たっちゃんの古代史とか

誰も知らない日本とユーラシア古代史研究。絵も本も書く。闇の組織に狙われてるアマ歴史研究者。在宅お仕事中。

隋書に登場する秦王国の場所解っちゃったんですけど

 

日本史上でずっと謎の土地といえば、秦王国が知られてたりします。

 

「隋書」で隋国が倭に派遣した官吏(使者)の裴世清(はいせいせい)が言うには、「其人同於華夏(その人(秦王国)は中国文化とまったく同じであった」と。

当時は遣隋使、遣唐使が中国と往来した影響で、大和朝廷を中心として日本には中国文化が浸透していました。「日本書紀」や奈良の神社仏閣などの建築物からも見てとれますが。全国の主要都市の施設は、この頃から唐風になってたとか。

・・・それはともかく、果たして秦王国とは、どこなのかと。

 

秦王国

 秦王国(しんおうこく)は、『隋書』に倭の地域にあったとして現れる国または土地の名称。

概要

秦王國は『隋書』の「列傳第四十六 東夷 俀國」に現れる。遣隋使が持参した俀国(倭国)多利思比孤(『隋書』では多利思北孤)から隋の煬帝へ宛てた国書に現れる「日出處天子(日出る處の天子)」の文章の直後に記述されている。主に、中国地方西部[1]に比定されている。

 

明年 上遣文林郎裴清使於俀國 度百濟 行至竹嶋 南望聃羅國 經都斯麻國 迥在大海中 又東至一支國 又至竹斯國 又東至秦王國 其人同於華夏 以爲夷州疑不能明也 — 隋書 列傳第四十六 東夷 俀國[2]

 

不詳であるが、松下見林は厳島とし、山田安栄は周防の音を秦王に写したとする。山陽道西部にあった秦氏の居住地とも関係あるまいか。『新訂 魏志倭人伝後漢書倭伝・宋書倭国伝・隋書倭国伝 中国正史日本伝(1) 石原道博編訳 岩波文庫』P72

秦王国 - Wikipedia

隋書では「倭国」ではなく、「俀(タイ)国」となっているんですよ。不思議ではないですか。

これは古田武彦説によると、大倭を「大(タ)倭(イ)」と読んで、俀(タイ)の一字で表しているということです。そうなんだろうか。

個人的な見解ですが、遣隋使として有名な小野妹子(蘇因高)が、隋皇帝に「日出處天子致書日沒處天子無恙云云」と発言した件がありましたが。これが影響しています。

隋の皇帝が不快感をあらわにし、「大きな倭」とは書かせず、わざと俀という間違った漢字にされちゃったの鴨・・・。

 

日本書紀」を見れば、

日本書紀」原文[推古十五年=607]、秋七月戊申朔、庚戌、大礼小野妹子を大唐に遣わし、鞍作福利をもって通事となす。・・・・・十六年(=608)夏四月、小野妹子、大唐に至る。・・・即ち大唐使人裴世清・下客十二人、妹子に従い筑紫に至る。・・・・六月壬寅、丙辰、客等難波津に泊す。・・・・・秋八月辛丑朔、癸卯、唐客入京す。壬子、唐客を朝廷に召して、使旨を奏せしむ。・・・・時に使主裴世清、親書を持し両度再拝し、使旨を言上して之に立つ。その書に曰く「皇帝、倭皇を問う。・・・・朕、宝命を欽承し、区宇に臨御す。・・・・皇、海表に介居して、民庶を撫寧し、境内安楽、風俗融和、深気至誠、遠く朝貢を脩むるを知る。丹款の美、朕嘉する有り。・・・・故に鴻臚寺掌客裴世清等を遣わして稍く往意を宣す。并て物を送ること、別のごとし。」・・・・九月・・・則ち復た小野妹子を大使となし・・・唐客に副して之を遣わす。爰に天皇、唐帝を聘う。その辞に曰く「東の天皇、敬みて西の皇帝に白す。使人鴻臚寺掌客裴世清等至りて、久しき憶い、まさに解けぬ。・・・」と。

隋書タイ国伝

ここにある「唐客入京す」を見れば、裴世清らが日本の首都(京)に入ったとわかるんですが。

隋書にでてきた秦王国というのは、日本書紀にはどこにもないですね。裴世清はどこを指して秦王国と言ってるのか、まったくわかりません。

 

 

順路を比較してみる

 

f:id:kl117cr233:20211011074953j:plain

飛鳥浄御原宮 - Wikipedia

 

小野妹子や裴世清の頃、日本の都は大和国(奈良)の、飛鳥京でした。飛鳥京といえば飛鳥寺、亀型石造物、石舞台古墳など見どころありますけども。

すなわち唐客こと裴世清がたどり着いた場所は、飛鳥京のあった奈良と見ていいと思うのですが。

しかしどうも歴史研究者は、山口や広島の方面を想定したようです。果たしてどうだったか。「隋書」と「日本書紀」の順路を比較してみます。

 

隋書を見れば裴世清は、

 經都斯麻國(対馬) 迥在大海中 又東至一支國(壱岐) 又至竹斯國(筑紫) 又東至秦王國

というふうに、西からどんどん東へ向かってます。

一方で日本書紀を見れば、

即ち大唐使人裴世清・下客十二人、妹子に従い筑紫に至る。・・・・六月壬寅、丙辰、客等難波津に泊す。・・・・・秋八月辛丑朔、癸卯、唐客入京す。

とあり、同じく西から東へ。筑紫を経て、大阪の難波津を経て、大和の飛鳥京へ至ってます。

6月に筑紫、8月に入京と、2ヶ月をかけて移動しているようです。これは近畿の大和までの、陸路か水路での日数と考えると違和感はないです。

ルートはまったく同じですが、日本書紀のほうには秦王国は出てこないわけですね。

しかしこの秦王国の場所を紐解くには、大倭が「タイ」と呼ばれたのとおんなじようなカラクリを考えてみるとよいです。

 

 

秦王国は大和国だった

 

まず秦という字は、訓読をすると

はた、たい

などです。秦=たいは、大倭が俀(タイ)になってるのと整合した読み方です。

秦 たい

俀 たい

歴史的に秦に「たい」という読みがあるのは、俀の字が影響していそう。

 

王は

おう、わう

中国では、わん

現代人は「おう」読むのですが、昔の人は「わう」とか言ってました。これは古代から大陸では王をワンと読んだ影響が残った読み方。

 

つまり秦王とは読み方を変えると「たいわう」なんですけども。

一方で大和は読み方を変えると「たいわ」なんですよ。もうわかりましたね。

 

秦王国 たいわうこく

大和国 たいわこく

発音がほとんど一緒になる。これは無視できないところ。

f:id:kl117cr233:20211011082833j:plain

秦王国とはおそらく大和国の発音や意味から捩(もじ)ったものである、というのは感じ取れました。

裴世清はたぶん、

「ここは大和だな・・・まるで秦のような国だな・・・大和はダイワ、タイワだな・・・秦はタイの読みがあるな・・・大和(タイワ)を秦王(タイワ)として表してやろうw」と考えていたのかと。

この名称のせいで、混乱が生じることを知ってかしらずか・・・。

当時、倭王天皇)が居る場所といえば奈良の大和の飛鳥京であり、中国文化の影響が色濃く秦人がいるような場所の最たるものは、大和の飛鳥京ではなかったですか。

それも含めて考えると、秦王国とは大和国であり、漢字を入れ替えてあるだけだったと。

いうことで、しっくり来る感じです。

 

 

他の仮説も

 

ただ、バカなりに考慮を重ねると、別の仮説も用意しています。

それは当時の秦王国こと大和は、九州の福岡の筑後平野にあったんではないか、というものです。これは安本美典説ですが、あの付近は奈良とまったく同じ地名が揃っているので、邪馬台国があったと推定されています。

だから秦王国は、その付近馬台国の付近かとも考えたりもします。当時は邪馬台国筑後平野の第1から奈良平野の第2に遷都したと考えられます。しかし九州のほうの邪馬台国跡地は、飛鳥京平城京の時代も離宮みたいな形で存続していた可能性があります。

邪馬台国が2ヶ所あったので、2つの土地までの日数と行程を融合してしまったようす。その結果現代に至るまで、魏志倭人伝邪馬台国の場所特定の難しさに繋がってるようです。

そしてもしかすると秦王国は、九州の大分中津の、宇佐神宮の前身となる薦(こも)神社のあたりかとも考えます。あそこは大陸から渡ってきた秦氏が、最初に拠点をもったところ。秦氏の拠点だから秦王国、というのは外れてない発想です。

まぁ、いまのとこ、本命は奈良の大和国で良いと思っております。

 

秦王国の場所の推定

◎ 奈良の大和国飛鳥京

△ 福岡朝倉の邪馬台国

△ 大分中津の薦神社

 

 

天乃屋 歌舞伎揚瑞夢えび味 8枚入×12袋

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それにしても最近は疲れがひどく、隣の居ないと言いながら居るオバケ一家の盗撮叩き妨害も酷く、集中力もない。仕事に応募しても受からないし、収入が途絶えてる。もうとっくに普通の人生を諦めた。

