たっちゃんの古代史とか

誰も知らない日本とユーラシア古代史研究。絵も本も書く。闇の組織に狙われてるアマ歴史研究者。在宅お仕事中。

新国立競技場は神と魔の聖域…。相反するものが絡み合う世界の象徴

 

どうもー、常に嘲笑されてる、想像力だけのゴミクズです、こんばんはー。

疲れが酷くて睡眠時間が長い。電磁波のアレでやられてるのだろうか。

おもちゃにされると、何もかもが上手くいかない。失敗する、人間関係続かない、お金稼げない、嫌われる、自己責任にされる。

いろいろと無理なのではやく魔物が成敗されますように。ナムナムナム。

 


何かに関連付けられてる

 

f:id:kl117cr233:20210804010501j:plain

 

戦時下に始まった東京オリンピックですが。またまた、もう中止されるんではないかっていう情報も出てきてます。

存在するんだかしないんだか、よくわからないコロナウイルスが、東京に蔓延してるっていう理由で。まぁそのへんは置いといて。

以前コメントで「新国立競技場の方角」について指摘があったので、今回はその話。

国立競技場は「Q」であり、皇居からのラインに乗ってることについては、以前に記事で話してました。

これだけ見ても、皇室繋がりは見てとれますが。

 

関連記事

0とQの新国立競技場と、荒ぶる神の関係 


で、「国立競技場の中心線」を調べてみましたところ。大まかに見ると、 

南方では神奈川の鎌倉方面

 となってました。

重要な施設の方角は、古来より風水やら呪術的なものを取り入れ「何かに関連付けられてる」というのは、確かなことだと考えます。

拙著の「封印された叡智の回復」ですよ。「前方後円墳の矢印説」、あの弥生時代の叡智と一緒ですのよ。

あと東京オリンピック開会式ですけども。「鎌倉権五郎景正」が登場したのも、中心線を意図してることの証左かと思いました。

・国立競技場=鎌倉方面むいてる
・開会式=鎌倉権五郎景正でてきた

まぁ、出来た箱モノも、開会式の見せモノも、どっちも鎌倉繋がりだったので無関係なわけがない。

しかしなんで国立は鎌倉を向くんだろう?と考えて調べると、だんだん意味がわかってきました。想像で。妄想で。

 

f:id:kl117cr233:20210806013625j:plain

 これが新規の国立競技場の、中心軸を延長したラインです。

ここに答えがあるかも。占ってみました。

 

 

(1)国立競技場

0であり、Qの形をしている国立競技場。神と魔の両者が関わる稀有な場所でした。

そのへんは開会式で悪魔の式典が執り行われたこと、歌舞伎のシーンで、救世主である鎌倉権五郎景正が登場したこと、オリンピック自体がギリシアの神に捧げられる祭典であること、などからも明らかとなっています。

ところで東京オリンピックの公式ロゴ、🌞と🌙のような形。これは表向き、伝統の組市松紋を用い、多様性と調和を表しているのだとか。

しかしあれ、そーかがっかいで以前から使われていた、八葉蓮華や鶴をモチーフにしたマークであると。言われたりしますので、なんか裏があるようす。

 

