たっちゃんの古代史とか

誰も知らない日本とユーラシア古代史研究。絵も本も書く。闇の組織に狙われてるアマ歴史研究者。在宅お仕事中。

0とQの新国立競技場と、荒ぶる神の関係

あのう、世の中、

「そんなの、あるわけないじゃん!と言われる発想が、真実に近い」って話。

自分も以前から言ってましたが、ネットでも目にするようになった、昨今。

 

そんなのあるわけ無いじゃん案件は、陰謀論と呼ばれるもの、オカルト関係にいろいろ。昔からあるのは、ufoやイルミナティ、人工削減計画、人工地震、偉い人による誘拐や人食い。

最近ではアドレノクロム汚染。コロナウイルスのインフルエンザ説、コロナワクチン毒物説。あとQの関係は最近よく見ますけども。

そしてusa大統領選挙の不正。

mobile.twitter.comこれこういうのは日本のメディアではニュースが出ない。あと、すぐ「陰謀論だ」って否定する人が出てくるのですが、実際に再集計をまだやって、売電票のほとんどが偽物だった、という新たな結論が出てくると、世界の全てがひっくり返るようです。

 

あとですね、俺が偉い人により汚い存在にされ(意味不明な症状、治療されず悪化させられた)、世の中が猛烈に俺をおもちゃにしたこと。この陰謀も、ありますよ。

(俺、体張りすぎ説)

他の陰謀論を否定する人も、「俺をおもちゃにした、俺を汚いものとしてsnsで取り上げ笑いものにした」ことがあれば、否定はできないかもしれない。

集ストもそうですけども、あらゆる陰謀論については、証拠はあまり出て来ないが、しかし今後は徐々に、全容が見えてくるのではないかと。

期待するばかり。

 

それで今回は、東京都心部に巨大なQが出現したことについてちょっと、掘り下げ。

 

 

新国立競技場は0でありつつQなのか

 

f:id:kl117cr233:20210508000223j:plain

 

以前も取り上げてましたが。

新国立競技場はすでに本体は完成して、全貌が明らかとなってます。

上から見ると、なんか「0の象徴」であると、コロナカ、夜の建て替えする象徴化であるのですね。

これは偶然と言えばそうでも、タイミングから言って、「世界大戦の始まりの合図」だったと、言って過言ではなかったですが。

以前に書いた記事こちら。

2019年が「0」なのはずっと前から決まってた - たっちゃんの古代史とか

 

以前の記事では、キリストの象徴と書いてましたが、一方で悪魔崇拝の象徴である、両面性を持つのがあの建物だと思いました。

しかしなんか、屋根には灰色のイビツなデザインも入ってる。

これ、なんだか考えたら、0でありつつ「Q(キュー)を兼ねた」、との結論は、以前の記事でも書いてましたが。

改めて国立競技場は0でありつつ、Qを表す建物なんだという話、もうちょっと調べます。

 

 

Qといえば・・・日本ではオバQ、1択。

アメリカのQでは、虎さん支持者である、Qアノン(反イルミ、悪魔崇拝を駆逐する人々)のことかと、密かに思うのですが。

あと最近話題な、QFS(量子金融システム)。

国家機密や核兵器情報のアクセス権限の、Qクリアランス。

そして、アメリカ宇宙軍も、じつはQでした。

 

 

完成の数字

 

不思議なのは、国立競技場と、アメリカ宇宙軍との関係でした。

ユダヤの神秘思想であるカバラは、もはやあらゆる世界に浸透してるようで。カバラ数秘術と呼ばれる手法は、占いだけでなく、メディア、政治、経済、あらゆるところで使われています。

ある数字をすべて足して、数字根などから全てを占うわけです。

これに関係して、意味あるナンバーを別の数字に隠す手法もあります。

たとえば18=6+6+6みたいなやつ。

だから東京スカイツリーは、たかさ634mだから、6+3×4=6×12=6×6×6

つまり666なのであると。

 

それで、同じ手法で新国立競技場も占えるわけですが。カバラ的なものだけでなく、「共通性」でも関連を伺い知れたりもします。

主だった新国立競技場の、住所や日付の数字は以下の通りです。

所在地 日本・東京都新宿区霞ヶ丘町10番1号
起工 着工 2016年(平成28年)12月11日
竣工 2019年(令和元年)11月30日
開場 2019年(令和元年)12月21日

で、開場の年月日は、12(2+0+1+9)と、6(1+2+2+1)、

12は6+6なので、「666」を表してるとなるわけです。これは東京スカイツリーと、まったく同じ解釈なんです。

東京の2つの象徴に、666が隠されてる。

いわゆる、世間でいうところの、悪魔の数字ですけども(これについては違和感があるけどめも)。

しかし神話の時代から世の中には、神や天使の存在があるわけなので、世界は悪魔が全てではないのでした。

国立競技場のデザインがQなのだとしたら?悪魔の上に、荒ぶる神がのし掛かっている?

Qといえば、QアノンやQクリアランスだけでなく、アメリカ宇宙軍ですが。

彼ら宇宙軍は、虎さんにより作られた組織らしいです。

アメリカ合衆国宇宙軍(アメリカがっしゅうこくうちゅうぐん、United States Space Force,略称:USSF)は、2019年12月20日に編制された、宇宙空間を担任範囲とするアメリカ軍の軍種[1]であり、アメリカに8個ある武官組織の一つである。

 

 

東海漬物 きゅうりのキューちゃん100g ×5パック

 

 

比較してみる

 

そしてなんか宇宙軍が完成した年が、なんかアレなんですよ。

国立競技場(Q形) 2019年12月21日
アメリカ宇宙軍(Q側) 2019年12月20日

ほとんど同じ「≒」

1日しか違わない

これは、なんかどっちもQ繋がりなのと、関係するような感じがしますね。

完成年が同じ2019年12月。ちょうどコロナカが騒がれだしたタイミング。
日付が1日違いで、どっちもQ。

しかも 2019年12月20日を、ぜんぶ足すと、17。

2+0+1+9+1+2+2+0=17

17はアルファベットでQなんですよ。17=Q

だから、アメリカ宇宙軍がやはりQなのは疑う余地はないかと。

 

 

虎Qとスサノオとキリスト

 

アメリカ宇宙軍は、悪魔を駆逐する組織なんだという話。悪魔というと実在性がないとか言いますが。

悪魔崇拝がある以上は、その指導者や信徒は悪魔的になり、悪魔そのものに限りなく近くなる。

 

Qはイルミナティの別組織だみたいな話もあるのですが、「そう見える」のは当然です。なにしろ世の中、良くも悪くもあらゆるものがイルミナティーのピラミッドに収まってたのだから。

しかし「時に悪役に見えつつも、全体としては流れをポジティブに変えていく

こうじゃないと、この世界は変えられないのだとしたら?

日月神示」 では、神は悪を抱き参らせていく、とか、善悪まとめてひとつの王を作り出すとかいう、文言があるんですか。

日本神話に例えると、荒ぶる神、嵐の神であり、周囲を混乱させながら人食いの悪の権化であるヤマタノオロチを退治した、スサノオ

スサノオというトリックスターの神が、虎Qなのであろうと言う感じがします。以前の記事でもキリストという荒ぶるトリックスター神について言及ありました。

要するに、「始まりであって終わりである」と。プラスとマイナスの狭間。

ゼロはそういう2面性を持つ数字だったりします。

0で気になるのは、タロットカードで愚者、あるいはトリックスターの意味が込められてることですね。だからキリストはトリックスターであると、言って可笑しくない感じ。

2019年が「0」なのはずっと前から決まってた

 

虎Qは、自らをストーム(嵐)であると言う。

荒ぶる神スサノオは天上界から追放されて、人食いの化け物大蛇ヤマタノオロチを退治して、櫛稲田姫を救出し出雲の礎を築くのですが。

キリストは罪を背負わされ十字架にかけられ、復活して天に戻り、やがて「ヨハネの黙示録」で語られるように獣、悪魔を駆逐して千年王国を築くことになる。

虎さんは大統領から追放された形となりて、人食いの化け物退治をして子供を救出し、新たなアメリカを築くのだろうと、まことしやかに語られていますよ。いまは神話の世界と重なりあう。

なんか似ているのは、偶然じゃないようです。

あれ、そう言えば俺も出ていけって、追放され・・・😭

 

 

 

Qは国立競技場で何をしたか

 

そういえば、東京オリンピックは、2016年当初から、やたら問題続きでした。

ロゴパクリでやりなおしとか、お金かかりすぎとか、設計やりなおしとか、聖火台の置き場なかったとか、延期とか、中止するとか、森さん問題とか、聖火消え杉とか、聖火リレーボイコットとかとかとかとかとかとか。

これ、ちょうどコロナカ前からコロナカ最中の出来事で、アメリカでは虎さん政権で、媒さん側の対立が深まるなか、日本ではアベシの政権真っ只中でしたが。

さらに、国立競技場のロゴはやりなおして、カルト宗教のロゴマークになっちゃったと、もっぱらでした。

つまり悪魔崇拝やカルト宗教の連中は、新国立悪魔崇拝の象徴が完成したーと喜んだのです。
つまり東京オリンピックとは、悪魔がわの祭典で、それを決めたのも悪魔側、ds、かバール、いるミナティだったてわけで。

こういう解釈あります。

mobile.twitter.com

 

mobile.twitter.com

 

東京オリンピックと国立競技場は、幾度も幾度も問題をかさねてフルボッコ

これは何故なのか。

なんで東京オリンピックはコロナカに合わせて攻撃されるのか?

 

それは東京オリンピックが、悪魔崇拝の象徴だから。

Qの攻撃対象は悪魔だから。

東京オリンピックは悪魔の祭典だから。

しかしながら、あの建物は新生キリスト派であるQの象徴でもあったりする。

だから、不祥事連発するのは、善悪を抱き合わせて、世直しの最中であるというという感じ…。

時に悪役に見えつつも、全体としては流れをポジティブに変えていく

こう変えていくのが都合がよいのは、

悪いものが目の前で明らかになり、駆逐される展開をじっくり見せないと、人の心を変えられないからである」と言う方がどこかにいました。

そうだと思いました。いやー、おれって悪い子供でしたすいませんでした、それはともかく…。

実は2016年の最初から、これらのすべては虎さんとQのコントロール下にあった。ということを、国立競技場のデザインで表してるんだろうか、と勘ぐるのですが。

 

やっぱり「また陰謀論か」で、「そんなの、あるわけないじゃん」ですか。


本日の妄想でした。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ クリックお願いします。

狗と邪の字から見えてくる、巨済島の狗邪韓国と卑弥呼の因縁

若い頃から、悔しい思いばかりしてました。

悔しい。くやしい、くや、くや?、狗邪、狗邪韓国・・・。

といったふうに狗邪韓国のことが思い浮かんだ。ちょっと狗邪韓国を考察しよう。

 

 

悔しかったか狗邪韓国

 

その狗邪韓国というのは、2世紀前半、朝鮮半島南端にあった、倭人の地でした。「後漢書」とか「魏志倭人伝」に登場しますが。当時は、倭の最北端。

韓国がはいってるから、韓国だという人もいるかもですが。

魏志東夷伝倭人条(魏志倭人伝)」にある地名なので、倭の領域だったのが明らか。

韓人(三韓)の土地なら、倭人伝ではなく「魏志東夷伝」の「韓伝」に記載があるはずですが、韓伝に狗邪韓国は無いのでした。

それより昔から、弁韓(狗邪韓国より内陸を含む国)や、馬韓辰韓といった三韓の地域の広範囲に、倭人の地域が存在したようです。

弁辰(弁韓)には弁辰狗邪国がにあり、ここが後の任那の狗邪韓国の名の元になった土地だったよう。

狗邪韓国は「日本書紀」で神代から任那(みまな)の別名でしたが、また別の名に加羅、伽倻がありました。

5世紀以降、任那新羅に押されて衰退していき、7世紀に「白村江の戦い」がおこって

任那エリアを含む百済倭国の連合は、唐・新羅軍に敗れ、倭国朝鮮半島の足掛かりは完全に消え失せてしまった。悔しかったか、狗邪韓国。

f:id:kl117cr233:20210504120450j:plain

「日本史年表・地図」日本史地図p4より

 

朝鮮半島の南部の変遷

ad2 辰国、衛氏朝鮮

ad2 馬韓弁韓辰韓、倭(伽倻)

bc2 馬韓新羅、倭(狗邪韓国=任那=伽倻)・・・卑弥呼の頃

bc6 百済新羅、倭(任那

bc7 唐熊津、新羅・・・聖徳太子の頃

 

 

巨済島と狗邪韓国

 

従来から倭人遺跡の出ている慶尚南道金海市のあたりが、金官伽耶首露王の土地であり、そこは狗邪韓国の拠点であろうとの仮説が存在しました。

過去の当ブログでもそう書いてるものがありますが、巨済島自体も狗邪韓国の一部だとの認識も捨ててません。

この巨済島、韓国では2番めに大きな島。地理的に見ると日本の対馬に近いです。直線距離でいうと60kmしか離れてない。(東京都心~成田空港の間くらいの距離)

