たっちゃんの古代史とか

誰も知らない日本とユーラシア古代史研究。絵も本も書く。闇の組織に狙われてるアマ歴史研究者。在宅勤務の自営業。

倭と韓。1

魏志倭人伝の中で、倭国の30国が登場してきます。
これらの国はそれぞれが邪馬台国の女王卑弥呼に従属する小国で、またそれぞれに個別の王を擁していました。倭国とは30カ国の連合王国だったのです。

それ以前には100余りの小国に分立していたことが後漢書に書かれています。細かい国々が統合されたようです。
47都道府県をいくつかの州に纏めようとする道州制が、実現へ向けて議論され注目されていますが、3世紀以前の段階でも、現代と同じような統合と対立があったようです。

唯一狗奴国だけが、邪馬台国に従わず、独立を保っていました。しかし一般的にはこの狗奴国も、倭国の一員として捉えられています。

そしてこの3世紀、倭国の隣には、倭国の形態によく似ていたであろう国がありました。韓です。以下は魏志韓伝など、古代史書の話を要約したものです。

韓は馬韓弁韓辰韓の3つに分かれていましたが、元は馬韓だけがあり、この3つの地域を従えるのは馬韓の王族だったようです。
紀元前2世紀、秦の国出身らしい辰王が、朝鮮半島の南部域に移住してきました。辰国王(秦始皇帝の末裔の王族)は余所者であるために、王を名のることもできず、韓(馬韓)に従属していました。
やがて辰王の居住地域は辰韓弁韓へと移り変わるのですが、馬韓の影響下にあることには変わりありませんでした。
秦の流れを組む辰韓は新羅へ、扶余の王族が権力を有していた馬韓は、百済へと発展します。

そんな中で弁韓だけは、辰国の伝統を受け継いだのか、倭人の影響下だったからなのか、小国の連合国家状態を維持して伽耶倭人からは任那と呼ばれる地域)へと展開していきます。

三国志魏志馬韓伝、辰韓伝にはそれぞれ、馬韓の55ヶ国、辰韓12ヶ国、弁韓(弁辰)12ヶ国が記され、小国の集合体という意味で、倭とよくにた国だったことが分かります。
同じ魏志に記される隣接するワイ国や高句麗、沃沮など、朝鮮半島南部と日本列島以外では、小国に分立しそれが1つの国を成していた様子など見られないので、此の倭と韓の地域の特殊性が伺い知れます。

辰韓の言葉は中国人に近かったのですが、馬韓弁韓には倭人が多く住み、刺青が受け入れられているとか、天の神を祀ることなど、風習も極めて倭人とよく似ていた、または一部が同一だったようです。
これは推測ですが、馬韓弁韓では、公用語として倭語が通じていたと見られます。弁韓は特に倭の任那の地であり、元は倭国の本拠地があったのではないかと江上波夫氏がその著書「騎馬民族国家」の中でも指摘してます。
(この朝鮮半島古代史の認識が、間違ってたらすみません。でも大体合ってると思いますけどね・・・。)

これら三韓の地域と倭の治めるの地域には、注目すべき共通点が他にもありました。それは連合する小国の名称の中に、完全に同一だったり、極めて類似する国名が見られることです。

2に続く