この魔物にいいようにおもちゃにされる地獄みたいな人生、どうにかならないものか。せめてブログと芸術活動は続けて、仕事になればいいとは思ってるけども。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

壱与(壹與)の名は女王の生き様と正体をあらわす

 

壱与について思いついた話。

ほんとは自分のアホみたいな人生の真相究明について書こうかと思ってたのだが、それはまたこんど。

 

 

女王卑弥呼を受け継いだ壱与(台与)

 

f:id:kl117cr233:20210929071323j:plain

ウィクショナリー 

 

いわゆる「魏志倭人伝」では、壹與の文字が使われていました。

また後に登場する「梁書」の倭人伝を見れば、臺與(台与)の字が使われていました。

 

・壹與(壱与) 魏志倭人伝

・臺與(台与) 梁書倭人

 

壱与(壹與/いよ)から受ける印象

・壱与だけに、いよいよ新たな女王が始まるみたいな期待感

・イヨーッ!とかいう、意味不明な盛り上げ用の掛け声の元祖

・四国の伊予国愛媛県

・太陽の女神(太陽→タイヨウ→イヨウ→壱与)

 

台与(臺與/とよ)から受ける印象

・九州の豊国(大分県

・太陽の女神(太陽→タイヨウ→台与)

 

古代の人物は、名前に出身地などが入ってる感じもあるのですが。これは崇神天皇を始めとする、古代の皇族でも同様の特徴。

壱与なら四国の伊予国。台与なら九州の豊国です。

そして伊予の壱与が、いよいよ女王に担がれるみたいな、期待感を感じられる壱与という名。あるいは太陽信仰の女神ということで、タイヨウと掛け合わせた名が、イヨ・台与(タイヨウ)だったのかもしれないと思ったりします。

考えてみれば、現代でも使われる「イヨーッ!待ってました」みたいな、イヨーッ!という意味不明な掛け声も、壱与が擁立されたときに始まってたらどうしますか。

 

そしてどうして壱与が、卑弥呼の後継者として選ばれたかを考えてみるのですが。卑弥呼との名前の一致は、たしかに無視できないポイントです。

卑弥呼

弥=いよいよ、呼=よぶ

弥=い、呼=よ

壱与=いよ

こういうことでした。壱与は卑弥呼の「弥呼」の部分の音が似通っていることから、後継者として重視されているようです。あるいは似せて命名しているのか。

するといずれにしても、台与ではなく、壱与のほうが正解ということに。

 

 


女王の生き様を表す漢字

 

漢字を詳しく調べると、壱与の生き様が示されているような印象です。

 

・壹(壱)

壺中にあるものが発酵して、中にみちる状態をいう。

意義

ひとつもっぱら(一つの事に集中する。一つの事を主とする。)数字「一」の大字。

 

音読み 呉音 : イチ 漢音 : イツ

訓読み ひとつ、い

壹 - ウィクショナリー日本語版

 

・臺(台)

字源

会意。高の省形と、至とに従う。高上に標木として木を樹てた形である。土+高+至。

意義

土を高く積んで人が来るのを見張るための物見台。

 

音読み 呉音 : ダイ 漢音 : タイ

訓読み うてな、しもべ、つかさ、ゆろこぶ、われ

人名読み だい、もと

臺 - ウィクショナリー日本語版

 

・與(与)

字源

会意形声。「与」+音符「舁」、「与」はものがかみ合っている姿を意味し「牙」の原字に共通。「舁」は四方から手を差し伸べものを担ぐ様。

1.(漢文)助字。 接続詞。~と 方今天下所苦、軍事與造作也。停此兩事、百姓安之。(今、天下の人々が苦しんでいるのは、蝦夷平定と平安京建設です。この二つを止めれば皆安心します。『日本後紀』卷第十三) 文末に置いて疑問文を作る。乎などと同義。 2.(漢文) ともに。→ 例文

3.あたえる。

 

音読み 呉音 : ヨ 漢音 : ヨ

訓読み あた-える、あずか-る、くみ-する、ともに

與 - ウィクショナリー日本語版

 

壱(壹)」は壺の中に発酵したものが満ちている状態だそうで。もしかすると食べ物や酒などを納める壺を、神器としたのかと。

壱与の中には只者ならぬ、霊力、神通力が蓄えられていたのかと。

それにしても、壺の中に何かが満ちているのは、開けてびっくり玉手箱を想起しますね。

第三代の安寧天皇は、その諡号磯城津彦玉手看尊(しきつひこたまてみのみこと)と言いました。玉手箱を見た天皇だったようで、竜宮城へ行って玉手箱をもらった浦島太郎は、安寧天皇と同一だった説があります。

もしかすると壱与は、玉手箱ことマナの壺を、受け継いだかもしれないと想像していますが。それが壱与の壱の字で、表されているであろうと。

その壺の形は不明ですが、箸墓古墳などの前方後円墳で形状を表しているのかもしれないです。

古墳がもともと、イスラエル三種の神器マナの壺を模したという話は、ムーの本にもありました。マナの壺とは、マナという天から神が降らす食べ物を入れる容器なんだとか。ひょっとして、壱与の壺はマナの壺だったのか・・・?

 

台(臺)」は壹と似てますが、これは高く積み上げた物見台だそうで。邪馬台国にもあったらしい、櫓(やぐら)と言って差し支えないかと。字源を見ると、土+高+至とあるので、これは地面の平民から女王という高御座に至った、壱与の生き様を表すよう。

 

与(與)」はものがかみ合っている姿で、四方から手を差し伸べものを担ぐ様だそう。これにより、あたえる、くみするといった意味になってました。女王壱与は、卑弥呼の死後、倭の諸国が満場一致で担ぎ上げられた、そんな想像ができる存在です。

 

壱と組み合わせると、「神輿に担がれる壺」が壱与であると。そんなイメージと重なってきました。

 

 

崇神天皇に封印された卑弥呼と壱与

 

個人的に卑弥呼と壱与の習合が、男装した崇神天皇と考えています。その理由は幾つかありますが、

日本書紀天照大神は男装しており、卑弥呼と壱与も男装したと見られる

神功皇后には、卑弥呼と壱与の事績が合わせられている

日本書紀を見れば、なぜか神功皇后の事績のなかに、卑弥呼と壱与の名が入っている。すると飛鳥時代の頃は、神功皇后こそ、卑弥呼と壱与の習合と考えられていたようだ。しかし神功皇后条に登場する新羅王などは、4世紀の人物であるから間違っている。モデルになった天皇が、神功皇后に近い時代にいたのでは)

崇神天皇太安万侶編纂の古事記で「后」と女性あつかいである

崇神天皇の子供の名を見れば、市や豊の字。イチ、トヨを受け継いでいる

 

と色々あるのですが、詳しくは過去記事で。

 

崇神天皇諡号は、御間城入彦五十瓊殖天皇(みまきいりひこいにえ)、御眞木入日子印恵命、御肇國天皇(はつくにしらすすめらみこと)、美萬貴天皇などがあります。

この中から卑弥呼の要素を導き出すと、

御間城 mi-ma-ki

美萬貴 bi-ma-ki

卑弥呼 hi-mi-ko

というふうに母音、子音の一致が見られます。さらに美萬貴を濁音で読んだ場合のビマキは、妙にビミコっぽくて、ヒミコに似てくるではないですか。

 

さらに御眞木入日子印恵命を見れば

日子印→日印子

(印・弥=古代の公用印の意味)

日-印-子

卑-印-呼

hi-mi-ko

卑弥呼の弥は古代の公用印のこと。卑弥呼が魏の皇帝から金印紫綬をもらったことの、反映かと見られます。卑弥呼を書き換えれば、卑印呼。

御眞木入日子印恵命には、日子印が含まれ、並び替えると日印子。一致してるではないですか。

 

このへんでヒントが与えられてます。

しかし飛鳥時代の当時、皇族や豪族の間では、崇神天皇卑弥呼と断言できるだけの情報源がなかった。だから漢字で卑弥呼に音を似せたり、后の字で表すだけに、留めたと考えられるんですよ。想像ですけども。

上記は電子書籍のほうにも書いてあるので、読んでみてください。

 

 

壱与の名を崇神天皇から導き出す

 

そしてもう1つの、新しい発見。

崇神天皇諡号には、卑弥呼だけでなく壱与まで隠されてるというものです。崇神天皇諡号から導き出してみます。

重要なのは、昔の倭人は漢字の字源をふくむ意味と、発音を重視したこと。だから音や意味が壱与(iyo)と合っていれば、それは意図的と見ていいかもしれません。

名   訓読  別の読み   意味の一致

御肇國 ハツクニシラス mi-jo    肇(はじめ)=壱番

印恵  イニヱ イイェ i-ye  恵=与える与えられる

壱与  イヨ  i-yo    

f:id:kl117cr233:20211002080738j:plain

 