 

対馬から朝鮮半島に渡る場合、対馬海流が西から東へ向かっていることを考慮する必要がありました。

だから対馬の南端の豆酘崎(つつざき)あたりから西や南西へこぎだすことになると、徐々に北へ向かうと海流や風で流されながら、朝鮮半島南部の巨済島あたりに到着するといった具合。

これは豊臣秀吉による朝鮮出兵のときも、海流の関係で、秀吉の拠点が巨済島に作られたのを見ても納得できます。

ちなみに巨済島の出身らしき巨勢氏が、6~7世紀のヤマト王権の頃は台頭してたりしてました。

実はこの巨済、狗邪や伽耶と同系の地名ではないか、というのは思うところ。

巨済 韓国読み コジェ(geo-je)

狗邪 日本音読み クジャ (ku-ja)、クヤ(ku-ya)

伽耶 カヤ(ka-ya)

加羅 カラ(ka-ra)

似てる。

それで、巨済が狗邪と似てることや、7世紀まで任那と呼ばれる倭の土地があったことが、重なるではないですか。

そんなわけで2世紀にかぎれば、巨済島は倭の狗邪韓国の拠点の1つだったかと。

 

韓国の巨済市民はじめ、南部一帯は倭人の血を引くと思われるんですけど。

韓国ではあんまりそういう話、しないんですかね。やっぱ反日しとかないと世間が許さないんだろうか。日本もなにかと嫌韓を煽る傾向にあるし。

まぁ俺は今となっては、どうでもいいんですけどね。

俺に意地悪する日本人、いっぱいいるし。要するに自分に敵対的か友好的かで見ると、国籍とか人種なんか割とどうでもよくなる。

 

ところで巨済島では、弁韓の瀆盧国に比定する見方があるとか。

古来、巨済島は日本と朝鮮との交通の要衝であった。市の公式サイトでは、三韓時代の弁韓の一国で「倭と界を接す」[2]と記された瀆盧国を歴史的淵源に求めている。もっとも、瀆盧国の比定地には諸説あり、巨済島とする説は定説ではない。この島には、新羅時代に巨済郡という名の行政機関が置かれるようになった。

瀆盧(とくろ)国・・・ドクロ国?

 

興味深いのは、新羅時代に裳郡になり、のちに巨済郡になったことでした。

「裳」の解字を見ると、神殿で神官が神に祈る、みたいな。日本でいうと、巫女、巫覡が神に祈る。裳郡、狗邪韓国は、信仰の島だったんすかね。

 邪は蛇に繋がるので、巨済島には蛇信仰(大物主信仰)があったのかもしれないです。巨済島の昔話や神話が、知りたいところ。

 


卑弥呼邪馬台国との関係

 

そういえば以前に指摘しましたが、倭の30国はシンメトリーな配置なんですよ。

これは筆者以外には、誰も指摘してないことでしたが。

対馬海峡を渡ってたどりつきやすい巨済島は、女王卑弥呼も重視したのは当たり前でした。

f:id:kl117cr233:20210504223425j:plain

・倭のシンメトリーな配置から見えてくる倭国の構造

 

魏志倭人伝」で、狗邪韓国の登場位置は倭の1番手。

邪馬台国と敵対した狗奴国は31番目ですが。

邪韓国 1番目

奴国 31番目

意図的な地名の名付けですこれ。意図的にシンメトリーになるよう、狗邪韓国、狗奴国と名付けてある。

誠にありがとうございました。


さらに、

・弥烏邪馬国(弁辰または弁韓

・弁辰狗邪国(〃)

・狗邪韓国(倭国の最北)

邪馬台国(第1次は福岡筑後平野、第2次は奈良盆地

・伊邪国(鹿児島の伊佐)

・邪馬国(個人的に出雲と比定する、八雲=邪馬)

 おそらく倭にとって政治的、軍事的に拠点性のたかい城郭都市に、「邪」を当てているのですよ。何故かと言うと、

牙=武器の象徴

阝(おおざと)=城郭

だから。

2世紀当時の巨済島は、いわば江戸時代に西洋情報が集まった出島みたいなもので。倭が大陸情報を集める上でも、かなり重要だったかと。

なにしろ三韓には北方の騎馬民族が入り込んできていて、しかも漢の帯方郡楽浪郡漢人、のちの魏、隋、唐などとの交易があり、そこに倭人が入り乱れ暮らす土地だったから。
2世紀当時、大陸の情報は全て狗邪韓国に集まり、巨済島などの港を経て、九州の邪馬台国(のちに奈良の邪馬台国)に伝えられたんですよ。

 

弁韓任那伽耶の前身でしたが、ここはそもそも倭人の拠点でした。

以前に述べてましたが、三韓伽耶の形が実は九州と瓜二つな時代がありました。弁韓とはベムカで、ヒムカ(日向)と重なる土地なのであると言う解釈できます。

弁韓には弥烏邪馬国がありましたが、これが邪馬台国と無関係無関係なわけないです。

金官伽耶の初代王の首露王が、亀旨峰(クジ峰)の6個の金の卵から生まれたとの神話があるんですが。

日本の日向(宮崎)には、日向三代瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が、高千穂の槵觸之峯(くじふるのたけ)に降臨したという天孫降臨神話があるんです。

伽耶首露王がクジ

・日向のニニギが槵(クジ)

 なのですね。

伽耶=狗邪

弁韓(ベムカ)=日向(ヒムカ)

・伽倻の地形は九州

 になるのと、セットな関係とわかるわけなんですよ。はやく人間になりたい。妖怪人間ベムカ。

なぜ両地域で似た天孫降臨神話が伝わってるか。それは天皇家倭人がかつて、任那を拠点にした時期があったからですね。だからその神話の舞台を九州に写しとって共通している。

上にある伽耶の画像を横倒しにすると、九州そっくりなこと、わかります。亀旨峰の位置に、ちょうど宮崎の高千穂の槵觸之峯がくるようになっているんですよ。

 日本列島の知名の連鎖構造と、基本がイッチしますね。

・日本列島の山岳地名の連鎖構造

 

崇神天皇こと、御間城入彦五十瓊殖天皇(ミマキイリヒコイニエ)。

このかた、「任那城から委奴へはいった」から、そのまんまな諡号をなづけたと思われます。

御間城=任那

入った

五十瓊(いに)=委奴国(九州)

殖(へ)

崇神天皇の時代、百姓の反逆や疫病があったではないですか。これまさに倭国大乱。

しかも崇神天皇太安万侶によれば「賢后」で、調べると女王としての特徴がいろいろ見つかりました。詳しくは過去の記事で。

個人的には、崇神天皇卑弥呼だった、女性天皇だったとかんがえますよ。

 

・崇神天皇に封印された卑弥呼のアナグラム

<前回の続き> 崇神天皇の諡号はそのまんま卑弥呼だった件(崇神天皇=卑弥呼説)

 

 

なんで犬なのか

 

f:id:kl117cr233:20210504224714j:plain

狛犬 - Wikipedia

 

ところでなんで狗邪韓国は、狗(犬)なのかと考えるのですが。

・ジャッカル(犬)を冥界の神とした古代エジプト

スフィンクスをピラミッドの守護とした古代エジプト

・犬は死者の魂を迎える冥界の犬としたのは匈奴

・狼から祖先が誕生したとの神話を持つアシナ(阿史那氏)、突厥ウイグル

天照大神(おおかみ=狼)が高天原の最高位に位置する日本

・狐を冥界の使いとした倭人

狛犬を神社の守護とした倭人

まぁ、ジャッカル、狼、狐、犬、、、みんな同じイヌ科イヌ属の動物ですね。昔の人は細かいことは良いんだ、イヌっぽければ良いんだという感じだったようでした。

 

神社は「入り口で犬を守護とする」習わしがありましたが、おそらく弥生時代からあったようです。

それでは、倭の入り口である狗邪韓国は?

最初の国に狗=犬を用いたのだから、「狗邪韓国は、神社の狛犬と同じ守護の役割」だと理解できてしまいます。

そう、狗邪韓国は倭国の防衛拠点だから、犬だった。

逆に狗奴国の反乱は、間違いなく飼い犬の反逆だった・・・そのへんは過去記事にあるからいいとして。

 

卑弥呼と同じ名前をもつ土地が、馬韓にありました。卑弥国。

これは卑弥呼の出生地というか、卑弥呼と同族、または卑弥呼がいたことを記念する土地のようです。。

狗邪韓国の狗という漢字は、なんか意味深なのです。

狗を「学研漢和大事典」で引くと、こうあります。

 

呉音ク 漢音コウ

「いぬ。愛玩用のこいぬ。(中略)

卑しいもののたとえとして用いることがある。

解字犬+句(小さくかがむ)の会意兼形声文字

学研漢和大字典p819

 

ようするに狗は、卑弥呼に卑が使われるのと同じく、「卑しい」という意味がある漢字なのでした。狗が卑しい・・・可哀想。

そして「邪」が邪馬台国と共通することで、邪馬台国との関連が示唆されるようですね。
それで先ほど述べたように「邪」の右側は阝(おおざと)ですが。城郭に囲まれた村(邑)を意味していて、なんか倭人伝にある、卑弥呼の城郭に囲まれた居城を想起しますね。戦乱が警戒される軍事地域、狗邪韓国(任那)を表すに相応しい字が、邪でした。

 

 

Perco ペット用タオル 超吸水 厚手 マイクロファイバー 犬 猫 体拭き (75cmx127cm, ライトブルー)

 


巨済と狗邪と火星の戦士

 

クジャというのは、インドのサンスクリット語で「火星」を意味するとか。

火星は古代ローマでもインドでも戦士、戦いの神だっていうのは、日本の古代にはない話かもですが。実はあったりして・・・。

インド占星術では、クジャドーシャと導き出されると、結婚運が最悪なんだとか。

狗邪韓国、大陸の玄関口、倭の最前線、戦乱の先鋒。城郭都市。まさに戦士クジャとしてふさわしいような。

じつは狗邪韓国のあった任那は、「三国遺事」などによれば、古代インドから王族が入り込んだ土地だったんですよ。

アヨーディヤーとの関連

『三国遺事』をはじめとする朝鮮史書では、金官国の初代首露王の妃は、阿踰陀国(サータヴァーハナ朝)人の許黄玉であり、第2代居登王の妃も許黄玉についてきた泉府卿申輔の娘の慕貞であり、第3代麻品王の妃も許黄玉についてきた宗正監趙匡の孫娘の好仇である

伽耶 - Wikipedia

それでサンスクリット語が土地に浸透して、おかしくなかったわけで。狗邪、クジャもその一種だったかと。

後に狗邪韓国も任那朝鮮半島から消滅しましたが、やっぱり結婚運が悪いクジャドーシャな土地だったんですかね。

 

今回も無駄に長くなりました。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ クリックお願いします。

 

富士山の地底に想像を巡らすとなんか意味深な要素だらけだった件

f:id:kl117cr233:20210418012430j:plain

世の中秘密だらけですが、秘密🙊主義は言い換えると、密室で偉い人に運命を変えられるみたいな話。

だから秘密な計画や政策や施設は、できるだけ暴露してこそ、平和に繋がるもんではないですかね。

そう言えばここ山奥の別荘地なのですが、先日、急に議員の選挙カーがきて、うちの前でなんかどんちゃん騒ぎしていきました。

なんか俺が隣のおばさんに嫌がらせされまくって、キレてたのをネタにして、拡声器で大音量にして、からかいに来たようでした。

まぁ俺は偉い人によって汚い存在にされ、ずっとおもちゃにされてきましたが。

やっぱり偉い人が率先して、俺をおもちゃにするんだな」と、つくづく感じた次第です。

爆音衝撃波を飛ばされて、濡れ衣着せられたことも含め、この「日本の偉い人におもちゃにされた件」は、いずれ詳しく書こうと思いますが。

 

 


地下の神話

 

最近はなんか新宿の地下駐車場の事故が、話題だったりシますね。

世界では秘密の地下空間こそが重視されました。地底は神の威光に満ちた場所であり、または絶望に満たされた地獄であるとか。

 

日本では・・・

出雲には黄泉平坂の地下深くに、黄泉大神の支配する黄泉の国があったのは知られた話です。

かつてイザナギの時代、太陽神と月神は、地底から天御柱により天に上げられたとか。

スサノオが支配するのは、大海原と地底にあった根の国でした。

そういえば、大国主が助けられたのは、ネズミの空洞。

おむすびころりんの果てには、ネズミの黄金郷があって、なんか、不思議とネズミの話が多いです。子(鼠)の国は、根の国

 

