読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たっちゃんの古代史とか

誰も知らない日本とユーラシア古代史研究。絵も本も書く。闇の組織に狙われてるアマ歴史研究者。在宅勤務の自営業。

九州と畿内2つあった邪馬台国。それが後に1つとして記録された魏志倭人伝

そろそろ春の引越し予定が近くなってきました。でもすぐ疲れて寝ることが多くなり、移動が不安な感じがしますね。おいそれと何度も往復はできないし。 そもそも引っ越したら、もう今の家には戻らないという感じもありなので。 そのくらいこの家で追い込まれ…

バベルの塔のニムロド ぱーと3 実はニムロドは正義のシュメール王だったかも

バベルの塔の建設者ニムロドが日本神話に居るのでは1 バベルの塔の建設者ニムロドが日本神話に居るのでは ぱーと2 ネットを見てたら、「トランプ大統領はニムロドを自称してる」とかいう話が出ていました。知らなかったです。ニムロドが、ギリシャ神話では…

バベルの塔の建設者ニムロドが日本神話に居るのでは ぱーと2

順調ならば4月に引っ越して、ヒキコモリ生活を始めようというところ。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 日本神話の全てが、中東やヨーロッパ神話の移植とは思わないです。日本固有の神話が、日本列島に色々あるはず。 でも確実に、日本神…

バベルの塔の建設者ニムロドが日本神話に居るのでは1

世界中の似通った神話の起源については、大きく2つの説があるそうな。 1・世界の一点から生まれた神話が、世界全体に伝播したという単一起源の考え方。 1・世界各地で別々の時代に独自に誕生し、偶然似通ったという考え方。 比較神話学の専門用語で、なん…

神功皇后と父親が夫祖(沃沮)から来たならば欠史八代大陸説に信憑性でます

近年は「言葉に穢れを加える風潮」目立ってますね。 たぶん俺が生まれる前から、すでにあったんでは。呪詛ですねこれ。 まあ俺自身が、何かと穢れ多い人生になってしまった、あるいは「されてしまった」ことに関連づいて不本意ですが。 俺の人生の不幸が陰謀…

経津主命とタカトリ山の謎

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」 そういえば、ようやく引っ越しのめどが付いてきました。これについてはあとでブログに書きますけど。まあ俺はもう、なんか疲れちゃったので・・・5年後は、死んでるかなw ・・・・・・・…

卑弥呼は男装して出歩いてた・・・複数の記録に分断された卑弥呼

どこかの王様やお姫様が、庶民の格好をして出歩く。というシチュエーションは漫画や童話でありがちですが。 実は卑弥呼も男装して出歩いてたのでは・・・と言う仮説。そして 卑弥呼は記紀のなかで複数に分かれて記録された・・・という仮説。 今回はこのへん…

淤能碁呂島には沈んだアトランティスの情報が含まれるのかもです

古代ギリシャのプラトンが語った、海に沈んだ島と王国「アトランティス」。 じつはアトランティスは、日本神話に記録されてた・・・とかいったら? そんな話。かなり長いです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ まずは日本神話にはギ…

中央アジアの烏孫の昆莫は「イワレビコ」の名前を持ってた」かもしれない件について

中央アジアの紀元前2世紀、烏孫の王である昆莫。実は昆莫の本名が「イワレビコ」という名前で、「漢書」「史記列伝」に記録されていたとしたらどうしますか。 もしそんなことがあったら、神武天皇の諡号「イワレビコ」なので、昆莫と神武天皇が同一人物か、…

電子書籍「日本の地名の真の由来と神武東征のカラクリ仕掛け(下)第7章を試し読み2と3

電子書籍「日本の地名の真の由来と神武東征のカラクリ仕掛け(下)第7章を試し読み1 の続き。 ちょっと出来が悪い電子書籍「日本の地名の真の由来と神武東征のカラクリ仕掛け(下)第7章を試し読み。2と3。 (電子書籍版は、いずれ内容を訂正予定) 2 …

