読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たっちゃんの古代史とか

誰も知らない日本とユーラシア古代史研究。絵も本も書く。闇の組織に狙われてるアマ歴史研究者。在宅勤務の自営業。

さきたま古墳群はパワースポットだと言える理由

前方後円墳 埼玉県 神社

以前書いた記事

埼玉県東部=ちょっと凄目のパワースポット説

これをさらに補強。

 

さきたま古墳

さきたま古墳公園 - 埼玉県立さきたま史跡の博物館

のご案内の画像。

f:id:kl117cr233:20150223150723j:plain

さきたま古墳群の前方後円墳は、後円部に造出しがある。

これは奈良県の乙女山古墳にも見られる。

 

さきたま古墳群がパワースポットである理由、その1。

稲荷山古墳の金象嵌鉄剣。国宝。

f:id:kl117cr233:20150223155440j:plain

稲荷山古墳出土鉄剣ウィキペディアより

 

鉄剣には、たぶん雄略天皇のとき、ヲワケ臣がこしらえたと刻んであります。鉄剣の上祖オホヒコとは、四道将軍大彦命との説もあり。

「あらま~こりゃ~すごいわー」と感動することで、心身に普段出ない波動が沸き起こり、アルファ波が発生して好影響をもたらすらしいです。。

パワースポットのパワーには、感動することによるアルファ波の放出が含まれます。

他人をイジメて黒い快感を獲るより、太古の知性に感動して明るいアルファ派を得ませう。

  

さきたま古墳群がパワースポットである理由その2。

さきたま古墳群の稲荷山古墳の中心軸を測ります。

f:id:kl117cr233:20150223151504p:plain

測る時は測量図を使います。ネット上の測量図をお借りして、グーグルマップで作成。

で、稲荷山古墳、二子山古墳、鉄砲山古墳の3つが、さきたま古墳群の謎を解く鍵だと判明。

この3つはほとんど同一方向を向いているのです。

線を延長していくと、

f:id:kl117cr233:20150223151654p:plain

富士山頂を示しているではないですか・・・。

さきたま古墳群は、富士山とただならぬ関係にある様子。

 

・・・富士山頂を通過。これは、建設当時から、富士山を狙ってます。

これは知らなかったですね。

さきたま古墳群は富士山のパワーを得ようとしてるみたいです。

 前方後円墳矢印説は完成している・第1回 まえがき 

こちら参照のこと。

 

 

さきたま古墳群と富士山の深い関係 

ところで、最近、富士山が噴火するとかしないとか。

その富士山頂に何があるかというと。

f:id:kl117cr233:20150223152745j:plain

富士山頂郵便局。すごいです。こんなとこにもフラグが立つとは。

ポストマップ ポストをひたすらマッピングを使う

 

久須志神社は出雲の神、大穴牟遅命(大国主命)と少彦名命を祀ってるみたいです。

崩し神社だとすると、どういう意味で付けたのか。

富士山には2つの名前があったんですね。富士山と、白山岳。

白山というとアレですね、白山信仰。これは実は崇神天皇の時に始まったとか。

 

崇神天皇7年に、白山を仰ぎみる遥拝所が創建されたと伝えられる。祭神は菊理媛尊(白山比咩大神)、伊邪那岐尊(伊弉諾命)、伊邪那美尊(伊弉冉命)の三柱であった。

白山信仰ウィキペディア

 

つまり富士山も、古くは白山信仰の山だったんです。

富士山と言えば木花咲耶姫命を祀る「浅間神社」ですけど。

 

それで、この浅間神社が実はさきたま古墳群にもあるのですね。

f:id:kl117cr233:20150223153524j:plain

前玉神社摂社浅間神社。江戸時代に勧請して来たとか。

さきたま古墳群の被葬者は、間違いなく富士山のほうから来てることを、表してるのかもです。江戸時代の人は気づいてたかもしれないですね。

・・・さきたま古墳群を東西に貫く県道が、何故か77号線。生年と同じなので気になってしまいました。

 

前玉神社の祭神は、

前玉彦命 (さきたまひこのみこと)

前玉比売命 (さきたまひめのみこと)

この2柱、出雲の大国主命の子孫です。

 

以上をまとめると、

1・さきたま古墳群の稲荷山古墳、二子山古墳、鉄砲山古墳は、富士山頂を示す

2・富士山とさきたま古墳群には、浅間神社木花咲耶姫命

3・富士山頂とさきたま古墳群には、出雲神(大国主とその子孫で繋がる)

 

こういった関係があったようです。

つまりさきたま古墳群の該当古墳上で富士山を仰ぎ見、大国主命とついでに木花咲耶姫命に祈りを捧げることが、さきたま古墳群の3つの古墳では、特に本来の信仰を取り戻し、崇高なパワーを得られることになる方法、と。言えそうなのです。

 

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ペチっとお願いしますm(_ _)m。