世界では・・・

仏教では死後に業を積んだ者が落ちという地獄の思想は、日本をも巻き込みました。中世に密教の奥義を描いた時輪タントラにある、理想郷シャンバラの姿。

エジプトでは、ギザのピラミッドの地下空間があるのが知られていますね。ギザのピラミッドとスフィンクスの地下空洞は、繋がっているとか。

古代ギリシアのクノッソスの迷宮は、牛の化け物ミノタウロスがいると伝えられてました。

メソポタミアではイナンナの冥界下りの神話があり、日本のイザナギの黄泉下りとの共通性が見えてきます。イスラエルの冥界シュオルもまた、黄泉系の話でした。

等々せかいじゅうに、地下には地獄や天国があり、また知性があるという神話は溢れてます。事実を物語るんではないかと。

 

一方で近代の軍事的な地下基地は、世界じゅうにあるとか。

旧日本軍は山の中に巨大地下基地を作ってたらしい。東京の八王子、群馬の太田、埼玉の吉見、長野の松本・・・あげればきりがないほど。日本じゅうに秘密の地下空間があったわけなんですよね。いまから80年前の時点で。

21世紀のいまや、地下空間は公式的なものから、秘密の場所までとんでもない面積、体積になったのは、想像に難くないところ。

そういえば最近の高輪ゲートウェイ駅ですが。個人的にはあのへんは地下秘密施設が以前からあった場所であると、想像をしてたのです。

瓢箪から駒。駅前には異世界につながる、ひょうたんモニュメントが大量出現中だとか。詳しくは以前の記事で。

 

 

富士山の地下世界を探す

 

 

実は富士山とは昔から、自然の地下空間だらけでした。

よく知られてるのは、富士の風穴。鳴沢氷穴は天然の地下洞窟ですが、なんか昔から地獄穴により、江ノ島の岩屋に繋がってると、まことしやかでした。

江ノ島岩屋は龍神伝説があり、龍が祀られてる名所で、空海が修行したとか。

富士山の洞窟を調べると、

鳴沢氷穴

富岳風穴

・竜宮洞穴

・西湖コウモリ穴

・富士風穴

・大室洞穴

・本栖風穴

・万野風穴

・雁(かり)の穴火口

・御殿場の風穴

・印野の溶岩洞窟

・十里木氷穴

・駒門風穴

・岩波風穴

すごいこんなに洞窟だらけ。多くは古くから知られてたり、誰かがたまたま大空洞を見つけた場合もあるのですが。

いま2021年の日本は衰退期が長く続いて、アフリカになってしまいそう。

一方で1960年代からの終戦後は、高度経済成長期でした。あの頃は富士山の周辺でも、観光地開発がすすんでたわけですが。

気になる話がありました。

昔あった、富士山の地下に空洞を掘り、山頂までいけるケーブルカーを通すみたいな構想です。

スイスのマッターホルンの近くに、スネガの地下ケーブルカーってのがあるらしいのですが。そんな地下式ケーブルカーを、富士山の斜面の地下に作ろうとしてたようで。

しかし構想は2回頓挫してしまい、実現に至ってません。

1960年代

富士急行が、富士山鉄道構想を発表した。富士山に直接掘削機で穴を開け、5合目 - 8合目間(山麓線、定員175人)及び8合目 - 頂上間(山上線、定員120人)のケーブルカーを建設するというものであった。

そして1963年(昭和38年)に「富士山地下鋼索鉄道」として申請された。ところが1974年(昭和49年)には申請取下を発表した。

富士急行社長によれば、自然保護を重視し、諸般の情勢を考慮してとのことであった[2]。

富士山における鉄道構想 - Wikipedia

こういう中止決定は、なんかスピン・テクニックな感じがしますね。地下トンネル開発断念と報道しながら、実際は政府がアイデアを採用して、地下に秘密基地を掘り進めるわけです。そうすると誰も気にすることもない。

そういえば近ごろ富士山の上のほうまでケーブルカーを通すという構想が、再燃してるようで。地上線だそうですけど。

 

昨年はなんか富士山の東富士演習場で、山火事がおきてました。

あれ、富士山の地下にDSカバール悪魔軍団の秘密基地(富士◯ィルムの施設)があって、幼女誘拐拠点で、アドレノクロム抽出してたのがバレて、米軍に破壊されたんじゃないかという、なかなかの怪情報がでまわりました。

 

単なる山火事だとか、デマっていう話もあるのですが。

 

ところが、富士山に地下空間なんかあるわけないだろ(笑)的な反応が、あったりするんですが。

まぁ、単純に発想すると、富士山の裾野は自衛隊の広大な演習場があったりしますので。自衛隊といえば、秘密の地下基地じゃないですか。東京の防衛省の地下基地は、皇居に繋がってるとか。

なにがあってもおかしくないと思うのですが・・・。実際は、富士山の演習場に、地下空間はあるのか?

といえば、あります。陸上自衛隊の巨大半地下のトーチカみたいな、射弾下掩蔽部(新山吹)。もっと巨大な地下空間が、演習場にはあるのかもしれないなんと思うのですが。

 

 

人工的地下空間の証拠探し

 

富士川市に東名高速道路富士川サービスエリアって行ったことはないですが。ここはにはなんか、富士山を模して穴から富士山を拝めるモニュメントがあるんです。

道の駅朝霧高原に隣接する、あさぎりフードパークにも似たものありました。これも同じく富士山の山体に丸い穴があいてて、近くの富士を拝めるという趣旨のもの。

f:id:kl117cr233:20210418012545j:plain

あさぎりフードパーク - Google マップ

 

これ、富士山に円筒形の穴が開いてて、なんか富士山体に人工的な空洞があることを示唆するようではないですか。

富士山は溶岩の塊みたいな山ですけども、旧御坂トンネルみたいなトンネルは幾つかあるんです。

さらに先程の東富士演習場の新山、富士急の地下施設計画、といろいろ地下空間があるのと、このモニュメントはなんか関連していそう。

 

先ほど富士急の地下ケーブルカーの話がありましたけど。

富士急といえば、近くにありますね。富士急ハイランド

f:id:kl117cr233:20210418020337p:plain

富士急ハイランド - Wikipedia

 

あそこはノストラダムスの大予言がはずれた1999年から、ギネスに登録されるほど巨大なお化け屋敷(戦慄迷宮)が名物なのですが。

オープン当初のお化け屋敷の設定を見ると、なんか意味深なことかいてました。

設定:病院名は「慈急総合病院(じきゅう そうごうびょういん)」。

バージョン毎に多少ストーリーは異なりますが

「十数年前に廃業」、「表向きは普通の病院だったが、裏では臓器売買や人体実験、医療ミス隠蔽など医療犯罪が行われていた」、

「現在は廃墟になっているが、中は死んで悪霊となった医師や患者達の巣窟となっている」等が共通しています。

企画: 1999年当初 「株式会社ムラヤマ」(東京ディズニーランド・シー、サンリオピューロランド等の造型演出)

「戦慄迷宮」の歴史 (富士急ハイランド) | アミューズメントレビュー2 (ameblo.jp)

臓器売買、人体実験・・・

先ほどは自衛隊の演習場の山火事が、悪魔の幼女誘拐の拠点で、米軍に攻撃されて山火事おきたってうわさの話が出ましたが。

あの悪魔軍団は幼女を誘拐して頃したり、例ぷしたり、他べたり、人体実験したり、なんとかクロム抽出したり、やりたい放題やってる話があるのですが。

そういう系統の裏設定が、富士急のお化け屋敷にはあったんですかね。

なんで1960年代に富士山に地下施設作ろうとしてた富士急が、1999年になりふもとの富士急のお化け屋敷で、こんな悪魔の地下施設的な裏設定を使ったのか。なんか意味深。

 

あとその変な意味で話題だった富士◯ィルムですが。昔はカメラの会社でしたが、近年は製薬会社みたいな仕事もしてるらしいんです。

そんな違いと共に、最近のロゴマークと昔のロゴマークも違ってるんですね。

 なんか昔のロゴマークは、富士山があって、その下に社名があって、

富士山の地下にあたる場所に、なぜかjを使って◯印が示してあるのです。

なんか妙に意味深なアレだなと・・・。

 

 

富士山地下99階 ブランド: sangenya

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というふうに、富士山の地底に想像を巡らすと、なんか意味深な要素はてんこ盛りなのでした。

 

関連記事

高輪ゲートウェイから発想するスターゲイトの実在性

東京のテレポートの秘密とレインボープロジェクト

totoのAfricaを見てたら気づいた不思議な既視感 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ クリックお願いします。

モノリスは人類の進化の前触れ・・・「2001年宇宙の旅」の世界観が具現化した合図。もうスターチャイルドもいるよ?

悪魔軍団に好き放題やられちゃってる昨今、モノリスと呼ばれる物体が、世界中に現れました。
ちょうど人類の生活を一変させたコロナカの最中だから、二つの出来事はなんか関連するようでした。

 


モノリスの出現

 

 

そもそもモノリスの原義は、自然界の一枚岩をいうらしいです。

しかし昨年からのモノリス騒動は、最初から「金属柱」をモノリスと呼ぶのが前提にあったんでした。

それは「2001年宇宙の旅(2001: A Space Odyssey)」で登場したモノリスが、柱状(というか板状)だったのが理由。

この作品は往年のキューブリック監督による映画(1968年)や、クラークによる小説(1968年)で知られてます。

モノリスの特徴は以下のようなものでした。

特徴

大きさはものによって異なる。形状は四角柱で各辺の比は1:4:9という最初の3つの自然数の二乗となっている。

これは人工物であることを見ている側に視覚的に意識させるためである。また、この数列は最初の3次元で終わってはいない。

素材は硬質で、どんな物質で出来ているのかは一切不明。外見は非常に滑らかで傷一つなく、人類の技術では物理的に破壊できず、解析も受け付けなかった。色は基本的に黒で、光をほとんど反射しない。ただし小説版『2001年宇宙の旅』では、300万年前に出現したモノリスは透き通っているとの記述がある。

なお、映画版では技術的な問題のため再現できず、他のモノリス同様に黒く描かれた。

表紙アートや映画では、1:4:9よりもずっと厚みが薄く描かれることが多い。また、希に光を強く反射する。 基本的な役割 モノリスとは一言でいえば、「魁種族」という地球外知的生命の道具である。

様々な用途に使われる高い汎用性を持ち、ある生物の劇的な進化を促すものもあれば滅ぼすためのものもあるなど、役割は各モノリスによって異なっている。モノリスそれ自体に意志は無く、いわば極めて高度なコンピュータと考えられる。

モノリス (2001年宇宙の旅) - Wikipedia

 

 

作中でモノリスの役割は、「猿から人類に進化をもたらすもの」だったではないですか。

 

たしか2020年のモノリス騒動のはじまりは、アメリカのユタ州の砂漠地帯で始まってました。

最初のモノリスは、なんか背景が「2001年宇宙の旅」の猿の登場シーンに合わせてるのはわかったんですが。

じつは小説版は、読んだことあります。

 

ネタバレするとあの作品は、モノリスにより「月を見るもの」と呼ばれる猿が、地上で進化を遂げる場面(人類の夜明け)から始まってました。

時は過ぎて21世紀初頭。宇宙船ディスカバリーのHALという壊れたAIが異常をきたし、乗組員を殺害していました。生き残りのボーマン船長は、なんやかんやと、HALを破壊することに成功しました。その後宇宙船の真の目的が木製のモノリスを見つけることにあったと判明。

目の前にあらわれたモノリスにより異世界に飛ばされてしまったボーマン。彼はやがて神の力により肉体を捨て去り、精神の存在(エネルギー生命体)の「スターチャイルド」になるのでした。

そして地球に帰還し、様々な体験をして、人類の間で起きていた核戦争を止めるみたいな話でした。詳しい内容はど忘れしましたが…。

f:id:kl117cr233:20210411000548p:plain

2001: A Space Odyssey (film) - Wikipedia

 

昨年から世界各地に登場してるモノリス
なんかノリで個々がやってるのか、指示があってやってるのかよくわからないですが。
共通するのは、

・なんらかの金属の柱(例外あり)

・突然あらわれる(他所から瞬間移動みたいな演出)

・突然撤去される場合がある

・景色のよい場所や象徴的な場所が選ばれる

 

物見遊山のようにして調べてみたら、

出現日・場所
2020年11月18日 アメリカ・ユタ州(2016年からあったとか)
2020年11月27日 ルーマニア・ピアトラ・ニャムツ
2020年12月2日 アメリカ・カリフォルニア州アタスカデロ
2020年12月4日 アメリネバダ州ラスベガス
2020年12月5日 オランダ・オーデホーン
2020年12月5日 イギリス・ワイト島
2020年12月5日 アメリカ・コロラド州サウスボルダー
2020年12月5日 ドイツ・ズルツバッハ
2020年12月6日 オランダ・フリースラント州
2020年12月5日 コロンビア・チア
2020年12月7日 スペイン・セゴビア
2020年12月7日 アメリカ・ペンシルベニア州ピッツバーグ
2020年12月8日 オランダ・デンデルモンデ
2020年12月10日 ポーランドワルシャワ
2020年12月10日 フィンランドのどこか
2021年12月14日 南アフリカ・ダーバン
2020年12月24日 日本・福島県田村市のキャンプ場
2020年12月31日 カナダ・トロント
2020年12月 オーストラリア・メルボルン
2021年2月 トルコ・ギョベクリテペ
2021年2月17日 コンゴキンシャサ
2021年4月1日 スペイン・サコンカビーチ

