たっちゃんの古代史とか

誰も知らない日本とユーラシア古代史研究。絵も本も書く。闇の組織に狙われてるアマ歴史研究者。在宅勤務の自営業。

卑弥呼は儀式に青銅武器を用いたか

 古代世界にあって、銅矛とは武器であるわけですが、それと同時に祭祀用具ともされ、実際にどう見ても武器としては不向きな形状をした幅広の銅矛が出土したりするとか。

魏志倭人伝には、兵は矛を持つ、鉄鏃を使うとあり、邪馬台国には兵が居て守衛しているとあります。この矛とは銅製なのか鉄製なのかというところですが。

 魏志卑弥呼の用いた鬼道について短い文章があり、また当時の宗教観も垣間見れるところもあり、それらの文章を抜粋してみると、以下のようになります。

卑彌呼事鬼道能惑衆

  鬼道の正体は道教だと定説付けられ、それは三角縁神獣鏡銅に道教の神である西王母・東王父が描かれるためであると言われたりしますが、本当だろうか?上に著した太字の中から、卑弥呼の鬼道の正体が垣間見えるのではないかと、いつもの極論です。

 それは「惑」の文字の字解により明らかとなります。

「惑とは、狭い場所で武器(戈)を用いる宗教儀式」を表す漢字なのですね。

「狭い島国で武器が多く出土するといえば弥生時代後期の北部九州の特徴」

 「魏略」の編者魚豢、「魏志」の編者陳寿らは、少ない文章の中に、できるだけ倭の習俗にふさわしい漢字を用いたと思われます・・・。民衆を幻惑する鬼道の一文に惑の字を用いたのも、その文字がふさわしいと判断されたためかもしれんです。

 日本列島の中で、銅矛・銅戈・銅剣といった青銅製武器の出土地は、今の所かなり偏っていることが知られます。今の所というのは、今後の発掘により分布状況が変わってくる可能性が否定出来ないためです。それにしても青銅製武器の出土状況は北部九州を中心とした西日本にかなり限られてくるとか。すると卑弥呼の居場所は北部九州が有力になるんですけど。

 

 で、卑彌呼事鬼道能惑衆の文章について、の一字の解釈により、卑弥呼の鬼道とは「青銅製武器を用いた祭祀」を表すとしたら、卑弥呼の居た場所は「北部九州を中心とした青銅製武器の出土地)と限られてくるのですよ。で出雲は銅剣の大量出土地と知られますが、記紀の記述を見る限り、出雲は天皇の坐した土地ではないようです。

 そして古代の天皇神武天皇崇神天皇らは、鏡と同時に「剣」を象徴とし、祭祀に用いたのですね。日本書紀から導けば、武器を用いる祭祀は道教ではなく神道でしょうね。ところで剣と矛というのは形状として能く似通ってます。

 

卑弥呼は青銅武器を祭祀に用いた(魏志卑彌呼事鬼道能惑衆の「惑」から)

崇神天皇は武器を祭祀に用いた(日本書紀古語拾遺から)

・青銅製武器の出土地は北部九州を中心とする。

畿内からは青銅武器の出土がほとんど無いのですよね。だから、崇神天皇卑弥呼で北部九州に居たと解釈が導けます・・・。いずれ「崇神天皇に封印された卑弥呼と壱与20◯◯年版」を出さなければいけないでせうか。その暁には出版社様よろしくお願いします。

 

おわり

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

↑ クリックお願いします(_ _)。

 

2014年6月25日にすこし追記。