たっちゃんの古代史とか

誰も知らない日本とユーラシア古代史研究。絵も本も書く。闇の組織に狙われてるアマ歴史研究者。在宅お仕事中。

問題児だけが悪いわけじゃないと認識できる今日この頃

拝啓、問題児です。

きのう半年ぶりに、コンビニエンスストアという場所に行きました。お店という場所自体に出向くのも半年ぶりくらいというほど、インドア派を極めています。インドアだけにカレー料理も美味しく頂いているこの頃です。

そしたら、コンビニのレジで蓄膿症のこと考えすぎて、お金を支払ったのに商品受け取り忘れました。

店員が外まで持ってきてくれ、事なきを得ました。しかし気づかなかったら、商品受け取らずに帰宅して、人生が終わってるところでした。

f:id:kl117cr233:20180522000340j:plain

ところで問題児って、トラブルメイカー、厄介者、疫病神、元凶。いろんな言い方ありますけども。

時代も場所も人種も問わず、いつも「問題児がそもそもの原因だ」って、誰もが思い込んでますでしょ。

「こいつさえいなければ」とか、「あの人のせいで不愉快だ」とか。そう言ってみんなで嫌がらせ、イジメ、追い込みかけてるみたいなことしちゃう場面は、日常にないですか。

ちくしょ~何で俺のことばっかり、俺のことばっかり悪く言うんだ!などとピーナッツをかじりながら荒ぶる人生でした・・・。

このたび問題児がおこがましくも、その「問題児の周辺の問題点」について、考えてみました。

 

1・解決してあげない

2・知ってて教えない

3・圧力かけて悪化させる

4・間違った解決法を教える

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1・解決してあげない

実はその問題児の問題を、解決できる方法を知っている人がいるらしいです。いろんな問題について。

だけど、彼らは問題児の問題を、何故か解決してあげようとしないです。それなのに、問題児を嘲笑する言葉は常に口にしているような感じがします。

そういう人々は、だいたい自己責任論を押し通している感じもしますよね。実際は他者の影響が問題を作っているとしても。そうして問題は解決されることなく、継続していくわけなのです。

 

2・知ってても教えない

問題の解決はできないけど、原因や状況は知ってる人はいますよね。でも彼らは本人に、原因やいまの状況を教えてあげることをしないらしい。

とことん問題点については無視して、問題児に対する文句は口にされるばかり。そうして問題児の問題は継続して行くだけなのですが。

 

3・圧力かけて悪化させる

とことん人をからかったり、圧力かけたりする人、いますよね。そんなの大規模にやられたら、ストレスだらけで、問題児の抱える病気や精神的な問題も悪化してしまうだろうに。

でも彼らはどんどん圧力かけまくってる。アナログで、ネットで。

彼らはイジメや嫌がらせや間違った解釈で問題を悪化させ、問題児に心の病を蔓延らせたいらしいですね。

解決してあげれば圧力掛ける必要はないのに、なんで解決してあげないで、圧力をかけるほうを選んでいるのだろうか。継続はもちろん、どんどん悪化する一方ですよ。

 

4・間違ったほうに誘導する

問題児が問題解決しようと試してみた方法は、まったく効き目がなかったりするのです。それでも間違った解決法を伝授したり、間違った方に誘導した人がいたりするのです。

それは善意からなのか、悪意からなのか。ともかく人の誘導により、問題児の問題が継続するじゃないですか。

 

 ・・・・・

こんな感じですが、如何だったでしょうか。ちょっと気になる問題児の周囲の環境で、思い当たる節はないですか。

 

たとえば俺の場合

・病院で蓄膿症をちゃんと診察・治療されず悪化した

・病院で意地悪されてトラウマになり行けなくなり悪化した

・問題点を客観的に指摘してくれる人がいなかった

・家族から的確な人生プランや問題修正の提案がなかった

・各方面から極悪過ぎる意地悪が執拗に継続され続けて悪化した

・そうして人生の全てが嫌になった

・俺の問題児なとこだけクローズアップされた

 

こういう過程があって、諸問題をこじらせましたが、俺を問題児扱いする人は、問題児化したまでの一連のプロセスは考慮に入れないのです。あいつが悪い、あいつが悪いと、壊れたレコードみたいに一辺倒で。

何故かいつも俺が失敗した、やらかしただの、結果だけがわんわん鳴り響くらしいですね。理不尽かと。

それにしても何でこんなに、問題が悪化する要素が全部揃ってんのだろうかと、陰謀を考えてしまう理由がここにあります。

 

 

ピタゴラス®問題集                                                 

 

何故世間は問題児を解決したくないのか?

世間的には「問題児だけが元凶だ」「問題児の自己責任だ」という風潮や認識が根強いかもですね。しかし実は、問題児の周囲の環境が明らかに変で、問題児の周囲の人々も問題児だったなんてことは日常的かもしれないです。

問題をさっぱり解決するどころか、悪化させる環境が整っているのが、問題児の周囲だったりするんですよね。

そもそも彼らが問題児の問題点を解決しないのは、単純に面倒だったり、かかわり合いになりたくない理由もありますが。

しかし問題児のことを観察して面白がったり、執拗なイジメ・嫌がらせの対象にして面白がったりする人もいますね。サイコパス的な悪どい感性も、世の中には蔓延っているのも実際なんじゃないかと。 

 

f:id:kl117cr233:20180522001002j:plain

今後目の前に問題児が発生しましたら、問題起こした人の自己責任として見るだけとか、問題児だけをバッシングするだけにしないであげてください。

 

・問題児の周囲でどういったプロセスで問題児が発生したか。

・執拗にいじめたがる人も問題児じゃないか。

この視点も踏まえていただきたいなと。

以上、問題児でした。

   

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ クリックお願いしますm(_ _)m。