御肇の場合、御はmiと読むと壱与のイの音が出てくる。

さらに肇(はじめ)は壱番のことではないですか。漢字の意味あわせているんです。

印恵は印=イ、恵=イェ(iye)でイヨ(iyo)に似てくる。

(恵=ヱの音は、ウェというよりはイェ。ya-yi-yu-ye-yoのye)

恵というものは、あわれみ、なさけをかける、恩恵などの意味。そして天の恵みは人に与えたり、与えられたりするもの。

そんな意味でも、壱与の与えると掛け合わせてます。こうした一致点は無視できないかと。壱与で妄想が膨らみました。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

 

箸にまつわるペルシアと箸墓のはなし

どうも、いつものバカです。

 

 

箸墓は壱与の墓だと考えていましたが

 

f:id:kl117cr233:20210925053623p:plain

ネコ - Wikipedia箸墓古墳 - Wikipedia

 

先日箸墓古墳についてのヌースが出てました。

奈良県箸墓古墳は全長280mにも達する巨大古墳で、日本でも歴史的にも規模としても指折りの遺跡です。

倭迹迹日百襲姫命大市墓という名がついてたりする通り、百襲姫命の墓所説が本命視されてます。それは日本書紀に箸墓についての記述があり、倭迹迹日百襲姫命が葬られたと書いてあるから。

百襲姫命は「魏志倭人伝」に登場する女王卑弥呼と同一人物説が根強いこともあって、箸墓は卑弥呼の墓としても有力視されてます。ということで事実上は、埋葬者の確定に至ってません。

とは言え築造の年代は、西暦280年ころだとの調査が出ているとか。というわけで西暦250年以前に没した卑弥呼の墓にしては、ちょっと時間が空き杉。

というわけで、箸墓古墳卑弥呼の後継者である、女王壱与の墓所なのではないかという説もあります。

 

ところで以前に「封印された叡智の回復」を書きました。あれ、執筆が止まってしまいましたが、やる気と命が続けば続きを書くとは思いますけども・・・。

あの本では、壱与の墓所箸墓古墳であることを前提として、はなしを進めていました。

その根拠は前方後円墳には出身や出自や名前を示す矢印の役割があり、前方後円墳の中心軸線や造出しの中心線の先に、壱与の関連地名が並んでいていることが最大の要素です。

また大市墓の市が、女王壱与の壱と音が同じであること、築造年代が壱与の時代であることなどを根拠にしました。詳しくは拙著で。

 

 

箸墓の箸とは

 

この古墳は昔から箸墓と呼ばれていたらしく、「日本書紀」を開けば崇神天皇条にその名が見つかります。

名の由来は倭迹迹日百襲姫命が蛇に驚き、箸がアソコに刺さって死んだことにあるとか・・・。普通そんな死に方はないと思うので、殺された説も考えられます。

それはともかくとして、この時代にはすでに箸という食事の道具が倭国には存在してたらしい。

箸の起源は古く、中国では紀元前10世紀以前の殷王朝から始まっていたとか。当初は麺を食べるために始まったらしい。殷の王様はラーメン大好きだったのか。

竹冠の箸という漢字が登場したのは、中国の紀元前5世紀頃の戦国時代のコロだとか。竹冠に者が付いていて、竹が箸の素材をあらわす形声文字で、者と発音したことが元になっていました。

箸の音は日本語ではハシですが、元の漢字の音はまったく違います。

 

訓読:はし

古訓:ふぁし

呉音 : ジョ(ヂョ)、ジャク(ヂャク)

漢音 : チョ(表外)、チャク(表外)

 

箸 - ウィクショナリー日本語版

はし - ウィクショナリー日本語版

上古の大陸では「チョ、ジョ」みたいな名で呼ばれたようです。正確にはちょっと違っているかもですが。

そういえば日本語は、上古のころは50音どころか80音もあり、破裂音や拗音がもっと豊富だったとか。

ふぁの音は破裂音の「ぱ」に転訛しやすかったらしいです。だから平安時代のコロまでは、大和言葉(訓読)の箸ははしではなく、「ふぁし」であり、「ぱし」でありました。江戸時代になって、はしで定着していたようです。

日本では箸は弥生時代から使われだしたらしく、大陸から渡来した人々がもたらした利器でした。

つまり箸を「ふぁし」と呼び出したのは弥生時代です。

 

 

箸はなぜハシ?

 

ところでこのはし、同音異義語が幾つかあるのですが。橋、端、走、階、梯、犇、梁、赱など。なんか関係するのだろうか?

箸はなんでハシなのか?と考えれば唸りますけども。

そういえば、手に掴む時の擬音に、「パシッ」というものがある。なんか手に箸を持つ時に、パシッとした感じがするし、古代式に言えばファシッとした感じで、しっくりと来ていたのかもしれないです。

または、あれです、箸で食べ物を掴むことは、言い換えれば「挟む」ではないですか。挟むのハサと、ハシ。この類似する音感は無視できないところ。つまり箸は挟む用法だから、ハシと呼ばれたのであると。妄想が膨らみます。

 

 

ハシ墓はペルシア墓なのか

 

この他に箸の同音異義語に、「波斯(はし)」という古語があります。これは古代の中国で、ペルシアを表している2文字です。今でも中国人は、イラン人を波斯人と呼んでるとか。なんでこれがペルシアなのかと言うと、

波=per

斯=si

ということで古代のパールサ、ペルシアという音に、漢字を当てて波斯なわけですが。これは3世紀の中国の三国時代から使われていたらしく、歴史が長い。

はし【波斯】(「波斯国」の略)中国の六朝・隋・唐時代におけるササン朝ペルシアの呼称。のちにペルシア地方の汎称。

「波斯」の検索結果 - 広辞苑無料検索 日本国語大辞典

いまのイランのファールサ地方が、ペルシアの語源になった土地だということで。ファールサというのはファが使われているので、むかし日本語でハシを、ファシと呼んだのと妙に一致してます。

 

世の中には、箸墓とは、波斯墓であったといった解釈をする人もいます。

要するに古代の箸墓古墳みたいな巨大古墳は、ペルシアとかあちらの技術を用いて築造されたものだと。

イラクのジッグラトや、エジプトのピラミッドみたいなものがありますが。東アジアの巨大な墳墓は、まさに中東の方面の方式であるとしたら、古代人は波斯墓だと呼んだかもしれないです。

すると箸の語源は倭迹迹日百襲姫命ではなく、古代ペルシアに起源があると言う感じになってしまうのですが。

もし箸墓が波斯墓だとすれば、箸の語源に関わっていないのだろうか?と考えてしまいます。

BC10世紀以前 殷で箸が登場する

BC9世紀頃 中東にペルシア人が登場する

BC?世紀 倭に箸が持ち込まれる

AD3世紀頃 中国で波斯が使われだす

AD3世紀頃 卑弥呼の時代に倭人の古墳技術が向上

AD247年頃 倭迹迹日百襲姫命が箸の事故で死亡

AD280年代 箸墓古墳の築造

(女王壱与の墓であるが、倭迹迹日百襲姫命=女王卑弥呼と混同された)

紀元前の箸の登場とペルシア人の登場が最初にあり、その後倭に箸が普及した。

注目したいのは、中国で波斯が一般名詞となった時期と、倭迹迹日百襲姫命が箸で死亡し、箸墓がつくられた時期は同じころであること。

ということで、箸がはし(ふぁし)と呼ばれるのと、倭迹迹日百襲姫命と箸墓は、無関係ではない気がしました。

 

そういえば箸墓古墳は上空から見ると前方後円墳で、150mの巨大な円がつくられてるわけですが。これ、適当に線を引いて積み上げたらひしゃげた楕円になってしまいますが、正確な円になってます。

要するに円墳を作るときは、コンパスの原理が使われてるのが真相です。

まずだだっぴろい土地を整地して、平らにするところからです。そしたら2本の棒と長い縄を用意する。古墳の計画地の中心に棒を立て、長い縄を結びつける。そこからまっすぐに縄を伸ばし、先端に棒を取り付ける。中心の棒を支点とし、縄の先端を作用点とする。縄をピンと張った状態で、人がぐるっと円を描く。このときに地面に棒で印を付けながら歩く。するとコンパスの原理によって、巨大な真円が描かれる。こうして地面に円墳の設計図を描けるというわけです。

f:id:kl117cr233:20210925061436p:plain

定規とコンパスという設計・建設のアイテムは、実は弥生時代にはすでに使われてました。そうじゃないと巨大古墳の真円、直線、直角、左右対称などは描けないわけで。

箸というのも2本の棒であり、手に持つとなにか古代の簡易なコンパスのようではないですか。

箸が波斯でペルシアの技術なら、きっとこうした設計と建設のアイテムもいっしょに導入されたような気がします。ちょうど卑弥呼の時代から、日本の古墳技術が向上しているわけで。

2本棒のコンパスが波斯人から伝わり、箸がコンパスに似てたから、はしになったのかも。それでもおかしくない感じがしました。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

 