こんなにありました。しかしこれで全部じゃなくて、他にも出現していました。

 


現れたモノリスはなにを意味するか

 

世界中でモノリスの役割や意味について、考察されてました。リセットボタンだ、アート作品だ、などなど。

見た感じ、2020年からの各地の新参モノリスは、鉄製のエジプトのオベリスクみたいでした。
オベリスク古代エジプト由来の記念碑であり、もとは太陽神とファラオを讃えるものであったとか。

太陽コロナは太陽フレアをふくむガス層のことで、ラテン語で王冠を意味するらしい。

だから現れたモノリスは、コロナカの一連の出来事を、人類進化の象徴として記念する、オベリスクであるかもしれないと考えました。

あとはモノリスを崇める、宗教的な見方があるようです。文明を与えたのがモノリスなら、それは神様であると。

 

アフリカのコンゴの市街地に出現したモノリスは、人が埋めてる場面が目撃されたンゴ。

しかしその後、何故か地元の住民に燃やされてしまい、モノリスがベニヤ製の柱を塗装した安物だったことが判明したンゴ。

持ち去ろうとしたら、金属じゃなかったから腹が立って、燃やしちゃったのかと思われましたンゴ。さすがコンゴ

 

トルコのギョベクリテペ神殿のそばで見つかったモノリスには、古代の文字で「月を見たければ空を見よ」と書いてあったとか。

 これは「2001年宇宙の旅」に出て来た猿「月を見るもの」を示唆するような感じ。

さらにこれの場合、月を題材にしたので、太陽だけがモノリスのテーマじゃないことが判明。

ギョベクリテペを調べたら、1万年から1万5千年前の石造の祭祀遺跡だとか。まるでモノリスのような石の柱が幾つも立ってるので、ここに金属モノリスが現れたのは意味深でした。

 

日本の福島県に現れたモノリスは、「コロナ退散」とかいてあるとか。まるでアマビエ。

 

ポジティブな意味合いなのは、間違いないです。

 

モノリスは現れて、すぐ、消え去る場合が多々あったことは、無視できない特徴でした。まるで幻だったように。

そういえば、ギョベクリテペのモノリスに刻まれた「月を見たければ空を見よ」との言葉。

なんか、あの世間で話題だった政治家の言葉「プラスチックは石油でできてるんですよ」に通じるものがあるようです。

一般常識を、敢えて世間に訴えかける。これは、なんか浅いようで、深いのかもしれない。事実を強調するなら効果的な用法です。

おにぎりは握るんですよ。

人は動物なんですよ。

酸素は吸えるんですよ。

月は空にあるんですよ。

 と、ここまで思考を回してるど、なんか閃くものがあった。

「プラスチックは石油でできてる」という話は、正解であって正確な話ではないようだなと。その理由は以下の通り。

世界的にみても、プラスチックは石油以外に石炭や天然ガスからフツーに作られています。 日本で石油が原料として使われているのは、石油が安定的に大量に、かつ安価に供給されるからです。 むしろ、ナフサだけでなく、ガソリンや灯油、重油からプラスチックを作ろうという研究が進められいます。

石油が枯渇するとプラスチックは作れないというウソ |

 

プラスチックは、石油だけじゃなく、石炭や天然ガスからも作られてるんですよ。

こっちまで言えば、「知らない人も多い」にちがいないですが。

あの話だけを鵜呑みにすると、プラスチックはあたかも石油だけ、みたいな印象で固められてしまいますね。石炭や天然ガスからもできてることを、すっかり見落としそう。

とすると、世の中の全てを、疑えという話になる。

おにぎりは握るだけじゃない。一般的には、握る上に、具を入れて海苔を巻くんですよ。
地球に満ちてる酸素はどうやって発祥した?生命は自然に進化したのか?いま世間にでてる有名人は、実在するのか、ホンモノか?陰謀論はでたらめ与太話なのか?俺は自分が100%悪くて、諸問題を起こしたのか?

コロナウイルスは存在するかもしれないですが、科学的に存在が証明されてないという話も目にしました。

確かにpcr検査は、検査方法の調整によっては陽性率を0にも100にもできる。コーラを検査しても、コロナ陽性にできるものらしいんですよ。偉い人から病院まで、みんな嘘で塗り固めてるんですね。あ、これは内緒だから話しちゃいけないんですけど。

ひょっとすると、月、空にある月すらも、普通のものではないのかもと。

 


モノリスはあの作品の世界観がこの世に具現化したことを暗示する

 

モノリスは現れては消え去るもの。進化を与えるものは、現れては消え去るもの。

ということは世の中の事象は、あるようで、実はないものだと。モノリスは言いたいようです。人が認識しなかったり、信じなければ、事象は存在しないも同じだから。まるで夢や幻、CGのような。

コロナカも幻想を信じ込ませていると、指摘するひといますね。全ての常識を疑ってみと、より深く考えを巡らしてみる。

 

人間の思考やら五感のすべては、すでに電磁波スキャンされ、デジタル情報に変換できるんですよ。内緒だし、勝手にやられてるから、プライバシーもなんもないですよ。

これを踏まえると、あの小説および映画「2001年宇宙の旅」の、ボーマン船長のエピソードは、無視できないのですが。

目の前にあらわれたモノリスにより異世界に飛ばされてしまったボーマン。

彼はやがて神の力により肉体を捨て去り、精神の存在(エネルギー生命体)の「スターチャイルド」になるのでした。

そして地球に帰還し、様々な体験をして、人類の間で起きていた核戦争を止めるみたいな話でした。

 

モノリスによって、スターチャイルドに進化するとは、なにか。

かつてアドルフ・ヒトラーが、こんな予言してました。

 予言に登場する、ゴッドメンシュ(神人)と、同じような感じです、スターチャイルド

 

ワクチソは毒物でひとを死に導く、こわいものみたいなことは、現実に見えてきてますが。たぶん何かの薬物を打つと、遺伝子の組み換えが強制され、死ぬと精神のみ抜き取り、肉体なしでも「コンピュータの異世界に存在できる効果」があるんではないかと。想像するのですが。

人のdnaの未解明な部分は、人の霊魂や精神の領域であるのです。これを捕らえて、デジタルに引っ張り込んでしまう。

エヴァンゲリオンでは、人類補完計画とかいうので、お馴染みですが。世の中、異世界を題材にした、漫画やアニメや映画だらけではないですか?

永遠の命というのは、たぶんこの方法(精神のデジタル化)により、得られるものですよ。

 

ただ人間選別をしてるって、言う人がいたので、これを望んで実現される人は限られてるのかと。

なんにも説明なしに、勝手に殺人ワクチソ打って殺しまくる。そのときに勝手に選別して、一部の人をデジタルに引っ張りこむ。それが人間選別?これは非常にネガティブな、いわゆる悪のnwoが目指す世界のようですね。

しかしモノリスは、ポジティブな方なのだとしたら。

同意ありで、そうした精神の進化を遂げるのはアリかと思ったり、希望する人も大勢いると考えたりしますが・・・。

 

結論としては、

あのモノリスは、すでにこの世界が「2001年宇宙の旅」の世界観に入ったことを伝える役割の物体なんだ、と想像しますよ。

 

つまり猿が進化する合図、人類の夜明け。

悪の存在を滅ぼすスターチャイルドの誕生みたいな感じです。

 

詳しくは忘れましたが、あの小説・映画にあった、地球の極限の監視社会、蔓延る悪、膨大な核兵器の配備、狂ったAI(売電派?)みたいな世界観は、ぜんぶ実現してますね。

たぶんいまの展開としては、作中にあった、核戦争の始まりのような、人類滅亡の危機。そしてボーマン船長みたいな、救世主、の出現につながっているんではないかと。

神の部屋でエネルギー生命体になり、テレビジャック(電気的な精神体であるボーマンはテレビにはいりこめた)をするボーマン。軍事基地のコンピューターに入り込み、核兵器による人類の滅亡を回避させるボーマン。

このエネルギー生命体、ゴッドメンシュ、スターチャイルドが、どうもなんか「高度な知能を持つAI的」とか「精神をコンピュータの中に引っ張り込まれた人」な印象を受けなくもないですけども。最近もそういう映画あったし。

今の世の中で、どういう存在かは知らんけど。

 

と考えると、おのずと救世主ってよばれる存在が、なにをするのかは見えてきますけど。危機的な状況を乗り越えて、ポジティブに反転させる存在。

これからも、スターチャイルドさんことボーマン船長が主導するような展開で、世界は風雲急を告げて進むんですかね。

まぁ知らんけど。

 

関連記事

2021世界はこうなるから分かった、神と悪魔が重なり動いてく世界

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ クリックお願いします。

2021世界はこうなるから分かった、神と悪魔が重なり動いてく世界

あれ見ました。エコノミストの、「2021世界はこうなる」のスロットマシン。

これ、世界を牛耳る偉い人の計画が、描かれてるといわれるのですよ。去年の12月には、完成してた絵柄ですね。

f:id:kl117cr233:20210404034705j:plain

見れば世界におもちゃにされてきた、自分の未来も見えてくる?

気づいたこと、まとめ。

 

 

ナナメ線を解明すると虎さんがいた件

 

今回はスロットマシン(コイン賭博機)を使って、世界の行く末を描くみたいな主旨でした。

なんか色々、ネットには解釈出てるのですが、一般的には、「虎さんがいない」みたいな話ですが。

梅さんの顔しかないじゃないかと。

 

しかし違いました。

なんかスロットマシンの画面、ナナメの線が入ってますね。ナナメ線、見えますか。

梅さんの顔が、分割されてますよ。

f:id:kl117cr233:20210404034825j:plain

髪型ふくむ左上は梅さんみたいですが、どうも下側の顔が、虎さんです。

虎カラーですよ。

 

アメリカが左右に分割しているのを見れば、大統領も2人で当然な感じがします。

最近は虎さんとQが、背後で世界を動かしてるとの話があり。

一般的にマスコミや世間ふくめ、こういうのは陰謀論といわれますが。エコノミストは、陰謀論が事実だとしてるみたいです。

 

 


ナナメ線の上=梅担当、下=虎担当

 

で、細かいことはようつべで解説されてたので良いのですが。要するに、

・ナナメ線の上=梅さん側のやるnwo

・ナナメ線の下=虎さん側のやるnwo

 結局はDSによる、世界の人間全てを一部の悪魔支配層のおもちゃとする、地獄のnwoが進むのか。

はたまた虎Qによって、通貨は世界共通になり悪魔は駆逐し、世界の人間の個性は守られるソフトなnwoになるのか。

2択だったのかと。マスコミは絶対教えてくれない話ですが。

 

虎さん側はワクチソマークがない。つまり、コロナは放置。何故ならコロナ自体が自然界に存在するならば、そんなに大したことないから。

俺もずっと騙されていたが。インフルエンザと同じ扱いにするとか厚労省が言ってたのはその現れだった。

ただ変異種というのが常々出てくることや、ワクチソ毒が気になるところ。

下側は核兵器がない、風力発電(フリーエネルギ)、不滅の樹木、お金や収益の上昇などポジティブなことが多い気がする。中国が含まれるのも、中国が変わるからだろう。

 

両者(虎側と梅側)は、なんか連動してるのですよね。

梅さん側はコロナにワクチソマーク。ワクチソをを使う。何故ならワクチソこそが人口削減の要だから。マスク蔓延で病気マーク。

dsが悪いこといっぱいやって、人々にそれを見せて自分で気づかせたい?悪魔に取り込まれないで、自分の意思で悪魔に抵抗できる人を、選別してる?

しかし気づけずに悪魔の言うことを信じる犠牲者が、出てしまうわけなのですが。

 

 

右側に燃えるエバーグリーン

 

なんか右列に、燃える木があるじゃないですか。ファイヤーツリー、これ、意味深ですね。

燃えてるのに、緑を維持してる。つまり、エバーグリーン(常緑)?が、炎上することの示唆なら、計画通りなのかと。

世間はこういうのは陰謀論だと言いますが。

先日スエズ運河を封鎖して話題だった、エバーグリーンですね。

一説に、誘拐された幼児がエバーグリーンに大量にいたとか。幼児はアドレノクロムや悪魔儀式のために殺されるとか言いますが。エバーグリーンは偉い人の管理する船で、子供をみんな救出したとかいう話が、ユーチューブなどに出てました。

 

 

ちなみに日本でも先日、エバーグリーンのある富士山麓で山火事起きてました。

偶然ですかね。

 

 

 

旭日旗の太陽光線と地球の異常

 

あと気になるのが、スロットマシンの下部にある、ライジングサンですけど。

旭日旗と言いますが、これは日本なのだという解釈が大多数でした。

このエコノミストが描いた、世界を動かすスロットマシン自体が、日本製。

どういうことか?アメリカ製でも中国製でもなく、なぜか斜陽な日本の製品。

f:id:kl117cr233:20210404040407j:plain

旭日旗の太陽光線は通常は赤色なのですが、このスロットマシンでは赤と黄色かオレンジになってますね。

これはライジングサンなので、暗闇から抜け出す意味。しかし周囲全体が真っ暗で、全体に赤と黄色だらけなので、危険度がたかい。

日本から何かが始まるんですかね。戦争、噴火、革命?