電子書籍「日本の地名の真の由来と神武東征のカラクリ仕掛け(下)第7章を試し読み1

ちょっと出来が悪い電子書籍「日本の地名の真の由来と神武東征のカラクリ仕掛け(下)第7章1を試し読み、その1。 (電子書籍版は、いずれ内容を訂正予定) 1 神代と神武東征における金属器の記録 紀元前15世紀以前に繁栄した、トルコのヒッタイト人の…

中央アジアにあった、素戔嗚命と八岐大蛇退治の神話

素戔嗚命(須佐之男/すさのお)は中央アジアで伝承されてたんではないか・・・。と思わせる神話がウイグル族にのこされていました。 それは何故かといえば大和民族の中枢に入った人々が、中央アジア出身だったからなのですが。 そもそも素戔嗚命とはsusanow…

後漢景帝の孫である「江都王劉建」は日本書紀の「事代主神」だった

最近もクラクション鳴らすミッションの車が、連日家の前に出るのだが、何だか可哀想なので比較的スルーしてあげているこの頃です。そして9月終盤も押し迫ってきたが、なんかあるとかないとか。 あるならあるで良い、ないなら無いで良いと思う。 で、また変な…

日本の神武朝は「中央アジアの烏孫の昆莫王朝」と同一視できることのまとめ

何も出来ないゴミクズ鼻糞と言われた時代を経て、その頃からずっと弛まず溜めてきた研究成果をさらけ出している今。成果の正否は、いまだ不明。 一体何か報われるんだろうか、という疑問は尽きませんね。ゴールは何なのだろうかって、思うわけですけどね。 …

神武天皇紀になぜか仏陀と仏教の教えが登場する意味とは

東アジアに大乗仏教が伝来して大丈V~とか言ってたのは4世紀頃からでした。 最も早かったのは前漢(紀元前1世紀)、その後は高句麗(372年)、百済(384年)、新羅(528年)で、日本は遅れて538年(552?)のことで、欽明天皇の時代でした。 日本に仏教が入…

垂仁天皇の時代が3世紀末~4世紀前半だったことを証明する方法

「偶然が重なると必然だ」 とは、色んな人が口にしてますけどね。俺にまつわる偶然の一致についても、はやく意味を解明してほしいっす。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 日本書紀の神功皇后紀に、実在した百済王と新羅王が…

中国史書の「日本の神と天皇」を見分ける方法 からわかる烏孫の神武天皇

相変わらず、信じても信じなくても、という話が続きます。 「宋史」に日本の神様が列挙されてるのご存じですか。「中国正史日本伝2(石原道博編訳」に収録されています。 天御中主 天之御中主とわかる天村雲尊 どなた?天叢雲剣=草薙剣?なんで神世七代に?…

日本の別名からもわかる「日本の前衛国家は烏孫」

さっきヤフーのトップページを見たら、2つの記事が並んでいました。 池袋暴走「何が悪い」大声で オコエ 興奮してバット投げる 興奮してオーゴエ、オコエ・・・それで並べたらしいヤフー。 さっき少し鬱が来た。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…

日本語の数詞「ひい、ふう、みい、よ、いつ、む、なな、や、ここの、とお・・・」得体の知れない何か

「悪事に参加しなかったら、ひどい目に合わすぞ」 人知を超越した圧倒的な力を誇示する悪魔に、そう脅されて嫌々ながらも悪事に参加する人々。選ばれた民と錯覚して、積極的に悪事に加担する人々。そして抵抗する人々。知らないふりをする人々、全く気づかぬ…

邪馬台国の女王壱与(台与)が崇神天皇である理由

電子書籍で満を持して発表しようとしていたのに、このことに気づいて嬉しかったので、思わずツイッターでつぶやいてしまった・・・aho。 だからブログで、詳しく解説するとします。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 名前の一字が…

極論だけど日本の神様の起源はエジプトの神にあると思った件

本日、1月30日は、個人的にやばい日です。おたんじょ・・・。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 最近ブログなどで、日本の起源はエジプトにあるみたいな仮説をあちこちで見ますが。 それらのブログをあえてリンクしませんが…

