たっちゃんの古代史とか

誰も知らない日本とユーラシア古代史研究。絵も本も書く。闇の組織に狙われてるアマ歴史研究者。在宅勤務の自営業。

古地名図(畿内編)

 

 日本の古代史の主役といえば畿内(奈良県)です。大阪湾のほうからの神武東征神話の経路も意識して、古地名図を作ってみました。

f:id:kl117cr233:20121201022944g:plainクリックで拡大

 3世紀前後に大阪平野の北部にあった、河内湖の大きさについてはよく分からず、、これよりもっと小さかったかもしれない。満潮時に海水が流入したり、洪水の場合の最大湖域であるとすれば問題ないかも。

 つぎに古代には存在した大和湖(奈良湖)について。この幻の湖の水を、何時の時代に抜いて平野化・耕作地化したかという問題があります。おそらく遺跡の分布状況から見て、2世紀以前にはこんな風に広がっていただろうと予想です。廣瀬大社創建の崇神9年には、この神社の付近は陸地だったらしい。ということは卑弥呼の時代には水量が減っていたということに。

 さらに和名抄の郡名は古くからあったろうと想像し記載、県主・国造は4世紀には成立してたっぽい、神武紀~崇神紀に登場する主な古地名、同様の時期の伝承される創建年代の古い神社、3世紀の古墳などを記しています(纏向古墳群は地図上に描ききれず)。完全ではない・・・ので、いずれ作り直す予定。

 

おわり