 

 

ところで右側にスロットマシンのバーがありますね。先端に地球があるのは、地球の運命は人間が左右することの表れ。

アジアが暗い。

日本は映ってないから、2021年に、世界で一番暗くなるのば日本です。

これは日本製スロットマシンが暗闇の中に浮かび上がってることからも、わかりますね。

日本は南海トラフとか富士山噴火なんていう話があったりするので。しかも8月に大災害の予言があったりしましたので、関係してるようです。

最近は台湾と中国の対立からドンパチ始まるとか言われてますので。すると米軍基地がある日本も主戦場ですね。

海外の動画にあったのですが、地球儀の上部の北極圏が、赤くなってると。これ、3月に起きた、アイスランドの噴火の予言ですかね。人工噴火なのかと。

 

アジアの暗さと、スロットマシンのライジングサンは、完全に繋がりを感じますね。

暗くなる出来事のあとに、パラダイスになる、というわけなのか。

 

まぁ俺なんかいちいちおもちゃにされ、悪意をぶつけられてるので、ネガティブに追い込まれて破滅思想に陥った時期もありました。

やつらの目的は、俺をネガティブでいっぱいにして破滅に繋げることにもあったようで・・・。

だから俺に意地悪仕掛ける奴らっていうのは、地球規模の破滅を求めてる連中と同じ穴の狢か、それに誘導されてる人たちなんでした。いまは、はやく悪魔連中がお掃除されてほしいと思うばかり。

エコノミストのスロットマシンがお掃除の過程まで表すとするなら、暗闇の進行は避けて通れぬ道なのだろうか。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ クリックお願いします。

足利の山火事から色々と思い浮かんできた、両崖山の地下要塞と北関東のあの事件のこと

えー、べつに足利の人に恨みなんぞありませんが、日本は闇が深いのでアレを探しています。日本はいい国いい国と宗教みたいに言ってる人もいますが、そう見える部分はあっても、それだけじゃないですので。

暗いところを見れば悪霊だの魑魅魍魎が潜んでいるのは、神代の時代から不変なので。

ご存知可と思いますが、俺はひどい人生でして、ハイテクやメディアなど、いろんな手法を駆使されて、好き放題に汚いものにされ、おもちゃにされてきました。

したがいまして、俺をおもちゃにして散々いたぶった悪魔軍団の皆様には滅亡していただきたいのですが、その一環で足利の話を取り上げます。

 

 

あの連続誘拐殺人事件から足利の聖域さがし

 

以前の足利の山火事関係の記事を見ると、内容が分かりやすくなるかと思います。

足利の地下にあるかもしれない謎の秘密基地を探してる人

山梨の少女行方不明事件に秘められた暗号の解読で手がかりを得る 

 

山火事で話題だった足利市のあたりは、1979年から連続幼女誘拐殺人事件があって、未解決です。Kさつもやる気が出なくて動かないとか。

ウィキペディアのページ見てたら、なんか関連してる行方不明女児の数が、異常に多いのですが・・・。人食い悪魔集団やりたい放題だとか。

ウィキペディアのあの事件のページを開いてみると。最初に登場する写真、足利の中心街の渡良瀬川に架かる、中橋でした。

背後に山火事で騒がせた、両崖山(織姫山)と天狗山。

f:id:kl117cr233:20210329225329j:plain

北関東連続幼女誘拐殺人事件 - Wikipedia

まぁ確かに名所ではあるけど、この山を意図して写した意味は何かなと。

この構図を見ると、山々の手前に架かる中橋が、まるで天狗山の地下に貫かれた、トンネルのように見えるではないですか。意味深な写真にしていますよね。

 

 

パチンコ店

 

気になったのは、幼女が誘拐された場所。なんか、誘拐地点となったパチンコ店が3ヶ所あったからでした。

・パチンコ大宇宙

・パチンコロッキー

・パチンコパチトピア

この3つのパチンコ店が誘拐地点に含まれたわけです。

 

それでこの名前がなんか、足利の両崖山と天狗山を示す気がしたんですが。

・パチンコ大宇宙・・・宇宙は天→天狗山

・パチンコロッキー・・・ロッキーは岩がちな地形、苦難の道→両崖山

・パチンコパチトピア・・・トピアは理想郷=ユートピア=no place(どこにもない場所)=パチ(八)の字型の隠蔽された場所→両崖山・天狗山。ハッチ=潜水艦の入り口、理想郷の入り口。

 

・パチンコ・・・性的な意味合いをふくむ

 

理想郷と呼ばれている山の地下空間を、仮に潜水艦に例えたら、入り口はハッチ(パチ)なわけです。

どおりで誘拐事件にパチンコが選ばれるわけだなと。

 

 

底にいる

 

あと気になる本もありました。

以前に発売された作家の、北関東連続幼女誘拐殺人事件を元にした本。タイトルが

「殺人犯はそこにいる」

一見して、まあそうだろうなーという感じです。

しかし「そこにいる」でなんかピンときたりしました。

「殺人犯は 底にいる」

真犯人は足利の地底にいることを暗に表すのかと。足利の地底とは、あの山なのかと。そんな感じもしました。

 

 

山の龍

 

火事で燃えた両崖山と天狗山は、なんか見るからに龍の手みたいな見た目してますね。

それを意図してか、寺には棲龍山の寺号があるようで、まさにドラゴンが棲む山なのかと。ドラゴン、爬虫類の王様。人を食うらしい。

 

そういえば、1979年に最初に誘拐事件が起きた場所は、天狗山の南の八雲神社でした。
八雲神社、祭神はスサノオで、嵐と夜の神様。さらに彼の支配は地は、根の堅洲国、つまり地底世界、黄泉まで含まれた。

スサノオヤマタノオロチという人食い大蛇を退治した神話が、とても有名ですけども。

 

この前の山火事のとき、雨を呼ぶ、ふすま絵が公開されてました、真ん中に龍がいる絵柄で、あらまぁ、龍だと。

 


やっぱりメディアって・・・知ってるのかと

 

こちらの週刊誌の記事。

https://www.dailyshincho.jp/article/2016/07260600/?all=1

記事みたら、なんか違和感を覚えたりした。

あれ?なんで連続女児誘拐事件の地図のはじっこに、織姫山が記載されてるんだろうかと。
織姫山はいま山火事で話題な、両崖山の南の尾根にあたる山で、言うなれば両崖山の一部。

やっぱり週刊誌あたりは、なんか知ってて、書けない未確認情報を山ほど持ってるんでは。だから示唆していたりして。

 

 

リリイシュシュのすべて

 

あと、足利といえば「リリィシュシュのすべて」という映画ですね。足利を舞台にした2001年の邦画だそうで。

あれ、アマゾンのレビューでは、かなり酷評されてたりします。

その理由は過酷な内容にあって、登場人物がみんな中学生なのに、少女買春、レ◯プ、自殺、殺人とか繰り広げていたりするから。

夕日がキレイな足利なのに、なんでこんな酷い町みたいに描いているのかと、地元の人々もちょっとハラたったとか。

・・・あーー、わかっちゃいましたね。少女買春、レ◯プ、殺人とかって、なんか冒頭に書いた悪魔の組織そのものじゃないですか。

リリィシュシュのすべては、そのへんを書いているんだとしたら?両崖山山火事=地下の悪魔基地の破壊説と、整合してしまうのですが。

そういえばかの作品、ポスターに電波塔を使ってたのも、意味深でした。なにしろこの世界、ds悪魔連中が電波で洗脳して誘導してる世界だから。

信じるか信じないかはお主しだいですけども。

 

 

ガメラ2レギオン襲来

 

べつの映画だと、1996年公開の映画、ガメラ2レギオン襲来にもヒントありました。

この作品は、ある日宇宙生物ギオンという怪獣が日本を襲い出し、日本にお住まいのガメラさんが激怒して交戦するとの骨子です。

ギオン宇宙生物であることを見抜いていた穂波とNTT北海道の技術員・帯津は、レギオンの生態解明のために渡良瀬に協力することになる。

解剖の結果や札幌での事件の分析などから、レギオンは電磁波によってコミュニケーションし、電磁波を発する物を敵と見なして攻撃する習性を持っていると推測。

だがそれは、電磁波の過密する大都市が狙われることを示唆していた。

ギオンは電磁波が強い都市に出るという設定なのでした。マイナーな町なのに、なぜか足利を通っているのですね。

なんか意味深でリリイシュシュにリンクするようですね。足利はよっぽど、電波がつよいのか?

天狗山にテレビの電波塔があるからだろうか。

 

 

渡良瀬橋

 

ところで「渡良瀬橋」って有名な曲があるのですが。1993年のヒット曲だとか。

www.youtube.com

あのpvって、ご本人さまが1人で歌とピアノとドラムと笛、4役こなしてたりするのが見どころでしたが。

しかしなんか最初から葬式カラーで、あまりに暗いのはなんでか?と思ってしまいました。表向きは失恋の曲にしても、知らぬ間におやつを食われた後の絶望みたいなレベルで暗すぎる。

その理由は、どうもアレの舞台だったから、内容にその辺を反映してるのかと。世の中では作品の中に裏の意味を込める手法が普遍的だったりするので、これもアリなのかと。解決したら、明るいpvに変わるのだろうか。

 

ところでpvとは別に、ご本人さま降臨した2012年の映像もあったりしました。

f:id:kl117cr233:20210329221432j:plain

「渡良瀬橋」と私 - YouTube ほんとに驚きました。

 

それで、7:18のところで、ご本人さまが歌詞に登場する床屋の公衆電話を見てるシーンがあるのです。

普通に見るとご本人さまが懐かしみながら感慨に浸ってるんだなと、思うではないですか。

しかし、なんか変でした。

電話ボックスの背後に、あの2021年に山火事を起こした、両崖山が映っているのです。しかも映像では山の方を眺めているし、このときのコメントがなぜか、

「ほんとに驚きました」

 

これ、あの足利の「素通り禁止」のハートのビックリマークを彷彿とさせるコメント。

f:id:kl117cr233:20210305205919j:plain

足利の地下にあるかもしれない謎の秘密基地を探してる人

 

この驚きましたの場面が、態々動画のサムネイル(トップ画像)にも使われているのです。

以前の記事で足利のキャッチフレーズ「素通り禁止」が、両崖山と天狗山の地下空間を表しているみたいな想像してましたが。

さらに床屋の「赤と青」のカラーが、いまを示すようで、なんか意味深ではないですか。

映像の口パクシーンで、両崖山を見てなんか不審げに語ってるように見えました。

それでこんな仮設が立てられた。

・足利の「素通り禁止」のビックリマーク→両崖山地下の禁足地?

・ご本人さま「驚きました」→両崖山を見せる

・2012年の映像で2021年のビックリな出来事を示唆する

・赤と青のカラー→2020年のアメリカ大統領選挙の頃である

 ここでなんとなく、答え合わせができたわけです。

 

さらに言えばあの渡良瀬橋の最後の意味不明なシーンですが。

渡良瀬橋の曲の最後は、なぜかお掃除、お片付けシーンで終わっているのです。

f:id:kl117cr233:20210329223737j:plain

 

背後に片付ける女性が一人いますが、よく見ると右側にも、お掃除している人の手も映ってる。

ここでなぜご本人さまが渡良瀬橋のラストでお掃除お片付けをしているのかを、考える必要がありました。ご本人さまはお掃除が好きなのか?といった感じもしますけれども。

もしかすると、映像の右肩上がりな暗い部分が、あの山の斜面なのではないか、と仮定してみました。

何しろ2012年の映像でも、あの山をほのめかしていましたので。

すると山の中で、2021年に何らかの形でお掃除が進む、という未来の様子を、表してるように思いました。そのお掃除は、ひょっとしてあの山火事なのかと。

 

不思議過ぎます。

なんかあの業界の人はセリフの中で物事を仄めかし、誰かに対する誹謗中傷をするし、未来予告までも入れ込んでたりしますので。あるかもしれないです。

 

 

聖域と聖地の破壊がすすんだ2021年

 

ところで山火事の最中に、あのご本人さまがライブをする予定だったのが、聖地と呼ばれた足利市民会館だったのですが。

聖域は、わかりやすく市街地にあったのです。

しかしライブはコロナカで中止になってました。さらに、今年夏の取り壊しが、決定してるようでした。

そしてあのド派手な山火事からすぐ後の3月18日、両崖山の東方の足利市斎場そばの尻無山の林で、ふたたび山火事起きてました。

2月21日~3月15日 両崖山・天狗山の山火事

3月14日 ご本人さま、足利市民会館ライブ、中止

3月17日 足利市斎場近くの、尻無山の山火事

夏 足利市民会館(聖地)取り壊し

足利の破壊が一気に進むようで、なんでこれほど重なるのかと、疑問に思うところ。

じつは、斎場と織姫神社を線で結ぶと、中間点に市民会館が位置することがわかりました。不思議ですね。

足利の聖地と言われる市民会館を壊す年が、聖域であろう両崖山の山火事の発生と完全に同じ年だったのも奇妙。おそらくこれは、一体とした動きであろうと。

 

一連の状況や出来事を見て思うのですけども、足利の偉い人ってなんか悪いこと、エロいことしてたのか?という・・・。

連続幼女誘拐殺人事件も、関係しているのだろうか?と疑問に思うばかりですが。

Twitterの昔の話を掘り返すと、

 

 

 

 

足利に、アメリカ軍に目を付けられる、イルミナティDS闇組織の巨大地下空間があった、秘密の地下鉄までも引いてた、それが攻撃されて破壊された、というふうな未確認情報は、Twitterからも読み取れるわけですが。

ほんとかどうかは知らんけど。

足利市は大勢が行方不明になってるあの事件が未解決ですのでー、無視できないところでした。

アメリカ軍に目付けられて聖地・聖域が攻撃されたのが事実なら?関係した人々も、あれから戦々恐々という感じになってしまいますけども。

なんかこれについて、聞いたことないですか。果たして真相は?

