読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たっちゃんの古代史とか

誰も知らない日本とユーラシア古代史研究。絵も本も書く。闇の組織に狙われてるアマ歴史研究者。在宅勤務の自営業。

中央アジアの地形と地名がなぜか伊勢湾周辺にあったりしたら

ご先祖様 偶然 地名 大和民族 大陸 天皇 烏孫 起源

世の中は「なんかおかしい」って、少なからず誰でも感じ取ってると思いますけどね。お前が言うなという感じかもしれませんが。何故か誰も口にしない代わりに、フルボッコされてきた俺が、ついでに言ってあげてるわけですが・・・。

f:id:kl117cr233:20160417053144j:plain

日本が変というのは、今現在起きている変な事だけでなく、古代世界で起きた変なことまでも関係すると思うこの頃なのです。

今回は中央アジアに日本と同じ地形・地名があるっていう変なことをテーマにしますが、とりあえず身近で起きてる変なことについても取り上げると、

・集団ストーカー活動・ノゾキ趣味スパイ活動が一般に広まってるらしいとか

・何でいちいち人をノゾキ見ては、ネタにしなきゃいけないの?とか

・うちの前で中学生が一々騒いでいくミッションが発注されて派遣される

・kさつ関係者によって、うちの敷地に黄色いバイクが置かれたのはなんで

・飛行機の騒音など、音の種類が分からないんだろうか

・組織的な陰謀は否定したり信じないけど、「罰が当たった」と言って目に見えないものや神威を許容する人

・あらゆる事象の中に、俺の波及要素を見つけられるとか・・・

関連記事

俺にまつわる陰謀の証明

 

想像を膨らませてみると、こういう変なことが日常で感じられるということで。

そういえばココ数日のブログの閲覧者数。

f:id:kl117cr233:20160418000756j:plain

先月から500前後で、ずっとなだらかな訪問者数でした。ほそぼそ続けていたんですが、16日はブログのカウンターで1000超え、ブログ管理画面のカウンターで2000超えた。3日連続で1000超えということにもなり、なにか熊本地震の発生と時を同じくしているような・・・。

こんなに増えたのは初めてだったんで、感動したんですよね。人気ブログからすると1000でも2000でも少ないとは思いますが。何があったのか。1日1000人以上が見てるって、考えると凄いことなのですが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんな奇妙な世界に生きてる俺は、奇妙な物事に気づくことが日常的なのですけど、今度は歴史上で知られざる、奇妙すぎる一致について。

日本雛形論の個人的な解釈を改めて広げてみよう。

 

 神武天皇の出発点を古代イスラエル・ユダ連合王国として、到着地点の近畿地方中央アジア。この移動経路をユーラシア大陸に当てはめると、ぴったりと歴史的な国家・民族名、そして国家の形までもがあてはまるという仕組みでした。これを基礎として踏まえてたわけでした。過去記事参照。

f:id:kl117cr233:20160306064728j:plain

 あらためて 日本の伊勢湾のあたりを考えてみることにした。2016年は伊勢サミットが行われることだし。

伊勢というのは言わずと知れて、伊勢神宮と呼ばれる日本人が昔から信仰してきた天照大神を祀る内宮、豊受大神を祀る外宮のある聖なる土地。

伊勢神宮の内宮は崇神天皇のころに移設場所の調査が行われはじめ、垂仁天皇の時代に今の場所に定着したんですが。

 

この伊勢を中心とする近畿~東海地方は、個人的な想像を働かせた結果、実は中央アジアの地名と一致してるわけでした。 

f:id:kl117cr233:20160417055609j:plain

伊勢(ise)  イッセドネス(issedones) 
美濃(mino) マナス(manas)    
揖斐川(ebi)  エビ湖(ebi)
知多(chita)  チータイ
飛騨(hida)  匈奴(hundo)
信濃(shinano) 匈奴(shonnu)
弓月岳    弓月
宇陀(uda)  烏孫(wuson/uzun)
宇治(uzi)   烏孫(uzun)
宇智(uzi)   烏孫
丹敷(tajiki)  タジキスタン
牟婁(muro)  ムルガブ(murgab)
大阪(osaka) サカ
堺(sakai)  サカ
淡路(ahaji) エフタル(eftal)

