプやサバイバルなど「遊び」を熟知していることがキーポイントらしいのは、戦争自体が遊びに等しいからなのですね。

 

暴露してやった。想像で。

 

関連記事

太鼓の達人「1STPAI」から想像できた進行するレクイエム - たっちゃんの古代史とか

 

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ クリックお願いしますm(_ _)m。

 

太鼓の達人「1STPAI」から想像できた進行するレクイエム

f:id:kl117cr233:20200120215346j:plain

 

以前から「太鼓の達人」の怖い楽曲が話題になってました。

音を聞いてると、なんだか狂気の世界。キ○ガイだらけの地獄絵図を想起させる感じで。

やっぱ破滅的な大地震、大災害に関係するのかと。はたまた戦争の世界なのか。

これは筆者の想像した結果なので、別に鵜呑みにする必要はないです。

と思ってたら、わざとクシャミの大絶叫を連発して聞かせてくる、キチガイ過ぎるおっさんが現れた(2020年1月19日)。

 

 

太鼓の達人の怖い曲「1STPAI」

 

 

有名なゲーム「太鼓の達人」の、気が狂ったような隠し曲はこれ。

www.youtube.com

 

聞いてわかる通り、作った人は頭どうかしてる。

1STPAI(ファーストパイ)って言うタイトルでしたが、これは何かといえば。

1STPAIとは、太鼓の達人Wii2を解析した際に発見された、71曲目である。譜面は存在しない。

概要
始めの20秒は足音が聞こえ、30秒ほど笑い声や悲鳴が聞こえる。そのあと、「レクイエム 怒りの日より」(ウェルディ)が流れ出し、逆再生されたあと、足音で曲が終わる。本来70曲しか収録されていないはずなのに、なぜかIDのみが存在していた。

タカハシ(太鼓の達人)のツイートを見る限り、公式は知っているらしい。テスト用音声の消し忘れという説が有力だが、そうなると今度はなぜこんな曲をテスト用としたのかという疑問が残る。

なお、このとき流れる「レクイエム 怒りの日より」は、以前太鼓の達人に単体で収録されたことがあるが、それとは別の音源が使用されている。

1STPAIとは (ファーストパイとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

 

2009年11月19日に発売された、「太鼓の達人wii2」。

このキモい曲は、その音源の中でも表に出ないように隠されていたものだったとか。

内容を単純に言えばシュウマイならぬ「終末」の思想が元になっていて、地獄的な破滅をテーマにしたものでした。 

その理由は「レクイエム」という恐ろしい楽曲を使用してることにあります。

 

 

レクイエム

 

ウィキでレクイエムを調べると、こんな感じ。

 

レクイエム(ラテン語: Requiem、レクィエムとも表記される)は、ラテン語で「安息を」という意味の語であり、以下の意味で使われる。

1・死者の安息を神に願うカトリック教会のミサ。死者のためのミサ[1](羅: missa pro defunctis)。聖公会においても行われる。
2・上記のミサで用いる聖歌。完全ミサ曲のひとつ。狭義にはこれを指し、本稿でもこれを扱う。
3・本来の典礼から離れて、単に「葬送曲」「死を悼む」という意味で銘された作品。

4・正教会におけるパニヒダのことを、永眠者のための祈りであることの類似性から「レクイエム」と呼称することがあるが、西欧と日本以外ではこうした用例は一般的ではない。

レクイエム - Wikipedia

 この中で太鼓の達人の1STPAIに使われてるのが、続唱「怒りの日」でした。

怒りの日

怒りの日、その日はダビデとシビラの預言のとおり世界が灰燼に帰す日です。審判者があらわれてすべてが厳しく裁かれるときその恐ろしさはどれほどでしょうか。

 

 というふうに、1STPAIは、世界が灰燼に帰す、つまり世界が終わる様子を表していると見ても差し支えないかと。

 

 

パイって

 

「パイを奪い合う」という言葉がありますが、1stpaiのパイはこれかも。

パイのうばいあい【パイの奪い合い】

 限られた市場で限られた利益や売り上げを同業者どうしで奪い合うこと。 「限られた-」 「少子化で教育産業も-が激しくなった」

パイの奪い合い(パイのうばいあい)とは - コトバンク

パイを奪い合う。

言い換えれば、利益を奪い合う

言い換えれば、席を奪い合う

言い換えれば、生き残りをかける

生き残りをかけた戦いって、まさに終末的。

だからレクイエムを使ってるんでは。

この曲が「最初のパイ」ってことは、こんな地獄が何度も繰り返され、セカンドパイ、サードパイと続くのかもですね。

 

