読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たっちゃんの古代史とか

誰も知らない日本とユーラシア古代史研究。絵も本も書く。闇の組織に狙われてるアマ歴史研究者。在宅勤務の自営業。

気になる漫画

嫌がらせ

気になる小説や漫画はいろいろ読んできました。一つはこれ。

伊藤潤二傑作集6 路地裏」の、「道のない街」

 

 

道のない町

 

あらすじ

学生の彩子(さいこ)は毎日のように夢を見るのだが、その夢は妙にリアルだった。あるひ夢で岸本くんに告られた。その時に切り裂きジャックが現れて、夢のなかで岸本くんは刺し殺されてしまった。

夢のなかの殺人事件のはずだったのに、現実でも岸本くんは死体で発見される。

 

数カ月後、彩子の一家は異常な行動を取るようになっていた。父・母・兄・弟が、彩子の部屋の様子を、常にのぞき見する状態になっていたのだ。

f:id:kl117cr233:20160923023555j:plain

 

 

彩子がやめて欲しいと懇願すると、「なんのことだ」「そんなことするわけない」「変なことを言うな」などと全否定する一家。

しかし彩子がいったん自室に戻ると、家族全員が彩子の部屋をのぞき見はじめるのだ。壁、天井などあらゆる場所に穴を開けて、父・母と兄・弟は彩子をのぞき見る行動を、やめることができない。

f:id:kl117cr233:20160923023625j:plain

 

f:id:kl117cr233:20160923023703j:plain

 

→彩子「のぞき見やめて」→家族「そんなことしてない」→彩子をのぞき見る家族→

→彩子「のぞき見やめて」→家族「そんなことしてない」→彩子をのぞき見る家族→

→彩子「のぞき見やめて」→家族「そんなことしてない」→彩子をのぞき見る家族→

・・・・・・(繰り返し)

 

そんな現実に嫌気がさして、彩子はまたまた家出した。

向かった先は小里町大西三丁目。しかしこの大西の街こそが、のぞき見文化の根源になっているとは、彩子も知らないことだった。

小里町大西三丁目は違法建築が溢れている。そしてあらゆる悪事が違法でありながら、堂々とまかり通っている街であった。この街はあらゆる家屋の中が通り道になっており、他人の私生活をのぞき見る人々で溢れかえっていた。 

だからプライバシー確保のために、人々はお面を被っている。彩子は家出先に玉枝おばさんの家を選んでいた。そこに行きたいのに道に迷っていると、仮面の男が現れて道案内をしてくれた。

玉枝おばさんに再開すると、叔母は住人にのぞき見られ続けることで精神状態がおかしくなり、ほぼ全裸で生活していた。彩子にも裸になるよう求め始め、ナイフを突きつけてきた。彩子はあわてて叔母の家を逃げ出した。

 

道に迷った彩子は、大西の街の最深部へと進んでいた。そこで見たのは、人にやたら執着し、のぞき見をしすぎて、顔に無数の目玉がくっついている怪物と化した人々の姿だった。

おそろしい世界から逃げ出そうとすると、道案内の仮面の男が再登場。じつはこいつが岸本くんを殺した切り裂きジャックだった。

あわや殺されるという寸前で、ナイフを持った玉枝が、切り裂きジャックを刺殺した。叔母は彩子に街を出る道を教え、自らはのぞきの街へと消えていくのだった。 

 

この漫画の要点は

・夢と現実がごっちゃになっている

・主人公はのぞき見され、常に悪者にされてしまう

・街は人をのぞき見する人々で溢れかえっている

・のぞき見する人々は、のぞき見してない!と言いつつ、のぞき見している

・住人にプライバシーがない

 

路地裏、相部屋、旅館など中身が濃い短編集でした。

 

ちなみに調べたところ、「道のない町」は、短編集『サイレンの村』(1993/5)に収録されていたものを、傑作集6に再掲載したもの。

1993年の時点で、すでにこんな世界観があったとは。

 

 
世界史 ブログランキングへ

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ペチっとお願いしますm(_ _)m。