たっちゃんの古代史とか

誰も知らない日本とユーラシア古代史研究。絵も本も書く。闇の組織に狙われてるアマ歴史研究者。在宅お仕事中。

diyで屋根修理の準備と28日の爆音

28日夜の、東京電力の鉄塔の高圧線の爆音がすごかった。

 

これが1日、1時間おきに10~30分継続したりすることがあるのですよ。

引っ越しの直後から、時々起こる。幻聴じゃない。

絶対にニュースにならない、非ニュース案件。裏ありすぎ。

 

ドーン!ドドーン!含め、

何故か大騒音は俺が出してることにされ、2年間にわたり近隣の中高年から嫌がらせされまくったのだが。

真相は飛行機が落とす未知の爆音だったり、自衛隊の爆音だったり、あとは高圧線の爆音、近隣がわざとらしく出す騒音だったりするわけなのだが。

で、修理で俺が音を出せば、「ほらやっぱり」みたいにとなりのおばさんが嘲笑い出し、関連付けられ俺のせいで固められる。

不愉快な感じが継続中なわけなのだが。

「あのスゴイ爆音はうちじゃない」

「あの爆音と、俺の家の音は、全くの別モノだ」

「よその騒音なのに、何で俺に抗議するんだ」

「文句あるなら東京電力や政府に言ってくればいいのに」

 

と、こちらがていねいに申し上げても、ボケていたり思考が回らない人は理解ができないらし。

玄関ドアで2年以上も一生懸命、ばたん!ばたん!やり返してるおばさん、何なの。

 

 

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

そんな中でも、こつこつと自宅解体修理の準備は進めてきました。

 

f:id:kl117cr233:20190730145429j:plain

足場は組んだし、

 

f:id:kl117cr233:20190730145503j:plain

コンパネは大量に入手したし、

 

f:id:kl117cr233:20190730160606j:plain

材木も250cm~400cmのツーバイ材を50本以上、

 

ビスも大量に用意したし、

アスファルトルーフィングもスレートも準備できたし、

 

f:id:kl117cr233:20190730160847j:plain

工具もある程度揃ったし、

 

f:id:kl117cr233:20190730161051j:plain

丸のこは買ったし、9割準備ok。

 

大工仕事の練習もしていたので。

f:id:kl117cr233:20190730161240j:plain

f:id:kl117cr233:20190730161303j:plain

こんな具合に。

 

とにかくバリバリ家を解体して、DIYでの再建であと5~10年はもちこたえてくれないかと。

この家の問題は、屋根や床や壁がボロボロになってる部屋があること。

掃除や塗装で、なんとかカビや腐食を排除し維持してたのも、もう限界かと。

なんでこんな廃屋満たんな家を購入しちゃったのかと、後悔も先にたたないんすけどね。あの時は家を追い出されるような形で、すぐ引っ越し先を決めなきゃいけなかったので。予算も厳しかったし。

 

 

10年たった後は、別の家に住んでいたいです。

まぁ近いうちに大地震が来れば、壊れる可能性があるんですけどね、おわた・・・。

 

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ クリックお願いしますm(_ _)m。