中国新疆ウイグル自治区からキルギス方面にかけての、天山山脈を中心とする地方との比較になってます。

新疆のイッセドネスというのは民族名で、サカ系の民族という。かつてのアラル海の北方のカザフステップに居住した説があるのだが、今となっては定かでない。別の地図だと新疆の天山山脈のふもとのこのあたりだとか。伊勢にイッセドネスを照らし合わせると、地図上にあらわしたジュンガル盆地の位置になるんでは。

この手の記事はすでに幾つか書いているので、参考に、

「騎馬民族の影響を完全否定するのはトンデモ(2)」 日本史の中の月氏

 

こうした数多くの地名の相似を目の当たりにした時の、日本史研究者の反応はこんな感じかもしれない。「たまたま」「偶然に決まってる」「遠いから関係ないし」「ノーコメント」「妄想乙」

偶然の一致、たまたまだっていう発想から先に進めないのは、仕方がないことであるんだけど。 

じゃあもう一つの偶然の一致を提示してみますが。これはどうですかね。

f:id:kl117cr233:20160417070120j:plain

青い線のところ、見て欲しいんですけど。青い線は全体でタツノオトシゴみたいに見えます。

不思議な事に、中央アジアの①、②、③、④と、日本の伊勢周辺の①、②、③、④の線の形状が、一致しているように見えませんか。

中央アジア・新疆の場合には、高地や山岳地帯が周辺を取り囲む砂漠から、一段階浮き上がってるではないですか。

この中央アジアの地形と、日本の三重県~愛知県あたりの海岸線の形状が、よく似てるということになってました。知多半島のところがチータイだったり、エビ湖が揖斐川に一致したり、という新たな発見も。

陸の孤島」とか言いますけど、まさに海の中の陸地と形容されたかもしれないってことで。中国のチベット高原東部を「青海」と呼んでることからも、ありがちだと思うわけですが。たぶん砂漠の民は、海がなくても海と呼び、砂漠を海と表現し、砂漠=海から浮き上がった高台を陸地と表現するんですよ。

 

たしかにこの地形の相似は、完全に偶然起きたこと、あるいは日本雛形論としていえば創造神による御業であるのですが、古代の中央アジア人が日本列島へやってきて伊勢周辺の地形を見た時、

「これって中央アジア付近にぴったり当てはまってるみたいだな~」

と発想するに違いないのですよね。で、日本書紀崇神天皇の皇女豊鍬入姫命と、垂仁天皇の皇女倭姫命が、伊勢神宮遷座地の探索をしたではないですか。彼女らは皇族でしたが、もし先祖のいた土地中央アジアの地形を知っているとしたら、

「先祖の故郷(中央アジア)と地形が一致するので、地名も合わせる」んじゃないんでしょうかね。その役割をしたのが彼女らだったと思うわけなのですが。

 

こうして日本雛形論の祖形が、崇神天皇のころにすでにあったことが分かってくるわけなのですが・・・。日本の地名の多くが、中央アジアの1世紀~3世紀頃の地名を移植してあるという。

こんな結論に至ってしまうと、「日本の地名は縄文人由来だ、「アイヌが、日本人が編み出した」とする従来の考え方とは全く相容れない様相です。

拙著で「日本の地名の真の由来と神武東征のカラクリ仕掛け(上下)」を出してますが、この作品の続編を書く必要があるということで。今後書けるかどうか。

 

 

関連記事

倭と中央アジアに確認できる長脛と安日

天照大神は古代オリエントの太陽神の習合だったってことで

倭人の土器の線刻画から解ける日ユ同祖論

八咫烏は古代エジプトの「ホルス神」で「ユダガラス」だった?

出雲国の日ユ同祖論を境界線で解いてみた

日本の境界線は適当に引かれたんじゃなかった4 境界線が語る日ユ同祖論と神武東征の真相

古代の君主号を見ることで分かる天皇と大和民族のルーツ

などなど。

 

 
世界史 ブログランキングへ

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ペチっとお願いしますm(_ _)m。