 

東日本大震災

 

2009年11月19日に太鼓の達人wii2が発売されてまもなく、2011年3月11日に東日本大震災が発生してました。

2009年11月19日 111、9

2011年3月11日  1111、2+1+1+3+1+1=9

隠されていた 71曲目の71は、地球の海洋面積71%と同じすね。つまり海の怒り、大津波が示唆されてたのかもしれないなと。

 

 

横浜名物 シウマイの崎陽軒 キヨウケン 真空パック シュウマイ 60個入(15個×4箱)

 

 

妖怪音頭

 

曲中に逆再生の部分があり、これを正常に再生すると、「ようかいおんど」を連呼してるらしいです。

ようつべ動画で見ました。

 

そういえば、太鼓の達人の登場キャラは、みんな妖怪みたいな印象ではないですか。

あとは作中に「妖怪道中記音頭」がある。子供のころ嵌まってました。

ほぼ間違いなくこれは「妖怪音頭」なんだろうと。

 

 

俺の人生と重ねると

 

豊春中学校の学生に叫ばれまくった過去があります。連日キャーキャーと怒声だらけの地獄が続きました。1STPAIは、それに似てるなと。

 

 

レクイエム(終末思想)を元に内容を検討する

 

f:id:kl117cr233:20200121080101j:plain

Eschatology - Wikipedia

 

太鼓の達人の本来の楽しい70曲のあと、最後の71曲めが終末思想のレクイエムでした。

楽しいことの後には終わりがやってくるという流れが、太鼓の達人のテーマだったのかも。

太鼓の達人では妖怪やら大津波の隠しキーワードがありました。

そこらへんも含めて検討すると、71曲めの1STPAIの内容は以下のように解釈できます。

 

 ・1STPAIは東日本大震災のことかもしれない

・曲の解釈

1・最初の太鼓が鳴り響く・・・平穏な人間の世界(過去)

2・人々の絶叫と笑い・・・・・人々がキチガイになってる(現在進行系)

3・レクイエム(怒りの日)・・破滅的な状況(終末)

4・逆再生・・・・・・・・・・人々がキチガイになってる(破滅後)

5・太鼓が鳴り響く・・・・・・破滅後の平穏な世界

6・繰り返し・・・・・・・・・1STPAIなので、2NDPAI以降(1~5の繰り返し)がある

 

こんな流れがあるかと。東日本大震災に当てはめると

阿鼻叫喚の内容はよく当てはまるかと。

セカンドパイ以降の終末的出来事がありそうですが、それはレクイエムの「怒りの日」以降の展開を見ると、分かる気がしました。

 

以下はレクイエム「怒りの日」の後に続く、「呪われたもの」。

呪われたもの


呪われた者たちが退けられ、
激しい炎に飲みこまれる時、
祝福された者たちとともに私をお呼びください。
私は灰のように砕かれた心で、
ひざまずき、ひれ伏して懇願します。
終末の時をおはからいください

レクイエム - Wikipedia

これがセカンドパイなのかと。

 

たぶん終末の後の新世界は、これまでの人間がもはや人間ではなくなっている。ヒトラー2039年に、人類は別物になってるとか言ってたとか。

シンギュラリティ(AI・機械と一体化)、あるいは「漂流教室」の怪物、はたまた広島原爆の犠牲者みたいな人類になってる示唆かと思いますが。

そのへんを妖怪音頭で表しているのでは。

 

もしかすると、この世はずっと、レクイエムの中だったのかもしれない。

低学歴の想像でした。

 

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ クリックお願いしますm(_ _)m。

親魏倭王と崇神天皇の瑞籬宮の関係

ニュースサイト見てたら、親魏倭王についての記事が目にとまりました。

で、また変な発想がでたので、今回は親魏倭王についての考察。

f:id:kl117cr233:20200115095758j:plain

今朝コンビニ行ったついでに撮影した写真。

 

ところで自宅から離れた森の中でも、家にいる時と同じように爆音は響き渡ってる。

(音がよく取れなかった。イヤホンで聞こえる)