日ユ同祖論を解くカギとなる古代筑紫の恪勒国 

どうも、人生酷い目にしか合ってないらしい、たっちゃんの古代史研究室の管理者です。レタッチ仕事決まったかと思ったら、まだでした無念。

それにしても近頃イスラエルは、ワクに関連して悪を先導してるとか、陰謀が全開なようです。しかしかの国にも、政府に反発する人が大勢いる。だからあの国も世界と同様、人々の生き方が分裂してるようで。まぁ闇が深いと言っても古代イスラエルの物語は魅力的。古代史の探索と妄想は悪いことじゃないです。

それにしても最近も俺に盗撮や嘲笑や拷問など、ネガティブを与える者がいるのは相変わらずな様子。しかし何か俺をイジメることを、自制する人が増えてるのは気の所為だろうか・・・。

 

 

筑紫の謎の地名「恪勒国」を知ってるだろうか

 

筑紫にかつて恪勒国があったと聞いても、たぶん知る人は少ないです。

そもそも低学歴じゃ、読めなかった。かくろく国

いえこれは「恪勒国(いそろ国)」。いそろカツオがいそうです。

 

今やもう出回ってない「九州の山と伝説」は伝説的歴史本ですが、そこに以下のようにあり。

五十迩手(いとて)

釈日本紀』の第八仲哀天皇紀に曰く、天皇熊襲を討たんと筑紫に行幸の時、筑紫野伊都県主(あがたぬし)五十迩手は天皇行幸を知り、五百枝(いほえ)の賢木(さかき)を船の舳(とも)に立て、さきの枝に八尺瓊(やさかに)をかけ(中略)天皇征途を祝した。

天皇が五十迩手をほめ、伊蘇志とのべられたので時の人は五十迩手のもとの国を名付けて伊蘇志という。いま伊都というは訛(なまり)なり。(中略)

筑前国風土記』には、五十迩手は高麗国の意呂山から天降りし日桙(ひぼこ)の苗裔(子孫)なりと述べる。(中略)

次いで天皇、五十迩手をほめて、恪手(いそて)と宣う。五十迩手の本土を恪勒国というべし。

「九州の山と伝説」(著者天本孝志)p173

 

五十迩手。伊都県主、伊蘇志、恪手、恪勒国。新羅のヒボコの子孫。

いま糸島市になってるあたりが伊都国でしたが。本来は伊蘇志だったとか。伊都国の情報も見といたほうがいいです。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「伊都国」の解説

伊都国 いとこく

邪馬台国をはじめ 30ヵ国あまりからなる倭国連合の一つ。「魏志倭人伝」の記事に名が見え,この地には諸国を検察するための一大率(いちだいそつ)と呼ばれる地方官が置かれた。彼らは朝鮮半島諸国や魏の帯方郡との外交にもあたった。場所は福岡県糸島市の怡土にあたる。

伊都国とは - コトバンク

伊都国には、一大率が置かれてました。今で言うところの外交官や入管やkさつ、あるいは戦時中の憲兵をあわせたような組織だったのか、人々に畏れられたとか。

そういえば中部の三重県の伊勢のお隣は志摩ですが。糸島半島にも志摩町がありましたので。伊蘇志摩の地名が、三重の伊勢志摩に移されてるかと思われます。

これは天照大神が、大和から伊勢に移されたという日本書紀の話と整合するところ。そうするとやっぱり日本書紀崇神天皇条にでてくる大和は、北部九州であるようです。

 

 

恪勒と五十迩手と弥勒ミスラ

 

なんで恪なのか。こんな当て字的な漢字を、使う必要があったのかと考える。

すると漢字の意味を重視して、合わせたことは明らかです。

勒は弥勒(ミスラ、ミトラ、マイトレーヤ)をあらわす漢字。ミスラの起源は中東イランのほうです。

 

f:id:kl117cr233:20210922043345j:plain

ミスラ(Miθra)は、イラン神話に登場する英雄神として西アジアからギリシア・ローマに至る広い範囲で崇められた神。インド神話の神ミトラ(मित्र mitra)と起源を同じくする、インド・イラン共通時代にまで遡る古い神格である。その名は本来「契約」を意味する。

ゾロアスター教のミスラ

ミスラ(右側)ミスラは司法神であり、光明神であり、闇を打ち払う戦士・軍神であり、牧畜の守護神としても崇められた。古くはアフラ・マズダーと表裏一体を成す天則の神だったが、ゾロアスター教に於いてはアフラ・マズダー絶対神とされ、ミスラはヤザタの筆頭神に位置づけられた。このような変化があったものの、「ミトラはアフラ・マズダーと同等」であることが、経典の中に記され、初期の一体性が保存された。中世の神学では特に司法神としての性格が強調され、千の耳と万の目を以て世界を監視するとされる。また、死後の裁判を司るという。

ミスラ - Wikipedia

たぶん五十迩手や恪勒国が、あちら方面に関係することを表してるのでは、と想像します。

この契約の神ミスラが、記紀神話スサノオと契約する天照大神の大元であることも明らかです。

また、五十迩手が新羅のヒボコの後裔で、金官伽耶首露王の妃がインドのサータヴァーハナ朝から来た伝説があるのですが。こうした話を見ても、五十迩手が弥勒の本拠のほうに縁があるという話と、妙に整合してる。

 

じゃ「恪」てなんだろう、と調べてみると。

デジタル大辞泉「恪」の解説

[音]カク(漢) [訓]つつしむ きまじめに身を持する。「恪勤(かっきん・かくごん)・恪守」 [名のり]たか・つとむ・つむ

恪とは - コトバンク

つつしむ。きまじめ。2字あわせて恪勒。

これは五十迩手がきまじめだと褒められたことに、関係するかと。あとは弥勒ミスラが光明神であり、闇を打ち払う戦士・軍神であることと関係するだろうか。

 

 

磯野家の謎 Kindle版 東京サザエさん学会  (著)

 

 

 

古代中東・イスラエルとの関係

 

恪勒がイソロだと、あの国を思い浮かべました。

恪勒(isoro)

イスラエル(israel)

i-so-ro

i-s - rael

似てますね。福岡にこんなイスラエル的な地名があったのです。

偶然と言われてしまいそうですが、たぶん偶然じゃないです。恪勒とイスラエルを、古来より関連付けてる。関連すると言うには、根拠があります。

 

・ミスラがイラン発祥で古代ローマ帝国でも崇められたこと

古代イスラエルのあたりは、紀元前2世紀頃から7世紀に至るまで、ローマ帝国に統治されていました。つまり古代のイスラエルでも、日本同様にミスラ(弥勒)は崇められてたのです。日本とイスラエルはミスラ信仰でもつながってましたが、これはヨーロッパから日本まで全体なので、ミスラの人気が凄かったらしい。

 

・古来日本列島がユーラシア大陸の雛形であったこと

過去記事でも頻繁に取り上げてましたが、九州が中東で、近畿が中央アジア新疆で、関東が東アジアです。

これが古代における日本大陸雛形論の、じぶんなりの解釈でした。

筑紫       ツロの紫(フェニキアの色は紫)

筑紫(チクシ)  チグリス川(チグース→チクシ)

由布(ユフ)   ユーフラテス川(由布ラテス)

白日別(シラヒ) シリア(白日訳は福岡の古名)

白日       バビロン(白日ロン)

佐賀(サガ)   サカ、イッサカル

肥国(ヒノクニ) フェニキア(フェニキニ→ヒノクニ)

熊襲(クマソ)  ケモシュ(クマシュ→クマソ)

松浦(末羅)   アフラ・マズダー(マズラー→末羅)

想像すると、こんなかんじです。なかなか合ってるようではないですか。

筑紫がなんでフェニキアと関連するかと言えば、フェニキアを象徴する色が紫だったから。

カナン人は近東の広範な地域において、商人としての評判を獲得していた。メソポタミアの都市ヌジで発見された銘板では、赤あるいは紫の染料の同義語として "Kinahnu" の用語が使われ、有名なカナン人の輸出商品を指すと言われている。また、「ツロの紫」で知られるフェニキア人と関連付けることが可能である。染料は大抵の場合、その出身地にちなんだ名を付けられた。同様に、旧約聖書に時折例示されるように、「カナン人」は商人の同義語として用いられ、カナン人を熟知した者によってその容貌が示唆されたものと思われる。

カナン - Wikipedia

ほかにも関係する地名あるかと。詳しくは過去記事で。

 

・地名に含まれる神の意味

伊都、伊蘇志には、伊が入ってますね。これ、もともと神さまに関係する漢字です。

字源 会意形声 「人」+音符「尹」。

「尹」は、手で神杖を持った様を表わす象形文字。伊は神の意志を伝える聖職者。治める人の意を表す。

調和をさせる様、殷初期の伝説の宰相伊尹(いいん)に因み嘉字とされ、人名、地名に用いられる。

伊 - ウィクショナリー日本語版

ふだん全く意図しないですけど、こんな意味があったのですよ。伊都は神さまに仕える人の都ですかね。ここ伊豆は、神の意志を伝える人の、豆が為ったのだろうか。

 

