たっちゃんの古代史とか

誰も知らない日本とユーラシア古代史研究。絵も本も書く。闇の組織に狙われてるアマ歴史研究者。在宅勤務の自営業。

白髪山の秘密(前方後円墳矢印説)

f:id:kl117cr233:20130701045727p:plain

日本各地の白髪山・白髪岳。

 

この山々が何故、白髪山と名付けられたのか、特に記録が残されていないので、長い間意味不明でした。白髪の爺さんがいたから白髪山なのか、程度の推測しかできません。しかし前方後円墳矢印説では、白髪山の謎が解けてしまいます。解読するには、清寧天皇陵と治定されている「白髪山古墳」を調べます。

f:id:kl117cr233:20130701045844p:plain

『「天皇陵」総覧』より。この測量図から導かれた前方後円墳の中心軸を、遠方へ伸ばします。すると

f:id:kl117cr233:20130701045949p:plain

青い線が中心軸の延長線です。その先には白髪山がありました。白髪山古墳は、白髪山を示していたということです。

さらに緑色の線は、白髪山古墳・白髪山・白髪岳を結びつけたライン。見事に線上に並んでいます。

これはつまり白髪山古墳の被葬者が、幼い頃から白髪だったために「白髪武」という諱を名付けられた清寧天皇であることを、古墳の方角と山の名で明確にしているのです。

前方後円墳矢印説により、これまで判別が不能だった、全国各地の前方後円墳の真の被葬者を導き出すことが可能であり、被葬者の魂が救われることに繋がるということです。

この古代倭人が残した未知なる叡智発見の詳細は、たぶん2014年春頃に発売予定の拙著で。おわり。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記(2014年10月15日)

前方後円墳矢印説については、井上赳夫氏の著書「増補・日本古代史の謎は解けた!」で「前方向法則」として登場しています。

ちなみにこれに関する拙著の完成は、少し遅れて2015年内の予定。

 

 

 

↑ クリックお願いします(_ _)。