たっちゃんの古代史とか

誰も知らない日本とユーラシア古代史研究。絵も本も書く。闇の組織に狙われてるアマ歴史研究者。在宅勤務の自営業。

日本列島の山岳地名の連鎖構造

こういうのは、従来知られてなかった筈なので、

まぁ、発見といえば、発見なのですが。

世間的には、ぜんぜん騒がれないので、まあ、気楽だから良いという話かどうかはさて置き。まぁ、俺みたいなダメ人間の生きた化石とか、見本って赤い判が押してあるみたいな者が、一生懸命というか、のらりくらりとなんか言っても、え、なに、聞こえな~い?となるという、そういう世の中の基本的な窓際構造があるとかないとか、言いますけども。

 ということで以下の図が、日本列島の山岳名の連鎖構造を表してるのですが。

f:id:kl117cr233:20140508165144p:plain

◆九州地方・四国地方側1
笠置山三笠山─大三輪山耳納山─釈迦岳──笠置山

近畿地方中部地方側1
笠置山─御笠山──三輪山─耳成山─釈迦ヶ岳─笠置山


◆九州地方・四国地方側2
霊山─御在所山伊吹山─石立山─剣山

近畿地方中部地方側2
霊山─御在所山伊吹山立山──剱岳


このほかにも一致が多数あり。

 

日本列島には、東西に同じ名前の山岳の連なりが、あるのですね。

これはヤマト王権が、九州から近畿へと首都を移転したことに伴って、地名や山岳名までも移植したという、いわゆる邪馬台国東遷説の証明のひとつになると思うのですが。

詳しくはこちらの、売れ行きの芳しくない、電子書籍キンドル)に書いてあります。

4ドル(409円)なので、決して家計を圧迫しない、安心価格となっておりますでせう。

まぁ、俺がなんか言っても反応は薄そうなので、いつもなんとなく、投げやりな内容になっております。

あ、追伸ですが、下巻はけっこう執筆が進んだので、6月までには完成しそうです。

では。また。

 

↑ クリックお願いします(_ _)。