そしてイスラエルも神さまに関係する地名だった。

東京都立図書館

イスラ・エル(Ysra-el)は、イスラエル12族の族祖ヤコブに授けられた名前で「神と闘う人」という意味がある。 以来、その子孫もイスラエル人と呼ばれた。

Weblio辞書

イスラエルヘブライ語で「神の支配」を意味する言葉である。ヤコブ古代イスラエルの王の祖先であり、伝統的にはユダヤ人の祖先と考えられている。

Google イスラエル 意味

神と闘う人、神の支配。解釈が違うようですけども。

神と闘う人がいて、神の支配する都イスラエル。良くも悪くも神さまに近いとこらしい。

五十迩手は漢字を替えると伊蘇手であり、「神の蘇る手」となるのでなんか神職だったようですね。

 

 

卜部氏と阿比留文字

 

古代に対馬にいた卜部氏が、筑紫の宗像神社に仕えたとか。

この卜部氏の特殊な文字として、神代文字に数えられる阿比留文字があったのですが。一説にはハングル文字の素だとかいいます。しかし神代文字自体は江戸時代以降に創作されたものが多いことは、念頭に置いて考えたほうがよいような。

阿比留文字(あひるもじ)は、神代文字の一種である。

対馬国の卜部氏・阿比留氏に伝わったといわれる文字で、阿比留家の文書に阿比留草文字や対馬文字と共に書かれている。江戸時代の国学者である平田篤胤が『神字日文伝』で「阿比留文字」として紹介し「日文四十七音」とも呼んだ。

阿比留文字 - Wikipedia

とは言え、イスラエルに縁のありそうな筑紫に、阿比留文字が伝わってたというのは無視できないところ。

なぜなら古代イスラエルの起源に、「アピル」が関わっていたから。

イスラエル民族の起源

前14世紀頃には「アピル」と呼ばれる集団がパレスチナ(カナン)で略奪行動を行っていたことがエジプトの文書で確認できる。このアピルは、シリアやメソポタミアの文書では「ハピル」ないしは「ハビル」とも呼ばれており、民族名を指すのではなく、奴隷や傭兵にもなった非土着系のアウトロー的な社会階層を指す言葉である。多くの学者がこのアピルとその後のヘブライ人(エジプト語でイブリー)のカナン進出に何らかの関係があったと考えている

ユダヤの神話 - Wikipedia

 

卜部氏 阿比留(アヒル、アピル、アビル)

カナン アピル

古代イスラエルとアピルの流れを受け継ぐ筑紫に、恪勒国と阿比留文字がある。これは関連してるんだゾと、アピールしてる感じがしました(^o^;)。

 

こんなふうに、地名や文化などからも古代の筑紫とイスラエルの繋がりが見えてくるのでした。真相は如何に。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

レタッチャーを始めた。狛犬、神さま、ねこ

 

人生がくだらないので、ライターやめました。

f:id:kl117cr233:20210914004829p:plain

生活保護で趣味だけ没頭してダラダラ生きようかと思ったのですが、増々くだらない人生になりそう。

それで近頃は、毎日ギンプでレタッチの修行してました。

 

f:id:kl117cr233:20210914011334j:plain

わけが分からないほど難しいソフトも、使いこなせるようになってきた。

 

f:id:kl117cr233:20210914020618j:plain

壁画の復元など、いろんな絵に対応できるよう練習の日々。

もともと絵で生きていく夢は持ってたのだが、駄目すぎる人生だったので諦めてた。しかし、この歳になって始めるとは。

 

f:id:kl117cr233:20210914020910p:plain

これはいまの日本をイメージしてみたもの。カミナリは目についたもの、拝借しました。だめなら消します。商用で使いません。

f:id:kl117cr233:20210914004858p:plain

懸案だった歴史作品づくりも、少しづつやっております。神武天皇、神社、街の風景などコツコツ描いています。

やっとレタッチャーデビューしたところです。

 

フリーランスの在宅で、レタッチ、画像やイラスト作成、描くことに関係すること全般で、ぼちぼちやっていこうかと。

どうせバカみたいに喧嘩売ってくるバカとか、嘲笑や盗撮仕掛けてくるバカばっかりで、人生がバカみたいだからあんまりがんばらない感じでやろう。

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

 

平氏は吐火羅(トカラ)に起源があったかもしれない。文字と照玉姫から導かれる平氏のトカラ起源説

昔から日ユ同祖論などがあって、日本の天皇から豪族まで、中東から流れてきた人々であると信じられました。

源平の戦いでお馴染みの平氏(平家)もまた、その種類に含まれているとか。いわゆる「平氏ペルシャ起源説」ですが。

通説によれば平氏ことタイラ氏(古くはタヒラ氏)は平安初期に桓武平氏から始まっているとあります。桓武天皇の子である葛原親王から平氏が始まってました。

つまり通説では、平氏は外国出身ではなく皇族だった。

しかし平氏ペルシャ起源説は、平氏が皇族との話がデタラメであることを前提とするものです。

 


平氏ペルシャ起源説の内容

 

この仮説の根幹には、いくつかの理由が揃えられていました。

平氏に縁のある厳島神社が、古代ペルシャの様式で建てられてるとか。

古代イランのゾロアスター教拝火教である一方、厳島神社も鎮火祭という火祭りで知られます。

平氏という名が、そもそもペルシャの音写であるという話。

ペル(平)シャ(氏)

舞楽が胡人(シルクロードの異民族)から伝えられたものだとか。

平清盛が外国人と交易してたとか、色々あるようです。

 

で、個人的にはペルシャ的要素より、トカラに関係して思いついたものが幾つかあるのです。ちょっと紹介。

 

 

タイラ氏の起源はトカラが本命と見る

 

平氏の平とは「平す(ならす)」という用法もあります。これが奈良盆地が奈良と呼ばれる語源であると、まことしやかです。

桓武平氏を生み出した桓武天皇が拠点にしたのは、奈良の平城京

奈良(平)から生まれたので、平氏を名乗ったのであろうと、歴史家はこう答えるかもしれません。

 

しかし平氏の外国からの渡来人起源に関連し、興味深い意味も見つかります。

辞書で調べると、平は「夷」と同義であると出てくるのですよ。

夷とは蝦夷や東夷などに使われ、古代の中国からみた未開の野蛮族のこと。倭人も東夷に含まれました。

先程平氏が胡人と交易をしたことを書いてましたが、「胡」も夷と同じ用法や意味がある言葉です。

西胡とはペルシャ系のソグド人を中心とした集団で、彼らが拠点としていたのがパミール高原の北のフェルガナ盆地、そして東トルキスタンとよばれる西域(中国新疆ウイグル自治区周辺)のあたりでした。

そのそばに、吐火羅(トカラ、トハラ、トハリスタン)という国もありました。

 

f:id:kl117cr233:20210907062855j:plain

葛原親王 - Wikipedia

ところで平氏とは、葛原親王から始まっていました。

平氏の初期の人物名に、大陸的な要素を見て取れないだろうかと思いついて、ちょっと考えてみました。

 

葛原親王の子だった高棟王善棟王、高見王、孫である高望王などの名前みてください。

西胡や吐火羅と地理的に接するところをみれば、タイラ、タクラマカンタリム盆地などがあるのですが、それらとの共通点が見つかります。

タクラマカン ta-kra-ma-kan

高棟     ta-ka-mu-ne

高見     ta-ka-mi

高望     ta-ka-mo-chi

 

タリム ta-ri-m

タラス ta-ra-s

平   tai-ra

照玉姫 te-ri-ta-ma

照玉姫については、後にもっと詳しく解説します。

 

中世までにペルシャから日本へ移動するなら、シルクロードを経由したはず。

多くの平氏ペルシャ起源説を唱える人は、ペルシャ本国から来ていると言ってます。しかし筆者は、平氏の起源は中央アジアや西域にあったと見ています。

ペルシャ人は、シルクロード途中の各地に、拠点をもったことが考えられました。そのどこかの土地の名をとって「タイラ」と名乗ったのかも。

中国の西域(新疆)のタリム(tarim)が語源かもしれない。タリム盆地は西域一帯に広がり、いまではタクラマカン砂漠がある土地。tarim→taira。

またはタラス→タイラス かもしれない。タラスはソグドや吐火羅に近い西突厥の古代都市で、ゾロアスター教の中心都市だった。

 

しかして平氏の大元として本命視しているのが、トカラです。

このトカラとは日本の南西諸島の吐火羅列島ではなく、中央アジアのトカラ国。トカラに起源を求めた場合、その漢字表記がヒントになります。

トカラ(トハラ)は日本書紀が編纂された昔から、吐火羅と書くわけですが。

吐火羅はどうも、タイラ(古語でタヒラ)と読めると気が付きました。

比較してみると、

吐火羅

トカラ

トハラ(別名)

 

吐火羅

タイラ

タヒラ(古訓)

 

  ト 吐 タ

ハ・カ 火 ヒ・イ 

  ラ 羅 ラ

こんな具合に、吐火羅はタイラ(タヒラ)と読める。これは割と自信あります。

 

 

平氏の移動は大陸のトカラ人の移動を元にしたか

 