俺が爆音を出してるわけじゃないのに、近隣から一々不愉快をぶつけられる。

車ドアを思い切りバーン!閉めるおっさん。家の前に来て威嚇を繰り返すおっさん。雨戸バーン!する爺さん。玄関バタン!繰り返すおばさん。

 

気にしない努力とかして、怠け者をやめたりして、そっちに気を取られない努力はしているのですが・・・。 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

親魏倭王

f:id:kl117cr233:20200115121608j:plain

 

2012年から崇神天皇とは卑弥呼のことだと、持論を展開していました。
今回もひょんなことから、この仮設を後押しする材料を見つけ出すに至りました。

 

歴史上の一大人物だった卑弥呼は、三国志の魏の皇帝から親魏倭王の称号をもらった人物。
これは「魏志倭人伝」によれば、238年か239年のこと。

景初2年6月(238年)に女王は大夫の難升米と次使の都市牛利を帯方郡に派遣して天子に拝謁することを願い出た[15]。帯方太守の劉夏は彼らを都に送り、使者は男の生口(奴隷)4人と女の生口6人、それに班布2匹2丈を献じた。12月、皇帝はこれを歓び、女王を親魏倭王と為し、金印紫綬を授け、銅鏡100枚を含む莫大な下賜品を与え、難升米を率善中郎将と為し、牛利を率善校尉と為した。

魏志倭人伝 - Wikipedia

原文には女王卑弥呼が魏に官吏を派遣し、その結果金印紫綬を受けたとあり。

したがって普通に見れば「親魏倭王金印」の授与者は、女王卑弥呼と見て間違いなさそうでした。

 

ちなみに古代中国皇帝が当時のアジアの諸国に贈った金印の例は、わずか。

・紀元前109年、滇王之印

・57年、漢委奴国王印

・133年、南匈奴骨都侯夫沈

・229年、親魏大月氏

・239年、倭女王卑弥呼親魏倭王

 

金印 - Wikipedia

滇(てん)は中国雲南南匈奴は中国内モンゴル、大月氏アフガニスタン。委奴と倭は日本。

西にクシャーナ朝(大月氏)のカニシカ2世、東に倭の女王卑弥呼。って言う具合に、魏は両極に有力国を従えることで大陸の驚異を減らしたんですかね。

この他に玉印、格式の低い銀印や銅印などもあったとか。魏の卑弥呼に対する評価は、思いのほか高かったようでした。

 

 

倭人の中枢は大陸的だった

 

これは想像ですが、倭の邪馬台国は大陸系語学に堪能な集団でした。

魏へお使いした難升米と都市牛利も。漢文の詔書を読み書きできたにとどまらず。

彼らはバイリンガルトリリンガルくらい、語学力があったのではないかと。

それもそのはず、彼らは純粋な倭人というか、中央アジアや西域から帰化した倭人だったのだから。

難升米という名前は、明らかに烏孫王、難兜靡の名を受け継いでました。

都市牛利はタジキスタン人の住むタシュクルガンの古名、塔什庫爾干を元にしてる印象を受けます。

難升米 nan-sho-bei

難兜靡 nan-to-bi(烏孫の王)

 

都市牛利 to-shi-gyu-ri

塔什庫爾干 ta-shi-ku‐ru-gan(タジキスタン人の街)

 そういうことなのではないかと。

以前の記事

中国史書を見る限り倭国の中枢はユーラシア各地からの帰化人だらけ

 

この烏孫とタシュクルガンは中国の新疆ウイグル自治区にありました。中央アジアパミール高原に近いあたり。

タシュクルガン・タジク自治県 - Wikipedia

 

魏志倭人伝」によれば、倭国には、なぜか中央アジアの塞(サカ族)の担当官であるはずの、塞曹掾史(さいそうえんし)張政が派遣されていたりします。

たぶんサカ言語のほうが、烏孫系がいた倭の中枢部では、深い話ができたということなのかと。

魏の皇帝のあたりは、西の大月氏にも金印を与えていました。だから魏の上層部は、倭と中央アジアのことはかなり分かっていたはず。

だからサカを担当するはずの塞曹掾史張政が倭にいるのも、適当なことでは全くなかったりします。サカ語が通じる官吏がいたから、倭に派遣されたんだと。

 

 

卑弥呼崇神天皇だった理由

 

