読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たっちゃんの古代史とか

誰も知らない日本とユーラシア古代史研究。絵も本も書く。闇の組織に狙われてるアマ歴史研究者。在宅勤務の自営業。

ハツクニシラススメラミコトの謎

始馭天下之天皇(はつくにしらすすめらみこと)

以上は日本書紀にある、日本の建国記念日の主役である、初代・神武天皇の称号。

 

・ 所知初國之御真木天皇(はつくにしらししみまきのすめらみこと)

・御肇國天皇(はつくにしらすすめらみこと)

以上は、日本書紀古事記にある、第十代崇神天皇の称号。

 

いずれも「始めての国を作った天皇」という意味で、

日本の歴史上で、建国主が2人いるのは謎とされてきたし、

昔から「神武天皇崇神天皇は同一人物ではないか」との想像を掻き立てることになりました。

神武天皇以前の瓊々杵命の天孫降臨の記録は、国が出来た瞬間を表すのではないのか?という疑問もあるのですが、まぁそれは保留しておいて・・・。

f:id:kl117cr233:20140621194129p:plain

 

系図では

1代神武天皇・2代綏靖・3代安寧・4代懿徳・5代孝昭・6代孝安・7代孝霊・8代孝元・9代開化・10代崇神天皇

という風に、崇神天皇は子孫という設定。

 

2代~9代が欠史と言われるにしても、神武天皇崇神天皇の事績は、記紀の中であまりにしっかりと構築されたものだから、別々の人物とすべきと思いますが。

神武天皇は作り話であるとか、古代の曖昧な記憶が合わさって作られた、神話の中の人として見るべきであると言われますが。

 

同じ天皇系一族の神武天皇崇神天皇が別々の国を作ったというのは、真正面から受け取られてきませんでしたが。

要するに神武天皇崇神天皇の作った国とは、別々の場所にあった、と見ることも可能だったのですよね。

 

ところでなんで両者とも、ハツクニシラス(ハツクニシラシシ)なのに、用いられている漢字が違うのだろう?

この言葉には何の意味があるのだろうかと考えると、

 

実は、古代史の謎の一端を明かす、暗号として機能しているのですよ(えっ?)

これはいつも通りの、トンチンカンな思いつきなのですが、

 

では、ハツクニシラスとは、何を表す暗号なのか?

それは、

 

続きはいずれ・・・。

 

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ クリックお願いします(_ _)。