以前に日本列島は九州を中東と仮定し、関東を東アジアに見立てている大陸の雛形であると解説しました。

以下の地図のような感じで。

 

f:id:kl117cr233:20210908030216p:plain

・日本の境界線は適当に引かれたんじゃなかった4 境界線が語る日ユ同祖論と神武東征の真相

平氏が存続していた数世紀間にわたる拠点の移動についても、これに合わせているようです。

 

まず奈良の都が、桓武平氏の始まりでした。奈良は古代ユーラシアでいうと、西域と烏孫に対応されたと見ています。

すると奈良の桓武平氏がまず関東の坂東平氏を立ち上げた理由も、説明がつくことです。トカラ系の移民が大陸の奈良と対応する西域から、東の日本に移動したことを、日本列島での移動で表しているのだろうと。

日本書紀には、西暦645年、吐火羅国から舎衛など数人が、日本に渡来した記録があるのですが。

作家のなかには、舎衛という人はペルシャの王族であっったと解釈する人もいます。トカラは一説に月氏系といわれ、月氏ペルシャからの流れがあるともいうので、トカラとの関係があるのは事実です。

middle-east world

その他にもトカラやペルシャ系の人々が、飛鳥時代に日本に流れて大きな影響を残しているのは、日本書紀から読み取れますので。

日本ではお盆の風習が残ってますが、お盆とはペルシャ、ソグド、吐火羅などあちら方面の、ゾロアスター教徒の風習であるのです。

 

つぎに平氏が三重に移動し伊勢平氏を立ち上げたのは、おそらく日本から西域方面に吐火羅人の移動があったことを示したものです。

それは西暦660年、日本に来ていた乾豆波斯達阿(けんづはしだちあ)が、吐火羅に帰るという出来事を表しているかと。

西域には烏孫にナラという土地があり、烏孫の南方は紀元前のころ、イッセドネスという国が存在する場所でした。

ナラは日本の奈良、イッセは日本の伊勢に対応するようです。

 

吐火羅人舎衛らの移動 吐火羅→日本→西域(イッセドネス)

桓武平氏の移動 奈良(桓武平氏)→関東(坂東平氏)→伊勢(伊勢平氏

 

 

とかち野酵母 インスタントドライイースト ニッテン 100g ドライ酵母

 

 

照玉姫はトカラ系だったか

 

葛原親王の妻だった照玉姫というのは、個人的に平氏のトカラ起源の根幹を成す人物です。

照玉姫こそが、トカラ系の人物であり、すべてのペルシャ起源説の中心だった、というのは想像の話ですけども。

このかた、葛原親王が京を離れるときに一緒に旅立つも、病気になって相模国(神奈川)で没したという話が伝わっているとか。

上臈塚 - Wikipedia

上臈塚(じょうろうづか)はなにかジョウロを連想させますが。ジョウロ(水差し)はポルトガルからの外来語であり、元はアラビア語のジャッラーだったとか。

Winged Words: 如雨露とジャー

まさか照玉姫の別名が上臈(ジャッラー)で、砂漠のオアシスではお宝であった、水差しを意味するのかなどと深よみしてしまいました。

照玉はテルタマ、テリタマ、teritama、なんかタイラやタリムの音を含むようです。

それより何より、照玉という名前が、吐火羅人の舎衛と共通することが注目点でした。

照玉 ショウオウ sho-o

舎衛 シャエイ  sha-ei

ショーオウ、シャーエイ、なんか酷似。

おそらく8世紀の葛原親王の妻の照玉姫は、7世紀の飛鳥時代のトカラ王族の舎衛の流れを受け継ぐ人だった。それで舎衛と照玉の名が、似通っているのだろうと考えています。

そうであれば、平氏がトカラ的、ペルシャ的な要素を持つ最大の理由は、照玉姫にあると言っていいのであります。

あらたな扉(吐火羅)が開かれました。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

 

戦争してる国ほどコロナウイルス感染とワクチン接種率が低い

 

もう俺、頑張っても報われないし、認められないことが分かったった。

仕事のやる気も削がれたった。

ひとまず自宅修理と運動は継続しつつ、アホな想像をめぐらしながら日々過ごしています。

しかし、多方面で結託して、徹底的に稼げない状態、電磁波、五感搾取、実況中継、騒音、濡れ衣、隣のおばば軍団の猛攻など、あらゆる種類の拷問で、俺のやる気を完全に削り取っていくとは。困ったちゃんですよ。

しかし逆に考えると、悪を抱き参らせて生活保護に追い込み、その流れでUBIに向かうというのだろうか。

 

 

世界の戦争・紛争地帯

 

などと考えていると、アフガニスタンタリバンがあーだこーだとか、軍事的な世界大戦に向かうとかいう話になって来ました。

そういえばいま、世界のどこで戦争が起きてるのだろうか、と気になったので調べてみると、こんなにやってる件。

f:id:kl117cr233:20210828015953j:plain

進行中の武力紛争のリスト - Wikipedia

 

主にアフリカ大陸、中東、南アジア、東南アジアが多いです。年間死者数が5万人に達するエリアもあるので、とんでもない。

このマップには食糧危機のエリアも重なっているようです。特にアフリカのほうですが、イナゴの害だとか、干ばつなどで食べモノが品薄だそうな。

しかしいまコロナ禍の抗議活動やら、自然災害のあまりの多発で、世界中が紛争地帯のような、荒廃した世界に加えられつつあるような感じがしませんか。

 

 

コロナウイルス感染者数マップ

 

今度は、存在するんだかしないんだか、よくわからないコロナウイルスの感染者数マップ。

f:id:kl117cr233:20210828020249j:plain

新型コロナウイルス感染症(COVID‑19) Google

 

世界の戦争マップと比較すると、紛争の多いアフリカでコロナウイルスは少ないという結果。

不思議ですね、戦争してたらコロナ蔓延とかでおかしくないのに、その逆になってるのは。

これは単純に、あまりに修羅の国と化しているため、インチキな検査をしてないし、できる環境じゃないというのが影響してそう。

 

 

コロナワクチン接種率

 

次に例のワクチンの1回目の接種率を見てみる。色が濃いとこが、接種率が高い地域。

日本はもう1回目の接種率が55%だとか。

f:id:kl117cr233:20210828021547j:plain

Coronavirus (COVID-19) Vaccinations - Statistics and Research - Our World in Data

これ見るとアフリカなど世界の戦争してる国や地域では、ワクチン接種がぜんぜん進んでないようです。

アフリカ諸国なんか、接種率は2%未満の国がほとんど。アフガニスタンも接種は皆無に等しい。

タリバンはワクチンはやらないと言ってるとか。そりゃコロナが無いのに、ワクチンうつ意味なんかないから。コロナやワクチソがない世界もあるんだわ。

 

 

タイガー魔法瓶(TIGER) 電気ケトル わく子 800ml コーラルオレンジ PCF-G080-D

 

 

これから

 

これから世界はますます混迷していくような感じです。

軍事的な戦闘の激化、デモの激化、地震津波や噴火や暴風雨、自然災害に見せかけた攻撃、テロ事件、猟奇的事件の発生、電磁波による人類の破壊、企業倒産多発、人々の大量死。

ヨハネの黙示録にあるような、終末的な状況は加速していくかもしれない。要するにイルミナティによる、人類の削減が完了するまで続く?

 

偉い人に従ってればお得だとか言って、なんにも考えずにイジメまで参加して、権力様に従順に生きてる人はヤバいとか・・・。

先日は権力様ご提供の安全安心ワクチンの中に、鉄の異物が入ってるとか報道されてました。

ワクチソ、当たり外れありの、ロシアンルーレットとか言われてますが。

偉い人が推進して有名製薬会社が製造する製品が、毒物だなんて、考えたことありますか。デマデマ言われてたのが、デマじゃなかったようで。普通のお医者さんは嘘ばっかで、絶対に教えてくれない。

ワクチンに鉄が入ってるからと言って、飲めば血となる骨となる鉄骨飲料みたいに考えてるとヤバかったんですよ。

毒出しのデトックスは、毎日必死にやっとかないといけないようです。

素人のサバイバル術、俺は自信ないし経験も少ないですが、まじめに経験積んでおいたほうが良さそうですよね。

サバイバルと言えばサバですが、北欧産のサバ缶が毒まみれというニュースが出てきました。あらゆる食料も毒入りは当たり前みたいな予感がするので、備蓄するなら内容物をよくみて選んで。

 

そうした中、いずれはコロナ禍は消えていくことになるのではないだろうか。世界の戦争地帯のマップのように。

それが何年後なのかは、はっきりとはわかりませんけども。

 

 

追記・・・ワクチン接種率が低い国で起きたこと

 

・ハイチ     0.2% →大地震 死者2,000人超

アフガニスタン 2.0% →タリバン政権、大爆発200人死傷

ルーマニア   26% →物価5%上昇、電気料金の大幅値上げ

・ワクチン拒否国    →大統領暗殺

 