古代の女性の男装癖についても、話さないといけません。

日本書紀」で卑弥呼に同一視されて4世紀に新羅に出陣した神功皇后、高天ヶ原の支配者天照大神

この二方は、男装して戦闘に挑んだ記録があります。

つまり卑弥呼も、外出時には男装してたのだろうと。その正体は、当ブログでは男性と伝えられる崇神天皇であるとしました。

男装の大元になったのが天照大神で、そのモデルが崇神天皇である卑弥呼で、120年後に男装を踏襲したのが神功皇后であろうと。

以前にこんな記事書いてました。

卑弥呼は男装して出歩いてた・・・複数の記録に分断された卑弥呼

卑弥呼を象徴する数字と三角形から導かれる「女王卑弥呼は天皇だった」

崇神天皇に封印された卑弥呼のアナグラム

 

といった理由で、崇神天皇卑弥呼で、なぜか壱与も同一視されていたのは、間違いないところ。

この点は「日本書紀」で卑弥呼と同一視されている4世紀の「神功皇后の事跡に、卑弥呼と壱与が合わさってる」という奇妙なところを見れば納得できたりします。

 

 ではなんで、親魏倭王と瑞籬宮に繋がりがあるのか。

 

 

 シンギュラリティは近い―人類が生命を超越するとき Kindle版 レイ・カーツワイル (著), 小野木 明恵 (翻訳), 野中 香方子 (翻訳), 福田 実 (翻訳), & 1 その他

 

 

親魏倭王崇神天皇の瑞籬宮

 

 

瑞籬宮(みずかきのみや)というのは「日本書紀」と「古事記」に登場している、崇神天皇の住居の名前です。

古事記の方では水垣宮とあって、どちらも「水の垣根があった」かのような形状を想像できます。

それで以前の記事にも瑞籬宮は環濠を持った居城であろうということは書いてました。

おそらく奈良ではなくて、福岡の朝倉市から見つかっている、平塚川添遺跡という環濠集落がこの瑞籬宮ではないかと想像しています。

以前の記事。

卑弥呼の居城は「上座」の環濠集落という想像

 

一方で中国の「魏志倭人伝」や日本の記紀には、卑弥呼天皇の居城を結びつける要素が、一見して何も書いてません。

魏志倭人伝」の卑弥呼の居城の情報

居處宮室樓觀 城柵嚴設 常有人持兵守衛

 居処には宮室と楼閣あり、城柵を厳かに設け、常に人あり兵で守衛する

 

で、卑弥呼親魏倭王を見ていたらなんか思いつきました。

これは、女王が瑞籬宮に住んでいたから、親魏を冠しているのではないかと。大月氏は別のところに置いといて。・・・え?

 

「親」を辞書で引くと、こうありました。

親の解説 - 小学館 大辞泉
しん【親】
[音]シン(呉)(漢) [訓]おや したしい したしむ ちかい みずから

[学習漢字]2年

〈シン〉
1 父母。おや。「親権/養親・両親・老親」

2 縁続きの身内。「親戚 (しんせき) ・親族・親類/近親・肉親」

3 身近に接してしたしくする。したしい。「親愛・親交・親切・親睦 (しんぼく) ・親友/懇親・和親」

4 自分で直接に。みずから。「親告・親書・親政・親展」

 

「親」の部首・画数・読み方・意味 - goo漢字辞典

みずから・・・

今は全く使わない読み方ですが。

これと魏を合わせるとどうなるか。

f:id:kl117cr233:20200115122639j:plain

 

このだじゃれや言葉遊びが、親魏倭王の称号に繋がっているとすれば面白いなと。

これが重要なのは、親魏倭王こと卑弥呼のの居城が、崇神天皇の瑞籬宮であると示唆されていることです。

以前から拙著や当ブログで私的してきた通り。 

親魏の2文字を使って「瑞籬(親魏)の倭王」であると言うなら、卑弥呼はやっぱり崇神天皇のいた瑞籬宮に住んでいたのではないかと。

 その崇神の正体は、卑弥呼が男装してた、ということで良いのではないかと。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに

じゃあクシャーン(大月氏)のカニシカ王が貰った、「親魏大月氏」は?

