たっちゃんの古代史とか

誰も知らない日本とユーラシア古代史研究。絵も本も書く。闇の組織に狙われてるアマ歴史研究者。在宅お仕事中。

鏡とは異世界と繋がって神通力や悪魔の仕業に結びつくと考えられてきた

どうも、あらゆることをやりたい放題されて、計画的に貶められているので、俺の過去の失敗や欠点もその一環なのかと調査を進めつつ、蕎麦をゆでた歴史研究家です。

なんか昔から、「鏡」について不思議な伝説やら迷信やら昔話が色々あったりしますね。俺なんかつむじハゲを確認するためだけに、合わせ鏡をたまにやります。

ちなみにずっと悪魔の皆さんからの計画的な圧力でストレスが膨大で、かっぱ化が進行してたのですが、何故か毛根は再生してきました。

 

 

ホルスと八咫鏡

 

 古代の倭人は、銅製の鏡に神が宿ると信じたらしいです。日本神話では、八咫鏡(やたのかがみ)は太陽の神である天照大神の分身と捉えられていたし。鏡をご神体としてきた神社は数しれず。太陽神の御威光を反射する鏡を、崇拝したというわけです。

ちなみに日本語の鏡は、かが=蛇を含むんですが、蛇の目(かが目)が鏡の語源であるとかいうのは、どこか奇妙な印象を受けるところ。

鏡の中に神(か神)が入っているのも、太陽神(蛇神)信仰の現れなのかと。

古代のエジプトでは太陽神ホルスをあらわした太陽円盤は、蛇が円盤を取り囲む形だったのと、一致する要素あります。

・エジプトの太陽神

ホルス 太陽円盤 蛇 

 

・日本の太陽神

天照大神 八咫鏡(円盤) かが=蛇

完璧な繋がりが見て取れる。

太陽円盤の蛇とは輪っかの形状になったウロボロスであり、太陽の永遠性の象徴化でした。ヤタガラス同様に、太陽の中の生命体的な表現である気がしました。

日本の銅鏡も、同じじゃないっすかね。

あの大阪万博太陽の塔も、生命体の示唆かという記事、以前に書いてました。

 

 

鏡の中の悪魔と合わせ鏡

 

昔から欧州では、鏡の中の悪魔の存在は、信じられていたようです。

 

1810年に出版されたグリム童話の「白雪姫」は、ドイツのヘッセン州で昔から伝わる民話だそう。

白雪姫に登場する王妃は、魔法の鏡に世界で一番美しい人は誰かと問えば、鏡は王妃だと返答してました。どうやらこの鏡には、悪魔が入っているようでした。

その王妃は邪悪となり、白雪姫を何度も殺害に向かうも、白雪姫は小人や王子に助けられる展開。後々王妃は残酷な処刑をされるという、勧善懲悪的な内容でした。

 

f:id:kl117cr233:20201231122050j:plain

鏡の国のアリス - Wikipedia

1875年出版の「鏡の国のアリス」は、キャロルの前作「不思議の国のアリス」の続編でした。

この中でアリスは鏡の世界に入りこんでしまい、赤の女王やハンプティ・ダンプティなどに出会いながら、目が覚めるまで鏡の国をほっつき歩くのだった。

 

合わせ鏡をすると、鏡が無限の鏡の世界を作り出すのは知られてますね。万華鏡もその種類に含まれてますけども。

合わせ鏡をすると霊界に繋がり、悪魔が映るとか、自分の死に顔が見えるとか、未来が見えるとかいう迷信が、世界じゅうにあったりする。

どうやら鏡とは、別の世界に繋がるゲートみたいな役割というのも、昔から言われることでしたが。

 

ところで憂鬱部(色々憂鬱なものが見えたのでこう呼ぶ)を見ていたら、鏡の怖い動画を色々見つけた。

鏡に映った姿が、本人とは違ってる映像。

youtu.be

 

 これはフェイクと思う人もいるかもですが。こうした別の何かが映るというのは

昔の心霊写真にもよくあって、世界のあらゆる場所で起きてマスカラ。

 

 

有名な列車事故現場を撮影した報道写真にも、こんなのがあった・・・。

 

 

 

ちなみにカメラは「うつす」と表現するように、鏡写しと同じ事をしてる。アナログでもデジタルでも。

特にカメラで窓ガラスを写すと、もれなく合わせ鏡の形になってるというのは、特筆すべきところです。

こういった心霊現象が真実なら、映り込んだ別の顔は、何なのかと。

悪魔のいたずら、幽霊の訴え、何者かによる瞬間的な光学的な視覚的な操作?

鏡の迷信や幽霊やあの世の存在と、向き合わないといけない感じですが。

 

 

意味不明な鏡写し

 

ところで最近、自殺と報道された俳優が、生前に「鏡越しに動画撮影」という奇妙な行動をしてたのがちょっと話題になってました。

あと、コロナで死んだと伝えられたあの方が、たまたま鏡越しに撮影されてたとか。普通じゃない写真の撮り方がされてたのも話題にあったし。

正直言ってどちらも呪術的、悪魔的な空気をまとっているという感じがしました。

前者のほうは、悪いものを直接的に受けず、跳ね返すおまじない。あるいは鏡に何かを写すことで、現状の不快感や危機的な状況を伝えるみたいな感じ。どうも不快なものに包まれていた空気は、色々伝わってきたので。

後者のほうは、なんか魂を鏡に封じられた印象すらありますけども。なんか映画やゲームで、鏡の中や異世界に囚われてしまうという設定があるように。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

とにもかくにも合わせ鏡は、頭頂部のハゲの確認くらいにしておこうと思う今日このごろです。

 
関連記事
 

こちらをクリック。

歴史人気ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村