ルーマニアはワク接種中止にした途端に、こうなっている。

ワクチン拒否の大統領は暗殺される? | 「天使の販売士」Ranのブログ

こういうのは、関係するんだろうか。

接種非接種、どっちにしてもやな感じ。

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

富士にまつわる異変が続出した近頃のこと

話題だった8月20日、富士山噴火、大地震、ありませんでした。

まぁ噴火活動の時期には誤差があって当然なので、予言も予測も難しいかと。

 

それにしてもここ数日、何故か富士にまつわる出来事が多々出現してました。噴火説の時期に関連付いてるのは、不思議なことです。

 

8月19~20日・富士山に多重傘雲

 

まるで噴火したような風景ではないですか。異常なほどの傘雲の姿。 これが予言された噴火的姿だったのか。

 

8月20日みずほ銀行(旧富士銀行)システムエラーで炎上

旧富士銀行がエラーばっかりで、大炎上してるとか。これが噴火だったのか。 

 

 

8月21日フジロック膨大な観客過ぎて炎上

 

8月22日・富士急ハイランドのドドンパ事故多発で立ち入り調査

 富士のふもとの富士Qハイランドのドドンパも、近頃炎上してるようです。 

 

こんな感じでした。

 

 

福徳岡ノ場は富士山の身代わり説について

 

f:id:kl117cr233:20210823183758j:plain

福徳岡ノ場 - Wikipedia 海上保安庁により1986年1月20日に撮影

 

前回の記事で、福徳岡ノ場は「富士山の身代わり説」を書きました。その理由はこう。

福徳岡ノ場という文字の中には、「富士山」が隠れてるんですよ。

 f:id:kl117cr233:20210823185841j:plain

こんなふうに。

福徳岡ノ場=富士山ノ場。

つまり福徳岡ノ場がこのタイミングで噴火したのは、富士山の身代わりであると。名前が一致することで、富士の依り代と見立てられ、身代わりとして機能した感じになっています。偶然の産物なのか、はたまた人為的な出来事なのだろうか。

これで一応は、8月の噴火を回避した? 

 

ただ富士山は周期的に見て、いつ噴火してもおかしくないと言われてるので、火山カツ丼は見てないといけないですが。

福徳岡ノ場の噴火と時を同じくして、西之島の再噴火も起きてました。

さらに近頃では諏訪之瀬島の活動も活発化、箱根山も噴火活動。

オリンピック開会式の富士山噴火、日野のトラックの富士山噴火イラスト、近年の環太平洋火山帯の活発化、イルミナティカードのボルケーノなどあるので。

近々の噴火は否定できないかと。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

もうライター仕事に集中できなくなった。

あらゆる種類のネガティブ要素に押し潰されていただけに、この流れは当然かもしれない。

まぁ、拷問や奴隷の開放という目標達成の意味では、良い流れかもしれない。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

投げ銭

 

ユグドア|チップの送金を世の中全てのホームページへ。

「チップの送金先ホームページアドレスを入力」に、URLを貼り付けるだけ。

 https://twitter.com/t7a7t0o1 」か、

「 https://mobile.twitter.com/t7a7t0o1 

少額でもお願い申し上げ増。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ クリックお願いします

 

福徳岡ノ場が噴火した。ドラゴンヘッドに首吊り気球。富士山噴火どうしま章

f:id:kl117cr233:20210814163709j:plain

昨日は福徳岡ノ場という海底火山が噴火したかと思ったら、西之島も活動再開したとか。

 

 

なんか地球の環太平洋火山帯は、活発な時期になってるらしい。 

この福徳岡という文字列のなかに、富士山が含まれてるので、なんか意味深。

 福徳岡のなかに、富士山が入ってますね。

今後の富士山噴火の予行演出か。富士山の噴火の雛形か。

あるいは前向きに考えると、福徳岡ノ場は、富士山の身代わり。それが名前に反映されてる。富士山本体の代わりに噴火したのか。

 

・・・

以前にドラゴンヘッドという漫画があったのです。

あれ富士山が噴火して静岡や東京をはじめ日本が壊滅し、地獄絵図になるという破滅的な内容でした。

気になるのはドラゴンヘッドの中で、人々の頭をおかしくする脳の改造や、毒入りの食べ物が出回っていたことです。なにか今のコロ中の状況を、表しているようす。

映画化もされてたらしく、ポスターを見つけたのですが。なにか既視感。

 

 

これ、先日代々木公園で空を漂ってた、気球(まさゆめ)に似てるではないですか。

巨大な青い顔が空に浮かぶ。ちまたでは首吊り気球と呼ばれ、不評なのにゴリ押し中。

 

いまイルミナティがコロナ禍により、人口削減してる真っ最中というわけで。

イルミナティが人々を混乱させる目的の、ブルービーム計画というのやってますが、その一貫なようです。

 オリンピック開会式でも、聖火台が富士山の噴火を現してる感じでした。

 

ドラゴンヘッド(富士山噴火、ポスターは巨大な青い顔)

・巨大な青い顔(まさゆめ)が2021年7月から現れた

・オリンピック開会式の聖火は富士山噴火

 あきらかに関連付けちゃったりしちゃっていますよね。

そして先日には箱根山で、火山活動に関係した膨張が確認されたとか。

 

 

もうなんか富士山噴火しても、おかしくないという話は以前からありました。最近の富士山では、火山性微動や、周辺での地震が観測されてるようです。

富士山噴火したらどうなるか?

・火山灰が堆積して都市機能麻痺

・溶岩や岩石で周辺の主要交通網を寸断、市街地破壊

・東京神奈川のインターネット遮断、停電、水道の停止

・火山灰で車が故障して東京の道路・鉄道が動かなくなる

南海トラフなど大地震や、箱根山噴火の連動

・物流ストップ荷物とどかない

・人々が東京・神奈川から田舎に大移住で大混乱

・あらゆる仕事ができなくなる

・会社店舗がどんどん倒産、人々が失業しホームレスが増加

・肺炎や喘息などの病気が増加

・水不足、食糧不足が深刻化

・都市部の治安と衛生状態が悪くなる

・噴火が長引くほど経済が衰退

 

予言の日

 

たつきさんの富士山噴火の予言、オリンピックの開会式では当たったようですが。予言された8月20日まであと少し。

富士山噴火、大地震はタイミングがずれるという話もあるので、その後も注視すべし。

どうなっちゃうだろうか。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

投げ銭

 

ユグドア|チップの送金を世の中全てのホームページへ。

「チップの送金先ホームページアドレスを入力」に、URLを貼り付けるだけ。

 https://twitter.com/t7a7t0o1 」か、

「 https://mobile.twitter.com/t7a7t0o1 

少額でもお願い申し上げ増。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ クリックお願いします

新国立競技場は神と魔の聖域…。相反するものが絡み合う世界の象徴

 

どうもー、常に嘲笑されてる、想像力だけのゴミクズです、こんばんはー。

疲れが酷くて睡眠時間が長い。電磁波のアレでやられてるのだろうか。

おもちゃにされると、何もかもが上手くいかない。失敗する、人間関係続かない、お金稼げない、嫌われる、自己責任にされる。

いろいろと無理なのではやく魔物が成敗されますように。ナムナムナム。

 


何かに関連付けられてる

 

f:id:kl117cr233:20210804010501j:plain

 

戦時下に始まった東京オリンピックですが。またまた、もう中止されるんではないかっていう情報も出てきてます。

存在するんだかしないんだか、よくわからないコロナウイルスが、東京に蔓延してるっていう理由で。まぁそのへんは置いといて。

以前コメントで「新国立競技場の方角」について指摘があったので、今回はその話。

国立競技場は「Q」であり、皇居からのラインに乗ってることについては、以前に記事で話してました。

これだけ見ても、皇室繋がりは見てとれますが。

 

関連記事

0とQの新国立競技場と、荒ぶる神の関係 


で、「国立競技場の中心線」を調べてみましたところ。大まかに見ると、 

南方では神奈川の鎌倉方面

 となってました。

重要な施設の方角は、古来より風水やら呪術的なものを取り入れ「何かに関連付けられてる」というのは、確かなことだと考えます。

拙著の「封印された叡智の回復」ですよ。「前方後円墳の矢印説」、あの弥生時代の叡智と一緒ですのよ。

あと東京オリンピック開会式ですけども。「鎌倉権五郎景正」が登場したのも、中心線を意図してることの証左かと思いました。

・国立競技場=鎌倉方面むいてる
・開会式=鎌倉権五郎景正でてきた

まぁ、出来た箱モノも、開会式の見せモノも、どっちも鎌倉繋がりだったので無関係なわけがない。

しかしなんで国立は鎌倉を向くんだろう?と考えて調べると、だんだん意味がわかってきました。想像で。妄想で。

 

f:id:kl117cr233:20210806013625j:plain

 これが新規の国立競技場の、中心軸を延長したラインです。

ここに答えがあるかも。占ってみました。

 

 

(1)国立競技場

0であり、Qの形をしている国立競技場。神と魔の両者が関わる稀有な場所でした。

そのへんは開会式で悪魔の式典が執り行われたこと、歌舞伎のシーンで、救世主である鎌倉権五郎景正が登場したこと、オリンピック自体がギリシアの神に捧げられる祭典であること、などからも明らかとなっています。

