読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たっちゃんの古代史とか

誰も知らない日本とユーラシア古代史研究。絵も本も書く。闇の組織に狙われてるアマ歴史研究者。在宅勤務の自営業。

地名も地形も一致している九州・近畿・関東

古典 地名

拙著『日本の地名の真の由来と神武東征のカラクリ仕掛け(上・下)』に目を通した方はなんとなくわかったと思いますが、日本列島の地名の由来の一つは、

「西日本の地名を東日本に当てはめた」ことだったのでした。

 

拙著から図版を持ち出すと、例えば西日本の山岳ラインと、全く同一の山岳ラインを東日本に発見するに至ったり。

f:id:kl117cr233:20140508165144p:plain

または九州の大きな地名は、そのまま近畿に移植されていたり。

f:id:kl117cr233:20140226053400p:plain

日本列島にはこうした地名の秘密があったわけです。

北部九州と奈良盆地の地名の一致は安本美典氏の著書『「邪馬台国畿内説」「箸墓=卑弥呼の墓説」の虚妄を衝く!』で解説されていました。本書は安本美典氏の地名に関する推論を、拡大解釈していったものでした。

 

関東地方にも、九州系地名が移植されている事実が分かって、著書内で公開しました。つまり日本の地名は、「九州=近畿=関東」が同一系であったのです。

例えば少し例を挙げると、

 

九州  近畿  関東  一致する音と漢字

佐賀郡 大阪  相模国 さが・さか

神埼郡 神崎郡 埼玉郡 かんざき・さき・埼

豊国  豊島郡 豊島郡 とよ・豊・豊島

養父郡 養父郡 秩父郡 やふ・父

出水郡 和泉国 夷隅郡 いずみ・いすみ

宇佐郡 伊勢国 匝瑳郡 うさ・いせ・そうさ

諸県郡 牟婁郡     もろ・むろ

山門郡 大和国     やまと

夜須郡 野洲郡     やす

    河内国 河内郡 かわち・河内

 

こういった例でした。

 

以上は理解しやすいように、大きな地名の一致を取り上げていました。

安本氏の調査のように、大字、小字といった細かい地名の一致も含めれば、膨大な地名の一致が確認できるはずですが、時間をかけるのが面倒なので省略しました。

 

例えば、小さな地名の一致を挙げると、

九州の宮崎県日南市に鵜戸(うど)神宮

近畿の三重県紀宝町に鵜殿(うどの)・烏止野神社

関東の千葉県勝浦市鵜原(うばら)

こうした「うど」「鵜」の地名が一致していたりするような話です。まぁ鵜戸神宮は小さな地名とはいえませんが。

これらは決して偶然でなく、昔の天皇と大和民族による、計画的、意図的なものでした。

 

で、実は一致していたのは、古地名だけじゃなかったのですよ。

f:id:kl117cr233:20141206083801p:plain

南九州   南関東

大隅半島 = 房総半島

薩摩半島 = 三浦半島

鹿児島湾 = 東京湾

宮崎海岸 = 九十九里浜

 

南九州と南関東は、地理的に大変良く似てたのですね。

だから大隅(おほすみ)半島に対応する房総半島の土地に夷隅(ゐすみ)と名づけてあったり、

大隅半島の突端に大輪(おほわ)島に、房総半島の突端の安房(あわ)国が対応したり。

鵜戸神宮鵜原が対応したりしたのですね。

イタリア半島は長靴だとかブーツのようだと言われるのと同様に、大隅半島と房総半島は見方によっては靴のようだし、薩摩半島三浦半島も長靴のようでもありますね。

 

こうした地名と地理的な一致も、昔の日本の知識人は、熟知していたに違いないところですが、いつしか人間の知識は退化し、感覚が鈍感になってしまったのか。

今の時代は、勉強できる力だけは向上してきていますけど、過去の記憶・直感力・想像力といったものは、まだ古代人の領域まで回復していないです。

 

地理的に一致しているのは自然による偶然と言えばそうですが、伊耶那岐命と伊耶那美命による国生み神話があるからには、神様の仕業と言っても、もしかするとそうなのかと考えてみたりするところです。

 

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ クリックお願いしますm(_ _)m。