たっちゃんの古代史とか

誰も知らない日本とユーラシア古代史研究。絵も本も書く。闇の組織に狙われてるアマ歴史研究者。在宅勤務の自営業。

山間部に響き渡るドーンという爆発音の正体はジェット旅客機のソニックブームなのか

俺が最近になって住んでる場所は、富士山がけっこう近いところですが、ようやく生活にも慣れてきました。

といっても、山の中で朝起きて、パソコンで仕事したり掃除をしたり、たまにぶらっと山道を歩くみたいな繰り返し。自宅で一日が 終わる単調な毎日なわけだけど。

まあ普通の人は、気が変になるかもしれない。でも15年以上も都市部で散々な目にあってきた俺としては、もはや隠者みたいな生活こそが良い。

 

なんか爆発音が聞こえる

 

・引っ越したばかりの4月下旬のドーン

遠くの方で、ドーン!とかボーン!みたいな爆発音みたいなのが聞こえてました。

この音は一体何なのだろう?こんな山の中で?という疑問を持ったわけです。

関東の平野部じゃ、聞いたこともない音です。普通の飛行機やヘリやバイクやたまに聞こえるチェーンソーの音とは全然違う。

しかしニュースをみても、別に近隣で爆発が起きたとか、そういう話はどこにもなかったです。

その後もドーンだのボーンは、遠くの方で聞こえていたのですが、時々のことみたいなので気にならなくなったわけですが。

 

・5月1~2日

おとといから昨日にかけては、自宅に音が直撃して、家が揺れてました。朝の7時から夜の22時くらいまで、時々ドーン!バン!ズドーーン!という轟音が鳴り響いわけなんですよ。

壁を叩くみたいな音が出ていて、わけがわからなかったです。1分間に8連続でバンという音がでたときはビビりました。

ポルターガイストか、なんかの工事中か、新手の集ストか、いよいよアポカリプティックサウンドかと。

喧騒から離れて超絶静かに暮らすことを目的に来たのに、まさか正体不明の大騒音がこんな山中で発生するとは。

 

・5月3日

昨日とは打って変わり、今日は遠くの方で小さくボーン!と鳴っているだけでした。音の発生地点が、バラバラで一致しないんですね。これはなんだろう、何故だろうという疑問がもたげてきて当然でした。

 

似た音の映像

富士の裾野に響き渡る 謎の轟音 2014年8月19日

youtu.be

富士山の演習場では、毎年8月になると陸上自衛隊の「富士総合火力演習」が行われているとか。この演習では当然ドーン!ボーン!という轟音は響くでしょうね。

 

ここには演習場は無いんですが。

爆発事件でもないし、ここは騒音発生禁止地区だから、暴走族なんかも近くにいない。

じゃあ一体、ボーン!だのドーン!は何の音なんだろう。

  

ジェット旅客機のソニックブーム(衝撃波)なのか

 

f:id:kl117cr233:20170504003805j:plain

旅客機-Wikipediaより

 

この手の話は前例がないようで、ネット検索をしても情報がないですね。平野部ではまずこんな騒音は聞かれないものだし。

しかし、ネット上で掲示板の話題にもならないって、何なのだろう。

ニュースとは人が存在するからこそニュースなんだな、人が騒がなければ、ニュースでも何でもないんだな、とあらためて実感するところでした。

  それで今日はドーン!の映像と音を撮影しようとしてたところ、遠くの方では鳴ってましたが、昨日みたいに家に直撃はしないようで、撮影未遂に終わりました。

 

だめだこりゃと思ってブログも書くのは延期するかと思ってましたが、ふと、この爆発音にはいくつかの特徴があるな、と気づいたんですよね。

 

・この場所は富士山静岡空港から離発着するジェット旅客機が頻繁に通る

・爆発音の場所が一定しない。北だったり西だったり南西だったり我が家直撃だったり

・ひどい時は壁をバンと叩く音と共に、地面と家が揺れた

・ジェット旅客機が上空を飛ぶときに、ゴオオオという音と一緒にボン!という爆発音が聞こえた

・近隣には爆発事件は起きてないし、大騒音の工事もない

・山の地形によって音が増幅される(やまびこ)

・日によって爆発音がする日、しない日がある

 

という情況が見えてきたなと。

この結果から導かれる結論としては、この山で時折聞こえる爆発音は、

上空を飛び交っているジェット旅客機が引き起こしているソニックブーム

であると見れるんじゃないかと。

地元の人なら知っているのだろうか。

 

ソニックブームについて 

 

技術の広場(TechPlaza)
ソニックブームの【デモ】 ~なぜマッハ1で衝撃波が

飛行機がマッハ1(音速)をちょうど越えると、飛行機の音がまとめて一時点に来るため、その膨大なエネルギーで、しばしば地上の窓ガラスが割れるなどの被害がある。

 

このソニックブームの解説を見る限り、この山に鳴り響いていた、ドーン!ボーン!という音の正体は、まさにジェット旅客機のソニックブームが、山の斜面にぶち当たったものと見て良いのではと。

ここは富士山静岡空港がわりと近くなってる山の上。飛行機の進行方向、高度、風向き、いろんな条件が重なることで、この地域にソニックブームが飛んできて、その結果、ドーンと爆発音や振動が起こっている・・・。

 

これ以外に、真の理由があるのだろうか。 

近隣の人は、これについてはどう思うだろう。

 

最初はジェットのエンジンからの衝撃が、そのまま飛んでくるからと考えてたのですが、違いましたね。ジェット旅客機そのものが、騒音発生装置みたいなものになってるわけなんですね。

ちなみにジャンボジェットというのは、ボーイング747だけの愛称らしいです。知らないで、ジェット旅客機はみんなジャンボジェットだと思ってました・・・。 

 

昨日は8連続とか6連続とか、わざとやってるだろみたいに思うほど酷かったのに、今日は全然爆発音が気にならない。

しかし、超絶圧力と覗き見と奇声絶叫騒音から逃避してきたのに、こちらでも思わぬ形で未知の音に出逢うとは思わなかったです。以前のままで平野部に住んでたら、決して遭遇できない情況でもありました。

 

爆発音の映像と音声は、撮影できたらアップしたいと思います。

 

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ クリックお願いしますm(_ _)m。