ところで東京オリンピックの公式ロゴ、🌞と🌙のような形。これは表向き、伝統の組市松紋を用い、多様性と調和を表しているのだとか。

しかしあれ、そーかがっかいで以前から使われていた、八葉蓮華や鶴をモチーフにしたマークであると。言われたりしますので、なんか裏があるようす。

 

この地点を起点としたラインに、表された不思議なものがありました。

全ては、今の混迷する神と悪魔の世界の反映、かがみ写し。東京オリンピック開会式で、現されていた通り。


(2)武蔵小杉

川崎の武蔵小杉といえば、ここ何年も再開発ラッシュ。住宅地からコーソービルだらけになった、華麗な街でありました。

しかし2019年の台風と洪水により、下水が逆流し汚いイメージができてしまったようです。

これまた清楚と汚染、相反するイメージが存在しておりますね。

洪水と言えば、いま世界を賑わせてますけでも、世界に先駆けての出来事だったようで。


(3)菊名の緊急放送カラー

f:id:kl117cr233:20210804013333j:plain

横浜市港北区菊名6丁目も、国立競技場の中心線上にあるのですが。

ここに極めて意味深な、虹色のしるしが出てました。

これはグーグルマップの通常マップでは確認できず、「マイプレイス」のマイマップだけで見ることができます。

虹色は光の七原色であり、神の光の象徴。同時にイスラエルでは「虹が出ると地獄の釜が開く」とか言われてたそうで。

やはり聖域と地獄の両面性を併せ持つのではないですか。


(4)鎌倉の鶴岡八幡宮

旅行先で人気のあった古都鎌倉は、言わずと知れた源頼朝が開いた鎌倉幕府の拠点でした。

開会式に現れた鎌倉権五郎景正は、いわゆる歌舞伎の「しばらく」に登場する正義の味方。
開会式では悪魔が蔓延るシーンが続きましたが。そのあとに「ちょっとまてよ」的に鎌倉権五郎景正が現れ、直後に富士山噴火の聖火がともる。

すると富士山噴火は破壊の象徴でありつつ、正義の活動に関係するということになるという、相反する意味合いを感じ取れるわけです。

 

鶴岡八幡宮は、かつて平安時代に源氏により創建された、由緒ある神社でした。

近年には天然記念物の大いちょうが倒れたことが、ニュースになってました。

倒れたあと、いちょうは3分割されたあと、植え直すとひこばえが出て復活したという話。

これまたなんか、死と復活という、相対的な要素があって意味深な話。

ところで、鶴岡八幡宮の社紋見てください。丸に鶴。

 東京オリンピックは、鶴を型どったロゴを使ってました。
あれは何かと怪しい話の一方で、実は鎌倉の鶴岡八幡宮のマークでもあったわけなのです。

国立競技場のそばの宗教と、南方にあった鎌倉の歴史的な神社。ここでは鶴の鏡合わせが見えました。

 

(5)鎌倉大仏

高徳院の国宝鎌倉大仏は、鎌倉時代に建立され開眼供養されたものであるとか。鎌倉の象徴の1つですが、これも関係するのかどうか。

立派な大仏であるが、覆屋の大仏殿が倒壊し、野ざらしになった姿であった。大仏は体内まで入れて、隠すものがなにもない。

そういえば5Gで人の五感を搾取して、人を丸裸にするのがこの21世紀。そんな象徴なのかもしれないですね。

 

(6)由比ヶ浜

言わずとしれた、鎌倉を代表するバカンスにぴったりな海岸です。海水浴場として認知されだしたのは、明治時代からのことだとか。

■ 由比ヶ浜(ゆいがはま): 神奈川県鎌倉市由比ガ浜。 「ゆい」は「結」で、「お互いに助け合う労働組織」を意味し、「由井」や「湯井」とも書いた。【神奈川県民も知らない地名の謎 日本地名の会 PHP研究所

 https://folklore2017.com/timei900/364.htm

 「由比」とはなんだろうと思って調べると、お互いに助け合う労働組織とのことらしいです。

そういえば材木座海岸の由来は江戸時代にあった材木屋の商工組合で、鎌倉には鎌倉七座という商工組合があったとか。由比ヶ浜もそういう商業関係の由来があったわけなんです。

しかしその一方で由比ヶ浜は、かつて江戸時代までは処刑場だったとか。これまでに5000体もの人骨が発掘されてるんだとか。

だから怖い場所でもあるのですが。ここでも楽しさと恐ろしさの、相反する吉と凶が合わさってるのは、意味深なところではないですか。

 

(7)シンゴジラ

2016年に公開されたシンゴジラですが。あれは神として降臨したゴジラ(神呉爾羅)だったようで、ともかく退っ引きならぬ破壊神の物語でした。

作中で2回目の上陸地点となっていたのが、稲村ヶ崎に近い由比ヶ浜あたりです。その後にグダグダと北上して、武蔵小杉の市街地を破壊してます。

シンゴジラは不思議と、国立競技場の中心軸からのラインを意図した破壊活動だったようですよ。

 これは近未来に起きる第三次世界大戦(複合災害)による、関東地方の破壊を予言的に描いた作品だと思われますが。

コロナ禍という名の複合災害となっているので、シンゴジラみたいな物理的破壊の場面は、現実にまだあらわれてません。あるとしたら首都直下大地震とか、富士山噴火みたいなことですが。はたして?

 
(8)九戸郡岩手県

一方で北方に国立競技場の中心線を伸ばしても、よくわかりませんでした。それでイライラするからグーグルマップをぐりぐりイジり倒してやってました。

それでたどり着いた結論が「九戸郡」なんですよ。

「九は9でQ」というわけで。

ついでにお隣の久慈市も旧九戸郡であり、

九戸 九=9=Q

久慈 久=9=Q 

 こういうことかと。すると国立競技場がQだというのは、なかなか合理的な話になってるではないですか。

九戸郡野田村は、村章に意味深なものを使ってました。これはググってみると、

「ノを円で囲み4つの三角を配することで、融和と団結、無限の発展をあらわす」みたいな感じでした。

すると、このラインは

・最南端の由比ヶ浜 = お互い助け合う労働組合

・最北端の九戸郡野田村 = 団結 

南端と北端の土地は、似た意味合いが見つけられたんですね、しらんけど。南北で団結にはさまれた、国立競技場。

 

 

最終的に神のような存在が「魔を気にならないものに変えていく」のか

 

 今の世界は、神と悪魔の対立の中で、人類が滅びに向かってる流れだと、賢者はよく言いますね。

日本の人口は減少し始めている、そんな兆候も出ていますので・・・。

 

しかし滅亡へ向かう中で同時に、神と呼ばれる存在に救われる道筋も、入ってるんだろう、という発想は得ていますけども。

それはかつて「ヨハネの黙示録」だとかの、宗教的な古典作品に表されたように。はたまた、「AKIRA」などのあらゆるメディア作品でも、散々描かれてきたテーマだったりするのですが。

この国立競技場が示しているであろう、神魔、善悪、白黒、生死、破壊と再生。こうした相反するものが絡み合っている姿。白黒が合わさって灰色な姿。

キレイな大会のはずが、汚い出来事ばかりの東京オリンピック

これが要するに日月神示で言ってた、「悪を抱き参らせるのざぞ」「善も悪もないのだぞ」的な話に関係してる気がしました。

コロナウイルスという幻の悪に振り回される

ワクチンという善の顔をした悪に振り回される

正義と優しさと無頓着という善に救われる

これが混ざり合って、人々の運命は決定してる昨今ですね。

ひっくるめて、西洋でキリストと呼ばれた神と、悪魔と偉い人の壮大な計画であったようで。

よく言われる人口削減、人間選別でありましたんですね。

何十年も前から、まんまと乗っけられてしまってたようですね。乗っけるのはカツ丼でいいんですけどね。

たぶんコロナ禍という名の第三次世界大戦は、頭を使って世界の動向を読み解き、狭い道を進み逃げ切った人だけを、新人類として選りすぐる方策である、と言う感じもしますけども。

最終的に悪を抱き参らせた神と呼ばれる存在が、悪を気にならないものに変えていくであろうと。それが人口削減、人間選別と共に進んでいくだろうと。

そうした話は、世の中の動きからもわかったりします。SNSでやたら悪口書くなと言われたり、ロンメル死が噂になったり、DSの方々がお困りだったり。

別に人口削減に賛同してるわけではないですが。狭い道を進んで逃げ切っていけば、数年後も生きているかもしれない。生き方を試されてるようで。

まぁ、俺はバカなのですけども、バカな生き方でもなんとかなるのかもしれないし。

 

こんな妄想しながら、毎日狛犬の絵とたこ焼きの練習してるこの頃です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

投げ銭

 

ユグドア|チップの送金を世の中全てのホームページへ。

「チップの送金先ホームページアドレスを入力」に、URLを貼り付けるだけ。

 https://twitter.com/t7a7t0o1 」か、

「 https://mobile.twitter.com/t7a7t0o1 

少額でもお願い申し上げ増。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ クリックお願いします。