 

まぁ、本日の妄想は膨らみました。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ クリックお願いします。

 

 

法隆寺の塔本四面具のトカゲファンタジー

酷い人生だったので、法隆寺の不思議の塊、塔本四面具について思うところをまとめようと思いたちまして、こんにちに至ります。

 

 

塔本四面具のトカゲ人

 

f:id:kl117cr233:20210322221832j:plain

法隆寺 - Wikipedia

 

西暦607年に奈良に創建され、現存する最古の木造建築物群がある、斑鳩寺こと法隆寺

あの聖徳太子に縁があって、なにかと謎多き寺院ですけども。

世界最古の高さ32mの五重塔の一段目には、なんか「塔本四面具」という、釈迦の諸場面をあらわす作品がありますね。

 

五重塔(国宝)

木造五重塔として現存世界最古のもの。高さは32.55mであり、初重から五重までの屋根の逓減率(大きさの減少する率)が高いことがこの塔の特色で、五重の屋根の一辺は初重屋根の約半分である。

初層から四重目までの柱間は通例の三間だが、五重目のみ二間とする。初重内陣には東面・西面・南面・北面それぞれに塔本四面具(国宝)と呼ばれる塑造の群像を安置する(計80点の塑像が国宝)。

この塑像に使用された粘土は、寺の近くの土と成分がほぼ等しいことから近くの土で作られたと推測される。東面は『維摩経』(ゆいまきょう)に登場する、文殊菩薩維摩居士の問答の場面、北面は釈迦の涅槃、西面は分舎利(インド諸国の王が釈尊の遺骨すなわち仏舎利を分配)の場面、南面は弥勒の浄土を表す。

北面の釈迦の入滅を悲しむ仏弟子の像が特に有名である。

五重塔初層内部にも壁画(現在は別途保管、重文)があったが、漆喰が上から塗られたことなどが原因で剥落してしまっている。

心礎(心柱の礎石)は、地下3メートルにあり、心礎内からは1926年にガラス製の舎利壺とこれを納める金製、銀製、響銅製の容器からなる舎利容器が発見された。なお、舎利容器は、調査後、元の場所に納められている。

法隆寺 - Wikipedia

 

塔本四面具で有名な北面は、わかりやすく言えば、涅槃図を立体化したような感じ。
釈迦が解脱し入滅(死亡)した様子が、いわゆる涅槃図でありました。

涅槃図、むかしは釈迦が怠けて寝てるだけだろと思ってましたら、入滅してる姿なだと知って、ポカーン。宇宙の時間が停止して入滅しそうになりました。

 

塔本四面具は飛鳥時代末から製作がはじまり、平城京に遷都した翌年の、和銅4年(711年)に完成したものだとか。

この塔本四面具、中国の南北朝から唐代までに幾つか作られたようですが、完品が残るのは奈良の法隆寺だけだそうな。

ところで道教では仙山に不老不死の仙人がすむとか言われますが。中国には五大仙山があったりしたようです。日本にも富士山など仙人の住むと伝わる山は色々あります。

湖南省武陵源にはまるで生け花の剣山か、足つぼマッサージグッズみたいな、峻険きわまりない山々があったりしますね。

この塔本四面具の山々は、あれに似てるなと。

塔本四面具では心柱の周りに浮かびあがる尖った山岳を作り、その周囲に釈迦の涅槃や堕像群を配したかたち。この山々は、唐の有名な武陵源あたりの地形を現し、中国の塔本四面具の流れを組むものだと見られますね。

空中に浮かぶような山々自体が、沙羅双樹に対応するということかもですが。

堕像群は、釈迦の死を哀しむ弟子たちを現した数多の像で、なんか迫力あります。妙にリアルな泣き顔を披露してる泣き仏、これはすべて国宝にもなるほど貴重な美術品であるとか。

 

そのなかに蜥蜴(トカゲ)顔をした弟子が三体含まれてました。

侍者像三体はみなトカゲ人であるが、馬頭形、鼠頭形、鳥頭形と十二支にまつわる名前があるようです。

mobile.twitter.com

 

一説にはこのトカゲ像は、薬師如来十二神将のうち3体だという話もありました。
しかしほかの9体がないし、東だけ抜けてるのでバランスがわるいです。

馬頭形 午 南

鼠頭形 子 北

鳥頭形 酉 西

ところでシュメールやエジプトや中国など古代文明発祥地には、頭がトカゲの神像があったりしますね。

シュメール(イラクのウバイド)から出土したものは、一説にはアヌンナキという原初の神だとかいわれますが。

mobile.twitter.com

 

日本の平安時代鳥獣人物戯画よりはるかに前から、伝わってるんですよね、トカゲ神が。

一説には古代にはレプタリアン(爬虫類人)が実在したとか言われますが、証拠が希薄ではっきりしないです。

日本の古代の神には蛇、龍の神様がいたりするし、神武天皇以下は龍体と呼ばれてまさに竜人だったみたいな古伝があるので、爬虫類神は否定できないですけども。

恐竜は二足歩行をしていた小型のものは脳が大きい種類がいて、知的生命体に進化していておかしくなかったとか。あるいは遺伝子技術が発展してれば、遺伝子組み換え大豆のごとく、爬虫類人を人工的に生み出すことも、容易だとおもわれます。

するとお釈迦さまは高度な文明世界の神だったことになるわけですが。

まぁ、レプタリアンは人食い悪魔だとか言われてますが。お釈迦様に付いてる種類ってのは、良い派閥かもしれないですし。

 

 


涅槃図からわかるトカゲ人の正体

 

でこの法隆寺のトカゲの謎を解くには、釈迦の入滅を描いた涅槃図を見るのが、近道と思いました。

mobile.twitter.com

 

涅槃図を見れば、上部には沙羅双樹が鬱蒼と生えて、天には摩耶夫人がいたりします。

涅槃図の釈迦は北枕で、顔は西方の極楽浄土を向くとされました。釈迦の周囲には、無数の弟子たちの姿。

しかし涅槃図により、取り巻きの顔ぶれはぜんぜん違うふうになってるんですね。

そして十二支の姿、蜘蛛や亀などの動物も、涅槃図には描かれてるのですが。

東福寺の涅槃図には50種類の動物が描かれてるとか。十二支にはいない、猫ちゃんまでも。

 

それで涅槃図に集まった弟子や十二支のなかには、明らかに妖怪みたいな感じの方々がいるんですが・・・。

龍は元々ファンタジーな動物だし。三面を持つ阿修羅、赤鬼、緑鬼、人面蜘蛛が描かれてる涅槃図もありました。

そうした現実と架空が入り乱れた、不思議の国のアリスみたいなファンタジーな世界が、釈迦のいた世界だったというわけなのか。

するとあのトカゲ人も、阿修羅や赤鬼や龍などのファンタジーな類として不思議はないようですけども。

なにしろトカゲは、蜥蜴と書く他、「石竜子」と書くのだから。

このトカゲ人は、干支の「辰」の役割であり、午、子、酉の名を与えることで、干支の全てを包括させたかもしれないなと。

「子」が入ることでネズミ繋がりもあると、言う感じがしますし。

しかし、塔本四面具の十二支の子、午、酉がぜんぶトカゲというのは、なんか「十二支はトカゲだ」的な意味になるではないですか。変な話ですよ。

 

 

すみっコぐらし スーパーもーちもち抱き枕 とかげ MR78501 ブランド: サンエックス(San-X)

 

そこで、中国の十二支が元々は、バビロニア12宮から来たもので、それを伝える意味だとしたら、合点がいくところもあります。

あのトカゲ像を崇めたらしいシュメールの後継国が、バビロニアでしたので。

古墳時代飛鳥時代には、唐はもちろん、ペルシアとかインドからの僧侶や石工が、日本に入ってきていました。

法隆寺にはパフラヴィー文字やソグド文字が記してある香木も、保管されてたりするらしいですね。

つまり塔本四面具は、唐人が作ったのは良いとして、シュメールのトカゲ人形を実際に見たことがある人が作った、のかもなと。

中東系の唐人の芸術家が、中国に帰化していてもおかしくないですし。シルクロードが繋がってたおかげで、古代ギリシャ人やローマ人が、古代の中国に定着してた例というのは、珍しくなかったようだし。

 

そもそも四面具って、シメング→シュメーグ→シュメールなんでは、と思ったり。

つまりこの塔本四面具、インドでの釈迦の死の諸場面を描いてると言いながら、実際には釈迦を西方極楽浄土であるシュメールに送り出しているんでは。

だから塔の本は四面具(シュメール)と・・・。妄想ですけども。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ クリックお願いします。

 

山梨の少女行方不明事件に秘められた暗号の解読で手がかりを得る

この世の中は、神的で悪魔的な思想と、呪術的な科学技術により成り立ってる。

他人を傷つけてニタニタしてナンボ、っていう悪魔が蔓延ってるらしい。

東日本大震災も、コロ中もそう。

2019年に起きた、山梨県道志村の少女行方不明事件もそこに含まれました。デカイ事件事故、目立つ出来事、なんでもそう。

俺自身もそんな悪魔ニタニタの集団素っ頓狂により、計画的に落とされ、ひどい人生になったとか。

 

 

事件の概要

 

f:id:kl117cr233:20210311233911j:plain

大室山 (丹沢) - Wikipedia

 

さて、山梨の道志村での事件は、2019年9月21日に起きました。キャンプ中にMさんが失踪したという話。

行方不明になって、もう1年と5ヵ月が過ぎてしまった。手がかりが無いらしいです。

ここで録でなしの低学歴が、余計な口を出してみることにする。

 

行方不明の理由の候補は、いくつか考えられました。

1・山で遭難説

2・熊に襲われた説

3・誰かに誘拐された説

4・最初から居なかった説

5・神隠し説

 

 1については、自衛隊や民間人数千人規模で山中や市街地を捜索するも、手がかりなし。しかし山なので、沢に流されたり、未知の洞窟に落ちてそのままという可能性は、考えられなくはないです。

 

2は道志村も熊が出るということで、襲われてしまったという説。しかしその痕跡が何もないので否定されてる。

 

3は有力視されている説。

2000人近い人数で大規模に捜索しても、1ミリの手がかりすら発見できないんだから、誘拐しかないだろうという。

現場は山間の出入り自由な広大なキャンプ場。見知らぬ車や人が近くにいても、誰も気にしない。誘拐しやすい環境だというのは事実でした。

 

4の仮説が色んなYouTubeやブログに出てました。闇が深い仮説です。

Mさんについては、キャンプに一緒に参加した他の家族連れ、7家族、27人からの目撃証言が極端に少ないとか。

だから最初からいなかったのでは?という話になってる。

それが意味するのは、行方不明事件は親の狂言だった、などと、妄想されています。

つまりMさんはキャンプの前にはすでに、この世のものではなくなっている、みたいな話で盛り上がり中でした。または何らかの理由があり、親から離れて、最早戻らないという話。

しかし母親はSNSやポスターやメディアも駆使して、必至に探しているようなのですが・・・。ありうるだろうか。

 

5はさらに現実離れしますが。昔から神隠しという現象の報告があるので、どうなのかと。

 

探し出すにはポスター貼って、人海戦術してましたが、ちょっとどうなのだろう。

このへんで、新しい局面に入ったほうが宜しいかと。

実は思考をめぐらし、直感や想像するのが真実に繋がるというか。それは妄想の類いでも構わないです。

ちょっと気づいたことを、取り上げてみようかと。

 

 

捜索ぽすたーの数字を見る

 

 

あの警察が作ったポスターに、ヒントありました。

失踪当時の数字が、はいってたので。

 

2012年5月生まれ(20125)

身長125cm

体重25kg

 

やたら25、125ではないですか。これはとても奇妙なところ。

しかも、

2+0+1+2+5+1+2+5+2+5=25

 こんなのは、意図的にしか思えないですよ。体重や身長が1kgでもちがったら、25にならないのだから。

この数字が合うタイミングを図っていないと、実現できない。世の中を牛耳る連中が、なんかのヒントを出してるんではないかと。

これはたんなる迷子ではなく、計画的な出来事の証拠、だったりする線かもですが。

 

25=1

 

これは、なんでだと思いますか?