京都の向日市の五塚原古墳は真の垂仁天皇陵で、垂仁天皇は倭の女王「壹與」の子な理由

『封印された叡智の回復(仮)』の原稿がなかなかまとまらない。というわけで、ブログでちょっとづつ内容を発表しつつ、まとめていくことに。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 崇神天皇=卑弥呼+壱与説。 これは、拙著『崇神…

大和三山に対応する山を関東地方に発見した鴨(1)天香具山編

(1)関東の天香具山編 (2)関東の耳成山編 (3)関東の畝傍山編 (4)関東の大和三山の結論 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 今週のお題「2014年のお別れ」〈2014年をふりかえる 3〉 2014年の最後の記事。 今年は研究は…

諡号に「神」を含む古代の天皇の共通点

古代の天皇の中には、諡号に「神」を持つ、天皇がいました。 よく知られる例としては、初代の神武天皇、第十代崇神天皇、第十五代応神天皇。 これらの漢風諡号は、8世紀の皇族で文人だった淡海三船により、撰進されたとか。 だから普通に考えれば、これら「…

前方後円墳矢印説は完成している・第3回「仁賢天皇陵」

第1回 まえがき 第2回 仲姫命陵 第3回 仁賢天皇陵 第3回目ですけど。 多分俺みたいなうつけ者が何かしゃしゃり出たりすると、気に入らないという人もいるかもしれない。 何もしなければ、それもまた批判対象になる。だから何かしても何もしなくても一緒…

高天原はどこにあったか

日本の八百万の神様の集う、高天原がどこにあったか。 昔から長いこと議論されて、いまだに定説はありませんけど。 高天原の場所については諸説ありますが、いくつか例を挙げると ・天上界説 ・奈良盆地説 ・奈良金剛山地説 ・宮崎高千穂町説 ・宮崎高原町説…

美豆良(みずら)の正体はユーラシア大陸の奥地に見つかる

俺は普通の人が簡単にできることが、なにもできない。 そのことで、普通のことが普通にできる人々に、さんざん嘲笑されて生きてきました。 俺が世の中にいると、人々に悪心を発生させてしまう。迷惑なほうが多い。俺は居ない方がいいとか。 自分に残されたの…

奈良盆地の大和三山と、北部九州の"元大和三山"

父の他界から2ヶ月も経たぬ間に、母が他界しました。 顰蹙者で、鬱な俺が残されました。 悲しみに追い打ちをかけるように、路上から奇声を浴びせられるなど、ひどい仕打ちを受けていますが。まあ、俺は価値も無いし、邪魔者なので、いじめて当然と考えてる…

九州南部の4つの神宮に込められた意味とは

とても体がだるい。睡眠時間が長い。精神的なものか。 母が闘病中なのでシンクロしてるのか。 目眩、立ちくらみがする。人に会いたくない。 俺がいると不愉快と思われるので、極力、引き篭もることにしてる。 俺が犠牲になれば、世の中うまく行くとか・・・…

天皇家は確かに騎馬民族系だった・・・下巻の内容

「よく生きていられるよね」「恥知らず」とはよく言われて、精神的に追い詰められる経験は続きました。 恥を知っているから、何でも途中で辞めてきたんですが。 挑戦が大事だと言われて挑戦しても、途中で辞めて恥を晒すことは何度もありつつ、世間の冷酷な…

本日の生き恥。

電子書籍下巻に挿入するイラストですが。 神武東征には、じつは黒鯛が関係あったんですよね。 分かる人は分かるでせう。 いろいろ詰め込んでます。 では。 にほんブログ村 ↑ クリックお願いしますm(_ _)m。

崇神天皇が任那から九州へ移動したことを証明する新説

本日も、生きて恥を忍んでおります。 江上波夫氏の著書『騎馬民族国家』に、 「崇神天皇の和風諡号の「御間城」とは朝鮮半島の倭人地区「任那」であり、 騎馬民族の大王である崇神天皇が、4世紀に任那から九州へわたった」 との仮説ありましたが。 で、わた…