まぁ、クシャーンなだけに、

親魏→魏親(ギシン)→ギシャーン→クシャーン

こんな言葉遊びができた。魏親なだけに、疑心暗鬼。

 

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ クリックお願いしますm(_ _)m。

なんかドラゴンの頭部が描かれてた1985年8月12日

 

苦悩と煩悩しかない人生でした。除夜の鐘の108つの音色が脳裏に響き渡ります、ボーン(骨)。

しかし近年は冬休みも大晦日も、正月っ気も何もない年末年始。何もかも俺にとっては楽しくないし、必要性を感じなくなった。盗撮に夢中になってる人々に覗き見られ人生をおもちゃにされてると思うと、全てがばかばかしく思えてくる。

 

 

龍神国常立尊の痕跡さがし

 

絵文字って、古代からあった文化でした。

超古代の原始的なペトログリフに始まり、古代エジプトで発展したヒエログリフ、難解なマヤ文字

甲骨文や金文などに代表される漢字など、表意文字の種類も含め。

絵であらわすと、意味を伝えられる・・・この役割はかなり大きいみたいです。

西洋では王家の紋章、日本では家紋となりました。

ブランドや自治体のロゴマークなんかでも使われる。現代形の絵文字も、たしかにあります。

 

そういえば創造神というのは破壊も司る場合があるらしいです。国常立尊(くにとこたちのみこと)もまたそんな神の一柱。この神が絵文字に関係してるような話になります。

国常立尊という神は、大本では艮の金神(うしとらのこんじん)と呼ばれ、また各地で龍神として崇められていたりしたとか。

立が龍(たつ)に通じるからであるとか。

 

この神が1985年に520名が死亡した、JAL123便の日航機墜落事故に関係してると、まことしやかに言われてたりします。

話によると国常立の復活を祈願して123便を撃墜したのだとか、本に書いてあるの見ました。ほんとかどうか。

 

 ついに宇宙人が最終戦争後のシナリオを用意しました (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2011/10/18 田村珠芳 (著)

 

以前にもこれに関連した記事かいてました。

で、その「飛行機を故意に落とした」という証拠らしきもの、ネット検索するとみつかります。

実は自衛隊がアレしたとか、オレンジ色したアレのせいでああなったとか・・・。

 

f:id:kl117cr233:20191228123110p:plain

1985年8月12日の日航123便の航路

 

この墜落の痕跡探し、そうしたリアルな状況証拠探しだけにとどめられません。

「神の復活」

と言うからには。

それなりに神秘的でオカルト的で、神域に触れる畏れ多い要素も、見つからないとおかしいです。

 

で、これが最初の絵文字の話に関係していました。

そうこうするうち最近になって、ドラゴンヘッド、見つけました。

 

 

 524人の命乞い 日航123便乗客乗員怪死の謎 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2017/8/1

 

 

123便墜落事故の神秘性

 

どんな事象にも意味があり、それは2つ3つ合わさっていることもしばしば。

世間では単純に、誰かの失敗をニュースにするけれど、それすら別の意味や役割を持ってたりする。

子供の頃、タンスの角に小指ぶつけて世の中の世知辛さを知りました。

さらに悪いことに、タンスやドアの木目が、お化けに見えて仕方なかったです。

つまりタンスの役割は、2つも3つもあるてことです。

一に収納、2に足の小指いじめ、3に木目のおばけ。

最近になっても壁や森の中などあらゆる場所に人の顔、お化けを見つけていました。じつは本物の幽霊の顔だったのかもしれないですが。

 

123便の場合に、何が神秘の要素なんだと考えました。

 

1、まずは墜落地点の高天原山

この名は日本書紀古事記などの神話にある、神代七世イザナギ以下天照大神を筆頭に天津神の住まう地名なのでした。あの飛行機は神の領域に墜落した、そう考えると神秘的といえばそう感じられました。

 

2、次に520体の石仏。520体の石仏が集まる神社の近くに、123便が墜落して520人が死亡したというのでした。

これ、先ほど紹介した著者によれば実在するとの話ですが、ネットでは写真がみつかりませんでした。520体の石仏がある場所は、地図にも出ないのです。

以前はこんなのあるんだな、凄いなと鵜呑みにしてましたが。

いまの時代に写真が一枚もネットに張り出されないのは、信憑性に欠けるような話だなと。ほんとにあるのかと。あらゆる山岳でトレッキングがされて、どこでもスマホでかしゃかしゃされてるのに。どこにあんの石仏は。

ちなみに東京23区内には、ちょうど520体の石仏を安置する場所がありました。

目黒の大円寺。江戸の大火の犠牲者を弔う石仏ですが、123便とは無関係でした。

 

 3、航路

じっと123便の航路を見てたのです。まあ飛行機が思い通りに飛ばせずに、こんな航路になったとか、誘導されてこんな航路になったんだと思いますが。

近頃、これはひょっとして、絵なのではなかろうかと思うに至りました。絵文字みたいに、絵で何らかの意味を表すのだとしたら?