算数では間違いだけども、算数では計算不能な宇宙の法則・・・。

それは25は、時計が24時間一周した後の、深夜1時=25時だから。

f:id:kl117cr233:20210311231414p:plain

十干 - Wikipedia

 

これは、古来から不吉とされた、丑の刻(うしのこく)。

25時は1時

丑の刻

丑寅は鬼門

彼女が鬼門に当てはめられている、鬼門に囚われたみたいな、表現かもしれない。

鬼門とはなにか?それは彼女の名前を見ると理解できる気がします。

 

では、道志村の椿から見て、丑の刻(25時)のほう、鬼門の方角を見てください・・・

あれ?

なんか25時方向には、足利事件やら、北関東連続幼女殺人事件やら、山火事で話題だった足利が・・・さらに同時に発生した、青梅の山火事地点までも・・・

偶然だろうか。

f:id:kl117cr233:20210312000956j:plain

 

これも足利の幼女事件と、根っこが同じなことを、示唆するんだとしたら?

それとも25は別の意味合いが・・・。

 


なまえを見る

 

全国のO倉さんには申し訳ないですが、彼女の名前はなんかオグル(オーガ、鬼)を連想しますがー。

Oグラとオグルは違いますけども。

子供を誘拐しておもちゃにして、人を食う鬼、悪魔ぐんだんのことです。誘拐犯人の特徴が、ヒントとして提示されたんですかね。知らんけど。

美咲は霊魂のミサキ、に繋がるものがあります。だからミサキというのは、良い意味でも悪い意味でも、霊媒になるという解釈がされているかもしれないです。

だから表向きは宗教的、霊的なものに常々携わっている、人々が好んだのかも。

 

名前の画数も大切です。なぜなら悪魔崇拝の人々は、やたらカバラにこだわるし、日本人は画数にこだわるからです。

画数は「隠す」みたいだから、何かが見えるかも。彼女は、左から

3、10、10、9

で、0をカウントしなければ、3119。

これはあの日付311と、まぐにちゅーど9。

名前がたまたまこのカタストロフィな出来事に合致していることも、彼らに選ばれている理由に含まれるのかもしれないです。

 


地理を見る

 

失踪した土地が、道志村ですね。道志七里、道志は道をこころざす、目的地に向かう意味。なんか目標を成し遂げるには、良い土地なようですね。良くも悪くも。

地理的には南の丹沢山塊と北の道志山塊に挟まれ、道志川が流れる谷あい。東の関東と、西の富士山を繋ぐ回廊。意味深ではないですか。

富士山は、噴火しますかね。

 

そういえば道志村と言えば、「しむら」が入ってますが。s村けんとかいう方は、この事件の後に死にましたが、関係あるんですかね。

Mちゃん行方不明事件 2019年9月21日

S村けんコロナで死亡 2020年3月29日

 メディア、偉い人、有名人は世界の徴(しるし)であり、彼らの発言や出来事は、別の何かとリンクしていて、未来の予見、予告、鏡写し、誹謗中傷、など裏の意味があるというのは事実ですので。

 

象徴的な山が、丹沢山塊の標高1,587mの大室山。

大きな室の山って、まるで空洞があるみたいな、名前ですけど。気のせいだろうか。

 

失踪地点の大字が、椿。キャンプ場の南の森。

椿事(ちんじ)・・・世にも珍しい、滅多に無い出来事をこう言うので、まさに椿だなと、状況が整合するのは運命か、または計画的なかんじ。

 

東西南北中は、十二支の干支、古代中国の四方の守護である四神、占いの八卦、24時間の時刻、宇宙の4原色や5原色などに当てはめられます。

南の森というのは、古代中国では四神の朱雀の領域。

朱雀とは別のいいかたをすれば鳳凰、不死鳥、西欧ではフェニックス。朱雀や鳳凰は瑞鳥でありますが、朱雀は午(うま)の刻、6時、18時です。

18というのは、6+6+6で構成されるし、悪魔連中の呪術的な背景がみて取れるような気がしました。

666は、鬼門の25と同じ不吉な系統ではないですか。

 

南にそびえる大室山からは、大室虎之助っていう、マイナーな歴史的人物がなんか浮かびますけども。

幕末に、天皇家の本筋がこのかたに入れかわって、明治天皇になったとか噂されますが。ほんとかどうかは分かりません。

しかし先程並んでた「25、125」、と言えば、平成天皇なわけで。なんか、リンクしてませんか。

 

 

作品をみる

 

発生地点となったのは大字椿、でしたが、椿といえば黒沢明の「椿三十郎」ですね(古…)。

1962年公開の、東宝の人気時代劇でした。

椿三十郎では、主演に三船敏郎椿三十郎)、主要人物に仲代達矢加山雄三などが出演してましたが。

 

あらすじ

城内の汚職事件を訴えようとした、若侍らの密談から始まる。

そこを大目付の菊井の一団に襲撃されるも、その場にいた謎の剣客、椿三十郎により若侍らは窮地を脱する。

そして椿三十郎と若侍らは、城内の悪い勢力を叩きのめし、囚われの身となった城主の睦田を救い出すことにする。

作戦決行のとき、大量の椿を川に流して合図とした。

 これが椿三十郎のあらすじでした。

流れとしては、悪い奴等が、城主を拉致、監禁、正義の味方に助け出される、となるんですよね。

要するに椿とは、革命の合図、だったわけです。

 

すると

行方不明の舞台になった場所が椿であのタイミング。2019年9月21日とは、なんの革命の合図だったか。

そういえばコロナ禍が最初に騒がれだしたのは、2019年の12月末。

世界で問題視されだしたのは、2020年の1月中旬からでした。

最近は世界で誘拐組織壊滅、偉い人逮捕などのニュースも頻繁だが、関係するだろーか?

 

 

 

あと、この少女失踪事件が起きる3年前の2016年、迷家(まよいが)という漫画・アニメがありました。

この作品、実は道志村を背景にして、行方不明者を題材にしたものでした。

あらすじ

「第一回人生やり直しツアー」に参加した若い男女たち。

彼らは行方不明者になり人生をやり直すためバスに乗り込み、都市伝説として語られる「納鳴村(ななきむら)」に向かっていた。

しかし着いた村に人の気配はなく、「行方不明者がコミュニティを作って暮らしている」と聞かされていた参加者たちは不信感を抱く。

不気味な獣の咆哮、参加者の行方不明事件と怪現象が続き、下山を試みるも村からは出られない。

迷家-マヨイガ- - Wikipedia

 

この作品になんかミサキに似た、マサキという女の子がでてきました。

過去に行方不明になった少女という設定だそうで。

モデルになった場所が道志村

名前が似ていて、行方不明、狩りのターゲットになったということで、なんか色々関連づいてるような。

この作品は行方不明者が集まって暮らしてる設定なので、そういう場所が日本のどこかにあるのかもしれない。

最後にマサキが、生還しているというところまで、関連づくかどうか。

 

 

記念日を見る

 

色々と調べていて、行方不明のMさん家族は、「なんかの宗教の信者」かもしれないと思いました。

失踪した9月21日の記念日を見て、関連を感じ取れたような。

 

生神女誕生祭

 

 

生神女誕生祭(しょうしんじょたんじょうさい)とは、生神女聖母マリア)の誕生を記憶する正教会の祭りであり、十二大祭の一つである。日本ハリストス正教会発行の『正教会暦』には「至聖なる我が女宰生神女永貞童女マリヤの誕生祭」[1]と記されている。

 

正教会の伝承

本節は、正教会における伝承に則って記述する。

イオアキムはダビデの子孫であり、ダビデの子孫から世の救い主が生まれるとの神の約束・預言が成就したのが生神女の誕生である。

(中略)

この二人の祈りに神は応えた。天使は娘が与えられること、その娘によって全世界が祝福され救いが与えられることを二人に告げ、そしてその名をマリヤと名付けるように告げた。夫妻は大いに喜んだ。夫妻は生まれた子を神に献じる事を誓った。

予め言われたように二人に娘が生まれた。夫妻と人々は仁慈を顕された主を讃美し感謝した。マリヤが三歳になると、イオアキムとアンナは誓った通り、マリヤを神殿にささげた

生神女誕生祭 - Wikipedia

 

これが9月21日だそうです。

で気づいたのが、生神女誕生祭と、Mさんの名前が似かよってること。

生神女 誕生祭

しょう-しん-め(女)-誕生祭

しょう-そう-み-さき

 あらまぁ。事実なら、宗教に関係する闇の組織に「選ばれた」かもというのが、分かる気がします。

もっとも気になるのが、

・9月21日に

・夫妻は生まれた子を神に献じる事を誓った。

・イオアキムとアンナは誓った通り、マリヤを神殿にささげた

ここですね。

Mさん行方不明事件では、実際に捧げたのか、それとも誘拐によって無理やり捧げた形になったか、ですが。

 

 

 

個人的な結論

 

自分として導いた、道志村幼女行方不明事件の結論はこう。

 

・Mさんは最初からキャンプ場に、居たかの確証が希薄

・キャンプ場にいたとすると、誘拐のような計画的な線がつよい

・闇の組織に、何らかの形で身柄が移送されてる(生死不明)

・いろんな物事(山火事、作品)との関連付けに利用されてる

・悪魔的な宗教に関する儀式に悪用されてる可能性

・主犯は北関東連続誘拐殺人事件と繋がる(イルミ幼女趣味レイプ人食い集団の関与)

・居場所は以前は牛の刻方面だったかもしれない(今は不明)

 

まぁ、想像なんですけどね。同じ結論の人も、いますかね。カルト宗教がやってるなんて言う人は見かけましたが。

居場所を調べるなら、どっかの「悪魔崇拝で幼女趣味のカルト宗教団体」か、「そっち系のロリコンの偉い人」に聞くしかないですね。

聞いてみてくださいよ。

 

ところで、俺が盗撮やってる人の動画を見ただけで、そいつが俺をからかい出すっていう・・・悪魔的な行動ってイジメそのものです。😒

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ クリックお願いします。

 

足利の地下にあるかもしれない謎の秘密基地を探してる人

 

asyl

 

f:id:kl117cr233:20210305210233j:plain

 

足利といえば、思いつくのは足利学校渡良瀬橋の曲、みたいな感じですけども。

先日、足利の両崖山・天狗山あたりですごい山火事が起きた。パンを焼きつつ、山の焼け具合チェックしてました。

ところでネットでは山火事に関して、信じがたい奇妙な話があったりする。

要約すると、

「あの山火事はカモフラージュで、じつはどっかの正義の軍団が、地下の悪魔集団の秘密基地を攻撃してる状態」

みたいな。

 

悪魔の集団とは。

悪いイルミナティ、ディープステート、悪魔崇拝者、カバール、ショッカーとも呼ばれてます。

世界じゅうの地下施設で、幼児誘拐、レイプ、人食い。みたいなこと日常的にやってるらしい奴等。

集ストだいすき、盗撮、嫌がらせを四六時中やってる。

そんなアホな・・・足利の山にそんなショッカーみたいな奴等の、秘密基地なんかあるだろうか?