古代史10の質問(アンケート) 途中経過

先日、無謀にもやってみたアンケート、「古代史10の質問」 https://docs.google.com/forms/d/15E6vFaDo3XkRpvcQjo95m4U0BhgdWSXXnXSBkzqS8X0/viewform 調査日2014年8月1日~6日 有効回答数11件 ご回答ありがとうございました。 まだ回答募集して…

ハツクニシラススメラミコトの謎

・始馭天下之天皇(はつくにしらすすめらみこと) 以上は日本書紀にある、日本の建国記念日の主役である、初代・神武天皇の称号。 ・ 所知初國之御真木天皇(はつくにしらししみまきのすめらみこと) ・御肇國天皇(はつくにしらすすめらみこと) 以上は、日…

神武東征で誰が見てもおかしい矛盾点

この内容は電子書籍「日本の地名の真の由来と神武東征のカラクリ仕掛け(下巻)」に入る内容です。電子書籍のほうではもう少し詳しく解説してますので。 記紀の神武東征伝説の記録上で、おかしい所は幾つか見つけているのですが、そのなかでも、「誰が見ても…

倭国の本拠地の変遷(推定)

今回はとても長い記事になったんですけども。まぁ、暇つぶしにでも。 倭国と天皇家は、縄文の古くから連綿と、日本列島にあった、そして大和の都は神代から奈良にあったと、ずっと疑いようのない常識として語られてきましたね。これらは実際のところ、本当の…

記紀神話・第1番目の島・淡路島と、天草諸島の地名が一致する件

日本列島の真ん中に浮かぶ淡路島と、九州の西に浮かぶ天草諸島。 淡路島と言えば、 古事記と日本書紀で、第一番目の島となってるところは良く知られてますね。存在感が抜群。 一方で天草諸島は、一見すると記紀には全く登場しませんね。 しかし地名移植の叡…

これからの予定・・・出版と克服

もう今年もあとひと月となった。クリスマスは例年通り中止が決定しているのですが、日本のお正月はまもなくきてしまいますな。 とりあえず、暫くは死なずに生きています。普段からだいたい家にいます。 今後の出版計画です。 (A)・まず、いま持ち込みで結…

十種神宝・沖津鏡と辺津鏡の謎

饒速日命の謎の神宝だという、物部氏の伝える十種神宝。 その中に、沖津鏡と辺津鏡というものがある。 「津」は「~の」という接続詞だとすると、沖の鏡と辺の鏡ということになる。 また津は水辺を渡る意味、つまり航海の意味があるもよう。 沖とは沖合とい…

前方後円墳矢印説と天皇・大和民族の「烏孫」起源を骨子とする

わたくし、人並みに何もできない、人が怖い、低学歴、きもい、臭い、盗撮される、追っかけまわされる、何をしても馬鹿にされる、罵声を浴びる、やってもいないことをやったと責められる、行動が一々あることないこと拡散されるといった悲惨な人生を経て、猫…

【前方後円墳矢印説】磐余若櫻宮を示す神功皇后陵・五社神古墳編

『日本書紀』にある、神功皇后が葬られた狭城盾列陵は、奈良市山陵町の五社神古墳(ごさし)に治定されます。全長273m。4世紀末の築造。 西大寺に伝わっていた奈良時代の地図『京北班田図』に「神功皇后山陵敷地」の名が記載されており、これを元に文久…

淤能碁呂島、天御柱、八尋殿。2

前回(1)の続き。古事記、創世記、イザヤ書を比較すると、符合する点は次の通りになります。書物 土地 柱 建造物 動物の像 古事記 淤能碁呂島 天御柱 八尋殿 ? 高天原の象徴 創世記 エデンの園 回る剣 エデンの土地 ケルビム エデンの象徴 イザヤ書 エジ…

アカルヒメの謎。1

崇神天皇の正体を知るには、アカルヒメについて、少し触れなければなりません。日本書紀では垂仁天皇の条に、比売碁曽の社の神と称され、古事記では応神天皇の条に比売碁曽の阿迦留姫と記されています。日本書紀と古事記では、アカルヒメに関する記述内容に…