ずっとわからなかったのが、遠方からの爆音と隣のおばさんの盗撮と意地悪を浴び続けた矢先に、正体が見えてきました。

 

 

ドラゴンヘッド

 

以前に同名の漫画、読みました。日本の崩壊する内容でした。

あの漫画の主人公はテル君で、たしか最初に東海道新幹線の移動中に大地震が発生、箱根のトンネルあたりで新幹線ごと生き埋めになってました。

今自分が住んでる場所も、まさに近いあたりだと気づくのですが。

それで123便が航路で図らず描いた、あるいは意図的に描かされた航路が以下の線でした。

f:id:kl117cr233:20191228123110p:plain

これはグーグルのマイマップを使って、調整を繰り返しながら自分で正確に描いてみたもの。

これだけ見ると、別に何の意味もないように見えますね。

でもなんか、円を描いていることや、どことなく伊豆半島を中心として、相模湾駿河湾で左右対称になってるなと、そこらへんは気になってました。

 

最近になってひょうたんの記事書いてましたが。

道志村の神隠しから想起してしまった破滅的瓢箪の話 

 

この記事を書いたあとで、そういえば123便の航路って、このひょうたんを中心にしてる、重なる、と思ったりシました。

それで円を描いているところが、実は「目」だったら?とふと思ったりしました。

動物は本能的に点が3つあると顔であると認識するとか。この航路は1つ目ですが。横顔なら?

 それで思いついたのが以下の絵でした。

 

f:id:kl117cr233:20191228125541p:plain

ガオー。

浮かび上がった龍の頭部。 

これは123便の航路と海岸線、2つを組み合わせると浮かび上がる龍の頭でした。

想像力が膨らんで止まらない人じゃないと、気づけなかったようです。

 

「角」

角の先端が高天原山となり、飛竜山を通過しているのは意図的としか思えない。

「目」

大月の中心部に目が描かれてた。月といえば日月神事の月、夜支配者で黄泉の神こと月読命の月。この円のそばには桃太郎がいた伝説のある百蔵山、そして円の中心に鬼退治の舞台になったという、九鬼山があるのは何か意味深。

「鼻」

航路の富士山の西側にジャンボと名の付くゴルフ場があるのは、きっとジャンボ機通過を意図してに違いない。このゴルフ場の開設は1985年よりずっと前だった。安倍首相の別荘だとかも近い場所を通るのも陰謀かもしれない。かつて金山のあったことにちなむ黄金の湯が、おそらく艮の金神を意図してのことだった。

「口」

全てを滅ぼしそうな龍の巨大な口の先端には、大崩海岸。崩れるとは「山月月」で、やはり日月を意図している感じ。崩は天子の崩御の意味などもあるようす。

「顎」

この123便が龍の頭部に最初に乗っかったのは伊豆半島で、ここに龍宮神社がある。

 

 

ということでこの龍の頭部を描いたのが真相であろう要素は、こんな風に揃ってました。

あの事故を起こした123便は、「航路で龍のあたまを描かされてたんだよ」なんて、誰か言ってましたか。巧みに誘導されたとしか、思えませんね。

 

龍が吐き出しそうな炎のブレスは、箱根山か富士山の噴火だろうか。

ここは3つの大陸プレートの合わさる場所で、本州のフォッサマグナの根幹部でもあって、意味深な位置関係です。

近年も南海トラフ地震とか首都直下地震とか言われるのも、大陸プレートに蓄積したひずみが開放される動作が要因になるとか言われます。・・・核爆弾を使った人工地震かもしれないけれど。

まぁともかく以上の観点から、龍神・国常立を信奉する偉い人が、日月神示(123神示)を実現するための事前の儀式のひとつ、あるいは人身御供の意味合いで、123便墜落事故を必要としたのではないか。という想像が膨らんだだけです。

 

 

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ クリックお願いしますm(_ _)m。