証拠出せ?まぁ写真も、ないですよね。

ところで、東京には地下の巨大なショッカーの秘密基地伏魔殿が、どんどん膨らんでるとか。戦前の施設から始まり、高度経済成長以降は新しくどんどん作って、いまや連結し深くなり巨大化してると・・・想像しています。

地下鉄や地下道の面積からしても、東京の地下に秘密基地があってなんにもおかしくない。

 

では足利という、地方都市にそれがあるか?と考えたら、ちょっとよくわからない。

しかし高速道路の長大なトンネルをシールドマシンで構築できるんだから、金持ちイルミナティ集団の予算があれば、不可能なんかはなさそう。

 

世の中、「そんなのあるわけない」が真実なのだから。そんなのあるかもしれない。

綺麗なバラにはトゲがあるのは、自然の摂理だから。綺麗な物の裏には、何か得体の知れぬ化け物が付いていることもある。

 

話は変わり、足利は足利学校があることで、むかしから知られた土地でした。

享禄年間(1530年頃)には火災で一時的に衰微したが、第7代庠主、九華が北条氏政の保護を受けて足利学校を再興し、学生数は3000人と記録される盛況を迎えた。この頃の足利学校の様子を、キリスト教の宣教師フランシスコ・ザビエルは「日本国中最も大にして最も有名な坂東のアカデミー(坂東の大学)」と記し、足利学校は海外にまでその名が伝えられた。
足利学校 - Wikipedia足利学校 - Wikipedia

 

フランシスコ・デ・ザビエル(1506年頃4月7日 - 1552年12月3日)は、スペインのナバラ王国生まれのカトリック教会の司祭、宣教師。イエズス会の創設メンバーの1人。

フランシスコ・ザビエル - Wikipediaフランシスコ・ザビエル - Wikipedia

 

おや、ザビエル率いるイエズス会が、むかしから足利に関与してたようで。

そうすると、なんか聖域が作られる素地はあったようで。

世の中には表面的な権力が、手を出せない聖域があるとか。それをアジールと呼ぶ。

アジールあるいはアサイラム(独: Asyl、仏: asile、英: asylum)は、歴史的・社会的な概念で、「聖域」「自由領域」「避難所」「無縁所」などとも呼ばれる特殊なエリアのことを意味する。 ギリシア語の「ἄσυλον(侵すことのできない、神聖な場所の意)」を語源とする。

アジールとは何? Weblio辞書

 

あれ、足利って、なんだかasylと読めませんか。

足利
asyl

聖域と呼ばれる何かが足利にあるのだろうか。

気になる要素が幾つかあるので、ちょっと俺の適当ポンコツな想像力で、行けるところまで掘ってみよう。

 


素通り禁止がなんか意味深

 

そういえば足利市では、近年にキャッチフレーズができて、定着してるらしい。

 

素通り禁止♥足利」

f:id:kl117cr233:20210305205919j:plain

 

この町は観光客に素通りされてしまいがちなので、素通りは禁止してもらうという発想らしい。

まぁ自治体ではよくある、地域活性化の前向きな政策らしいですけども。

 

でもなんか、おや?と思うものが幾つかみつかりました。

1・意味深なハートマーク

2・意味深な解説文

 

公式な説明によれば、

これは、「素通り禁止!」の「!」と「(道路標識の)禁止マーク」をかけ合わせてハートでイメージし、ポップさを表現しているのだとか。
また、ハート部分は足利の北部の山を表し、センターにある斜めのラインは渡良瀬川をイメージ。地形もこのマークのなかに込められているのだそうです。

禁止マークをハートでポップに表現した「素通り禁止!足利」のロゴ|ロゴストック (logostock.jp)

 だとか。

ハートは足利の山、禁止マーク、ビックリマーク。うーん、なんか立ち入り禁止された、危険な山、という感じが。

 

総合すると、「足利の山に地下空間が掘ってある」みたいな。そういう絵柄に見えてしまうし。

その山を見たひとは、みんなビックリする、聖域、秘密基地ということになる。

これ、足利の地下には悪魔の秘密基地がある、というネットの真偽不明な情報と、妙に一致してるでないですか。

 

しかも縦読みすると、

・禁足

・通止

 というふうに、禁足地(踏み込んでは行けない領域)や、通行止(入れない領域)という意味まで出てくるではないですか。

なんでそんな危険な場所なことをアピールするのか。

 

さらに解説文のほうも、地下の奥深くの空間を示唆するものでした。

 

f:id:kl117cr233:20210305200905j:plain

「素通り禁止! 足利」プロジェクトとは?|素通り禁止!足利|足利シティプロモーションプロジェクト (sudorikinshi.jp)

 

深い歴史があって・・・

奥が深くて一言では言い表せない・・・

足利への深~い愛・・・

こんなに「深い」を強調してるのと、「山にトンネルが掘ってある絵柄」は完全に「立入禁止の奥深い地下空間」という相互の関係ではないですか。

 

 

いまいちど

 

あの足利の山火事の画像を探してみると、へんなのがあった。

 FIRMSという人工衛星による火災検知だと、あの山がハート型に燃えてたのだが。

 

まぁ、全部偶然だろう。

俺の壮大な妄想が始まったと思って、足利ミステリーとして、活性化の助けにしてもらって構わないですけども。

しかし謎はまだ色々あった。 

 

つづく。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ クリックお願いします。

稲荷のおきつね様=アヌビス神説は真実に近そうな話

色々と調べたのですが、近年は稲荷神=アヌビス神説というのがまことしやかです。

ところで俺の人生、

幼少・色んな失敗に誘導されていく

10代・異常な不健康の発生とネガティブの泥沼

20代・ひきこもり定着し、あらゆる方面から集スト激化

30代・大勢からの嘲笑罵倒で絶望に追い込まれていく

40代・全貌が明らかに

たぶんこんな感じではないかと。

大勢から異常なほど、常時つきまとわれるということは。自己責任より、他者(DSイルミ集スト勢力)からの干渉(失敗誘導、集スト派遣され、監視され)で落とされてるだろうなと思うのですが。詳しくは以前の記事で。

 

 

アヌビス神と冥界🐺

 

f:id:kl117cr233:20210222010323j:plain

アヌビス - Wikipedia

 

冥界といえば日本では黄泉、根の国、奈落、地獄みたいな表現もされるところ。

黄泉大神という地獄の主、黄泉醜女という悪霊、雷神。集団ストーカーみたいな、ネガティブに引きずり込むやつらのいる場所です。

 

古代エジプトでは、その冥界を支配する神とされたのが、アヌビス神でした。

アヌビスはいわゆるジャッカル顔、犬顔で、半人半獣。あるいは完全なジャッカルの姿で描かれたり、座った石像になってたりしました。

エジプトでは死者を弔うのにミイラを作ってましたが、日本でいえば死者をみちびく仏さまのごとく崇められてたとか。

ミイラに関わる神様でした。

アヌビス 【Anubis

エジプトの神。死者の死体に香料を詰め、法廷に導き、心臓の重さを計ることなどを司る。像は狼頭の人の形。夏至の擬人化ともされ、医学の守護神ともする。

アヌビスとは何? Weblio辞書

 

古代エジプト

古代エジプトでは、紀元前3500-3200年のナカダ2期(Naqada II)には人工的な遺体の保存が始まっていた。ミイラ作りは来世・復活信仰と密接に結びついている。遺体の保存が来世の一番の保証とされた[15]。エジプト神話で豊穣をあらわす神であるオシリスはセトに殺害され、のちに妻のイシスや冥界の神アヌビスの助けによってミイラとして蘇り、冥界の王となったという伝説がある。このため葬儀やミイラ製作は、オシリスの神話にもとづいて行われた[16]。

ミイラ - Wikipedia

 

このオシリスとアヌビスの関係は、なんかグッと来るものがあります。

 

 

稲荷と冥界

 

白狐さまと呼ばれるきつねで有名な、京都の深草丘陵の伏見稲荷

全国に3万以上もある稲荷神社は、この伏見稲荷から始まりました。

もとは古墳時代に大陸から渡来した、秦氏が信仰した神だったとか。有力な説が、秦の始皇帝の末裔が、秦氏だったという説ですが。

もとは大陸の神といえ、瞬く間に日本を席巻し、江戸時代には日本一の神社数を誇るに至りましたけども。

ところで伏見稲荷は、冥界の入り口といわれたりしますね。昔から神隠しが度々起きていたなんていう話も。その象徴が千本鳥居という独特な飾り、そして稲荷山の存在でした。

 

伏見稲荷主祭神となってるのが稲荷大神です。

読んで字のごとくに「稲作」の神であり、食物神や農業神として豊作をもたらすというのですが。

じつは稲荷山は、もとは複数の古墳が集まる墓場で、一万以上の塚が集まった霊場だというのは知られたおはなし。

今も千本鳥居をくぐる観光にいけば、自然とお塚信仰ができてしまうようになってます。

先祖霊は古来より稲の豊穣をもたらすと崇められたとか。山の神・田の神となりて、稲作神、食べ物神になった経緯があったとか。

つまり元々古墳と霊魂に対する崇拝だったから、稲荷山と稲荷神社は冥界につながると言われてたんですね。

 

 

稲荷のきつね🐺

 

f:id:kl117cr233:20070907230857j:plain

Fushimi Inari-taisha - Wikipedia

 

稲荷のきつねは、稲荷大神の卷属として存在する、霊獣、白狐(びゃっこ)なんだそうで。

この白狐、妖怪の九尾の狐や妖狐と似たようなもので、日本では昔から妖狐、化け狐、野狐と呼ばれ、人に化けてたぶらかす、人に祟るとも信じられてました。

夜に見えた怪しい火、怪火、狐火は、狐の嫁入りだと言われてます。人に化けてるので、これも稲荷の発祥ではないかと。

そのルーツをたどるとどうやら中国の古代に行き着くようです。狐は古代中国で人に化けると言われていて、「封神演義」では千年狐狸精が妲己(だっき)に化けていたり、後漢の時代の禹王の妻は、九尾の狐だといわれてたりしました。

西王母は古代中国の道教の神でした。

日本でも弥生時代の銅鏡に四神と共にその姿が刻まれたものがあって、古代から大陸系統の倭人は存在を知ってたようです。

この西王母の卷属たる霊獣が、九尾狐と三足烏だったようです。この前ウェブサイトで見つけました。西王母の土地は崑崙山脈で、中国の秦のすぐちかく。

キツネとヤタガラスが語る楊貴妃信仰 (minomusi.net)

きつねとからすの取り合わせというのは、日本では稲荷の狐、熊野の烏と、神道つながりだったりしますね。要するに稲荷大神西王母、白虎が九尾の狐に対応してるみたいなものです。

 

 

アヌビスは稲荷だったか

 

稲荷神=アヌビス神説について。

見た目としても日本の白狐は、アヌビスそのまんま、という感じがする。ジャッカルかキツネか、黒か白の違いがあるだけで、色々と似てるようです。

それに加えて稲荷=INRI(キリスト)説というのもあるのですが。とりあえずアヌビスのほうから迫ってみます。

 

稲荷神とアヌビス神の類似

 

 

    アヌビス    稲荷

1神性 冥界(豊穣)  冥界(豊穣)

2動物 ジャッカル・犬 キツネ

3名前 anu、inpu    ina

4生地 葦原      深草

5包む ミイラ     米俵

6身体 オシリ     ケツ

・・・ちょっと変な要素も入ってますが、一個づつ解説します。

 

1神性

冥界のアヌビスとワンセットになっているのが、冥界の王オシリスでした。オシリスは元々は植物と豊穣の神で、死んで冥界の神となったとか。

それに対して稲荷の白虎は、稲荷山という冥界の守護であり、稲荷大神は稲と豊穣の神様であるので、ほぼ完全に一致してたりする。

アヌビスは「自ら山にいる者」であり守護神だったので、まさに稲荷山にいる守護神の白虎とおんなじでした。

 

2動物

アヌビスは犬に似たジャッカル、あるいは犬で、稲荷の白虎はきつねでした。

稲荷大神は稲荷オオカミなのだとすると、なんかジャッカルやきつねっぽいです。

日本列島にはジャッカルがいないので、きつねやオオカミが代用されたようです。

 

3名前

anuに対してinaなのでなんとなく似てるようです。

エジプト語ではinpuだったので、inが一致。

 

4生地

アヌビスは生まれてすぐ葦の茂みに隠されてしまったとか。葦原がこの神の住まう場所でした。

一方で稲荷の白虎は稲であり、田んぼの稲は葦原のよう。

伏見稲荷のある場所は、大字「深草」なのでこれも葦原に関連づきます。深草なだけに、不確実ですけども。

 

5包む

アヌビスはミイラを作るのに対し、稲荷は米俵を作るもの。

なんか「包みこむ」動作も似てる。

神話によると、稲(米)は、月読に殺害された保食神(うけもちのかみ)の死体から発生したとされる。

ミイラ(包まれた死体)と、米俵(包まれた米)。無関係じゃなかったわけです。

 

6身体

日本では古来よりきつねはケツ、キツで、いまも京都や大阪では「けつね」だったりしますね。

一方アヌビスは、豊穣の神で、冥界の王オシリスに仕える存在。

エジプトのオシリと、日本のケツの繋がりは、あるのかもしれないです。(^o^)k2

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

といった風に、アヌビスと稲荷の白狐はよく似てる感じしました。

ところで、アヌビスも稲荷も死者に関わるという性格があるから、人を生け贄にして捧げる悪魔崇拝との関係はどうなのか?と考えてしまうところ。

何しろ稲荷は民間では祟るなんていう都市伝説も多いし、むかしから神隠しが多いなんていうのも、なんか怪しげ。

しかしきつねが「邪気を払う」といわれてます。神社の祭神稲荷大神からは、別に邪悪な気配は感じられなかったり。

元々純粋な「先祖霊信仰、食べ物の神様で、商売繁盛の神様」で良いとは思うのですけども。果たして。

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ クリックお願いします。