この地点を起点としたラインに、表された不思議なものがありました。

全ては、今の混迷する神と悪魔の世界の反映、かがみ写し。東京オリンピック開会式で、現されていた通り。


(2)武蔵小杉

川崎の武蔵小杉といえば、ここ何年も再開発ラッシュ。住宅地からコーソービルだらけになった、華麗な街でありました。

しかし2019年の台風と洪水により、下水が逆流し汚いイメージができてしまったようです。

これまた清楚と汚染、相反するイメージが存在しておりますね。

洪水と言えば、いま世界を賑わせてますけでも、世界に先駆けての出来事だったようで。


(3)菊名の緊急放送カラー

f:id:kl117cr233:20210804013333j:plain

横浜市港北区菊名6丁目も、国立競技場の中心線上にあるのですが。

ここに極めて意味深な、虹色のしるしが出てました。

これはグーグルマップの通常マップでは確認できず、「マイプレイス」のマイマップだけで見ることができます。

虹色は光の七原色であり、神の光の象徴。同時にイスラエルでは「虹が出ると地獄の釜が開く」とか言われてたそうで。

やはり聖域と地獄の両面性を併せ持つのではないですか。


(4)鎌倉の鶴岡八幡宮

旅行先で人気のあった古都鎌倉は、言わずと知れた源頼朝が開いた鎌倉幕府の拠点でした。

開会式に現れた鎌倉権五郎景正は、いわゆる歌舞伎の「しばらく」に登場する正義の味方。
開会式では悪魔が蔓延るシーンが続きましたが。そのあとに「ちょっとまてよ」的に鎌倉権五郎景正が現れ、直後に富士山噴火の聖火がともる。

すると富士山噴火は破壊の象徴でありつつ、正義の活動に関係するということになるという、相反する意味合いを感じ取れるわけです。

 

鶴岡八幡宮は、かつて平安時代に源氏により創建された、由緒ある神社でした。

近年には天然記念物の大いちょうが倒れたことが、ニュースになってました。

倒れたあと、いちょうは3分割されたあと、植え直すとひこばえが出て復活したという話。

これまたなんか、死と復活という、相対的な要素があって意味深な話。

ところで、鶴岡八幡宮の社紋見てください。丸に鶴。

 東京オリンピックは、鶴を型どったロゴを使ってました。
あれは何かと怪しい話の一方で、実は鎌倉の鶴岡八幡宮のマークでもあったわけなのです。

国立競技場のそばの宗教と、南方にあった鎌倉の歴史的な神社。ここでは鶴の鏡合わせが見えました。

 

(5)鎌倉大仏

高徳院の国宝鎌倉大仏は、鎌倉時代に建立され開眼供養されたものであるとか。鎌倉の象徴の1つですが、これも関係するのかどうか。

立派な大仏であるが、覆屋の大仏殿が倒壊し、野ざらしになった姿であった。大仏は体内まで入れて、隠すものがなにもない。

そういえば5Gで人の五感を搾取して、人を丸裸にするのがこの21世紀。そんな象徴なのかもしれないですね。

 

(6)由比ヶ浜

言わずとしれた、鎌倉を代表するバカンスにぴったりな海岸です。海水浴場として認知されだしたのは、明治時代からのことだとか。

■ 由比ヶ浜(ゆいがはま): 神奈川県鎌倉市由比ガ浜。 「ゆい」は「結」で、「お互いに助け合う労働組織」を意味し、「由井」や「湯井」とも書いた。【神奈川県民も知らない地名の謎 日本地名の会 PHP研究所

 https://folklore2017.com/timei900/364.htm

 「由比」とはなんだろうと思って調べると、お互いに助け合う労働組織とのことらしいです。

そういえば材木座海岸の由来は江戸時代にあった材木屋の商工組合で、鎌倉には鎌倉七座という商工組合があったとか。由比ヶ浜もそういう商業関係の由来があったわけなんです。

しかしその一方で由比ヶ浜は、かつて江戸時代までは処刑場だったとか。これまでに5000体もの人骨が発掘されてるんだとか。

だから怖い場所でもあるのですが。ここでも楽しさと恐ろしさの、相反する吉と凶が合わさってるのは、意味深なところではないですか。

 

(7)シンゴジラ

2016年に公開されたシンゴジラですが。あれは神として降臨したゴジラ(神呉爾羅)だったようで、ともかく退っ引きならぬ破壊神の物語でした。

作中で2回目の上陸地点となっていたのが、稲村ヶ崎に近い由比ヶ浜あたりです。その後にグダグダと北上して、武蔵小杉の市街地を破壊してます。

シンゴジラは不思議と、国立競技場の中心軸からのラインを意図した破壊活動だったようですよ。

 これは近未来に起きる第三次世界大戦(複合災害)による、関東地方の破壊を予言的に描いた作品だと思われますが。

コロナ禍という名の複合災害となっているので、シンゴジラみたいな物理的破壊の場面は、現実にまだあらわれてません。あるとしたら首都直下大地震とか、富士山噴火みたいなことですが。はたして?

