たっちゃんの古代史とか

誰も知らない日本とユーラシア古代史研究。絵も本も書く。闇の組織に狙われてるアマ歴史研究者。在宅お仕事中。

「立ち往生」調べりゃ行き着く国常立

立ち往生

たち おうじょう -わうじやう [3] 【立(ち)往生】
( 名 ) スル

 ①立ったまま死ぬこと。立ち死に。 「弁慶の-」
②事故などで,電車や自動車が身動きのとれない状態になること。 「雪のため電車が-する」
③物事が行き詰まりの状態になって処置に困ること。 「演壇上で-する」

三省堂 大辞林

立ち往生とは - Weblio辞書

 

往生

読み方:オウジョウ(oujou)

この世を去って、他の世界に生まれ変わること

三省堂 大辞林

往生とは - 難読語辞典 Weblio辞書

 

最近よく聞く、立ち往生。実のところ、死に直結してる言葉ですね。

 

先日の記事。

「龍・竜・辰」の出来事の氾濫は偶然じゃないかもしれない証明

 これに関係するのかと。

 

竜神と言えば、国常立命なのですが。

流海(霞ヶ浦)と龍ケ崎と常陸国から解ける龍神信仰の秘密

日本で唯一国常立尊を国名に刻む常陸国が、「国常立尊の龍神の顔」を証明するカモ

 

立ち往生は、国常立尊の「立」、竜神の「龍・竜」、達也の「達」なので。

創造と破壊の神という国常立尊が関係しているみたいじゃないですか。

 

 

淡路島 いま行くべき新店と島のごちそう 【リシェ別冊】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

一番最近はこれ。

f:id:kl117cr233:20180320005251j:plain

2018年3月18日 

神戸新聞NEXT|事件・事故|500人乗船のフェリー、明石沖で立ち往生 8トンのブイに接触

18日午後7時半過ぎ、兵庫県明石市の江井ケ島港南約6キロの海上で、大阪南港から新門司港に向かっていた名門大洋フェリー「フェリーふくおか2」(9774トン)が、ブイ(灯浮標)に接触した。乗員乗客計509人にけがはなかった。フェリーは同日午後11時半時点で、船体の損傷を確認するため、現場で停泊している。 神戸海上保安部によると、同日午後6時15分ごろ、同フェリーから「船内に急病人がいる」との通報を受け、姫路海上保安部の巡視艇が出動。急病人を巡視艇に移す作業中にフェリーが流され、右舷の船尾付近がブイと接触した。ブイは水面からの高さが5・6メートル(全長10・6メートル)、直径2・8メートルで、重さ8トンという。

神戸新聞NEXT

これ、なんか日本航空123便墜落事故の情報が、入ってるように感じられました。

 

   フェリー   123便

現場 明石海峡  御巣鷹山高天原山

乗員 509人    509人

異常発生18時   18時

結果 ブイに衝突 山体に衝突

排水量9774トン  製造年1974年

明=日月(ひふみ)  123(ひふみ)

日航機墜落事故日月神示、国常立命に関係すると密かに囁かれている事件です。

なにか、このフェリーの事故も、日月神示、国常立的なものを感じました。

こんな数字の一致は、偶然なわけないですが。

 

あと、最近は立ち往生が目白押しでしたが、こんな事件も。

 

2018年3月1日

スリップ相次ぎ車80台立ち往生 吹雪の北海道伊達市:朝日新聞デジタル

 

 北海道では1日朝から各地で強い吹雪となり、伊達市の山間部ではバスがスリップして国道をふさぐなどして、2カ所で計約80台の車が立ち往生した。

 警察や消防などによると、伊達市大滝区の国道453号で午後1時ごろ、バスが横向きになって道路をふさぎ、さらにスリップして動けなくなる大型車が相次いだ。同区内では千歳市倶知安町に向かう峠も通行止めとなり、多くの車が立ち往生することになった。現地には除雪車が入り、午後6時までに解消した。(三上修)

朝日新聞デジタル

立ち往生

伊達

立、達。

 

2018年3月9日

名鉄空港線、終日不通に 橋で列車立ち往生:社会:中日新聞(CHUNICHI Web)

  9日午前6時40分ごろ、愛知県常滑市名鉄空港線りんくう常滑中部国際空港間で、4両編成の回送列車が故障し、緊急停車した。現場は知多半島と空港島を結ぶ橋の上で、列車は立ち往生。名鉄は上下線で終日の運転見合わせを決めた。

 名鉄によると、故障した列車は新鵜沼発空港行きの特急「ミュースカイ」として運行。故障直前に空港をたち、回送列車として新鵜沼に向かっていた。列車のパンタグラフと、それに接する架線の両方が損傷しているが、原因は調査中。約20分前に先行列車が通過した際には異常はなかったという。

 常滑・・・国常立の常

知多半島・・・知多⇔多知

 

 2018年3月1日

瀬戸大橋で特急が5時間立ち往生 通過中に強風規制値超え: 山陽新聞デジタル|さんデジ

 

 1日午前11時ごろ、瀬戸大橋上でJR瀬戸大橋線岡山発高知行き特急南風5号(乗客約190人)が強風により停車。午後4時15分ごろに運転を再開するまで5時間余り、橋上で立ち往生した。

 JR四国によると、瀬戸大橋線は同日、橋上の風速計が規制値(風速25メートル)を超えたため、始発から児島―宇多津、坂出間で運転を見合わせた。風が弱まりいったん運転を再開したが、南風5号が橋上を通過中に再び規制値を超え、坂出市・与島付近で停車した。

 乗客にはおにぎりや毛布を差し入れ、体調を崩した人はいなかったという。JR四国は「安全運行を優先した結果、長時間、車内でお待たせすることになり申し訳ない」としている。

 瀬戸大橋線は夕方までに上下102本が運休・部分運休し、約1万7千人に影響が出た。

山陽新聞デジタル

宇田津・・・田津

田津、立

21時23分更新・・・123

 

 まぁ、こんなふうに散りばめられているようでした。 偶然じゃないような。

立ち往生 - Google 検索

 

 

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ クリックお願いしますm(_ _)m。