 
(8)九戸郡岩手県

一方で北方に国立競技場の中心線を伸ばしても、よくわかりませんでした。それでイライラするからグーグルマップをぐりぐりイジり倒してやってました。

それでたどり着いた結論が「九戸郡」なんですよ。

「九は9でQ」というわけで。

ついでにお隣の久慈市も旧九戸郡であり、

九戸 九=9=Q

久慈 久=9=Q 

 こういうことかと。すると国立競技場がQだというのは、なかなか合理的な話になってるではないですか。

九戸郡野田村は、村章に意味深なものを使ってました。これはググってみると、

「ノを円で囲み4つの三角を配することで、融和と団結、無限の発展をあらわす」みたいな感じでした。

すると、このラインは

・最南端の由比ヶ浜 = お互い助け合う労働組合

・最北端の九戸郡野田村 = 団結 

南端と北端の土地は、似た意味合いが見つけられたんですね、しらんけど。南北で団結にはさまれた、国立競技場。

 

 

最終的に神のような存在が「魔を気にならないものに変えていく」のか

 

 今の世界は、神と悪魔の対立の中で、人類が滅びに向かってる流れだと、賢者はよく言いますね。

日本の人口は減少し始めている、そんな兆候も出ていますので・・・。

 

しかし滅亡へ向かう中で同時に、神と呼ばれる存在に救われる道筋も、入ってるんだろう、という発想は得ていますけども。

それはかつて「ヨハネの黙示録」だとかの、宗教的な古典作品に表されたように。はたまた、「AKIRA」などのあらゆるメディア作品でも、散々描かれてきたテーマだったりするのですが。

この国立競技場が示しているであろう、神魔、善悪、白黒、生死、破壊と再生。こうした相反するものが絡み合っている姿。白黒が合わさって灰色な姿。

キレイな大会のはずが、汚い出来事ばかりの東京オリンピック

これが要するに日月神示で言ってた、「悪を抱き参らせるのざぞ」「善も悪もないのだぞ」的な話に関係してる気がしました。

コロナウイルスという幻の悪に振り回される

ワクチンという善の顔をした悪に振り回される

正義と優しさと無頓着という善に救われる

これが混ざり合って、人々の運命は決定してる昨今ですね。

ひっくるめて、西洋でキリストと呼ばれた神と、悪魔と偉い人の壮大な計画であったようで。

よく言われる人口削減、人間選別でありましたんですね。

何十年も前から、まんまと乗っけられてしまってたようですね。乗っけるのはカツ丼でいいんですけどね。

たぶんコロナ禍という名の第三次世界大戦は、頭を使って世界の動向を読み解き、狭い道を進み逃げ切った人だけを、新人類として選りすぐる方策である、と言う感じもしますけども。

最終的に悪を抱き参らせた神と呼ばれる存在が、悪を気にならないものに変えていくであろうと。それが人口削減、人間選別と共に進んでいくだろうと。

そうした話は、世の中の動きからもわかったりします。SNSでやたら悪口書くなと言われたり、ロンメル死が噂になったり、DSの方々がお困りだったり。

別に人口削減に賛同してるわけではないですが。狭い道を進んで逃げ切っていけば、数年後も生きているかもしれない。生き方を試されてるようで。

まぁ、俺はバカなのですけども、バカな生き方でもなんとかなるのかもしれないし。

 

こんな妄想しながら、毎日狛犬の絵とたこ焼きの練習してるこの頃です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

投げ銭

 

ユグドア|チップの送金を世の中全てのホームページへ。

「チップの送金先ホームページアドレスを入力」に、URLを貼り付けるだけ。

 https://twitter.com/t7a7t0o1 」か、

「 https://mobile.twitter.com/t7a7t0o1 

少額でもお願い申し上げ増。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ クリックお願いします。