たっちゃんの古代史とか

誰も知らない日本とユーラシア古代史研究。絵も本も書く。闇の組織に狙われてるアマ歴史研究者。在宅勤務の自営業。

地名

奈良盆地の三輪山・大神神社に対応している、関東平野の三輪野山・三輪神社

電子書籍上巻で触れましたが、九州、近畿、関東は、九州系地名と呼べる、同一地名の土地でした。たとえば下の図のように 一例としては九州北部の対馬国の「馬」に対応するのが、近畿地方の但馬国であり、関東地方の群馬なのであるとか。 そうすると群馬の知…

地名も地形も一致している九州・近畿・関東

拙著『日本の地名の真の由来と神武東征のカラクリ仕掛け(上・下)』に目を通した方はなんとなくわかったと思いますが、日本列島の地名の由来の一つは、 「西日本の地名を東日本に当てはめた」ことだったのでした。 拙著から図版を持ち出すと、例えば西日本…

諡号に「神」を含む古代の天皇の共通点

古代の天皇の中には、諡号に「神」を持つ、天皇がいました。 よく知られる例としては、初代の神武天皇、第十代崇神天皇、第十五代応神天皇。 これらの漢風諡号は、8世紀の皇族で文人だった淡海三船により、撰進されたとか。 だから普通に考えれば、これら「…

ご先祖さまについての調査結果1

ボクチンは親戚の中で浮いています。クラゲのようにプカプカと。 おそらく基本的には嫌われていると感じますが。その理由はさんざん書いてきました。自身の不甲斐なさと、臭い人な人生なこと、誤解と偏見、そして信じるも信じないも自由ですが、闇の組織の陰…

前方後円墳矢印説は完成している・第3回「仁賢天皇陵」

第1回 まえがき 第2回 仲姫命陵 第3回 仁賢天皇陵 第3回目ですけど。 多分俺みたいなうつけ者が何かしゃしゃり出たりすると、気に入らないという人もいるかもしれない。 何もしなければ、それもまた批判対象になる。だから何かしても何もしなくても一緒…

前方後円墳矢印説は完成している・第2回「仲姫命陵」

第1回 まえがき 第2回 仲姫命陵 第2回目ですけど。 ところで俺って普通なことが何にもできない。迷惑ばかりかけてる。やたら馬鹿にされてますけど。 それでいて、なんか訳の分からない物事には、集中力やら読解力があるような気がしたりして。なんなんで…

前方後円墳矢印説は完成している・第1回 まえがき

第1回 まえがき 第2回 仲姫命陵 第3回 仁賢天皇陵 もはや意地悪するのが当たり前みたいな、日本列島になってますけど。 仏教では、恨みを持つと、自分自身に返ると言う。また、恨みは恨みによっては解消できないともいう。恨みは捨てることが良いのだとか…

高天原はどこにあったか

日本の八百万の神様の集う、高天原がどこにあったか。 昔から長いこと議論されて、いまだに定説はありませんけど。 高天原の場所については諸説ありますが、いくつか例を挙げると ・天上界説 ・奈良盆地説 ・奈良金剛山地説 ・宮崎高千穂町説 ・宮崎高原町説…

奈良盆地の大和三山と、北部九州の"元大和三山"

父の他界から2ヶ月も経たぬ間に、母が他界しました。 顰蹙者で、鬱な俺が残されました。 悲しみに追い打ちをかけるように、路上から奇声を浴びせられるなど、ひどい仕打ちを受けていますが。まあ、俺は価値も無いし、邪魔者なので、いじめて当然と考えてる…

九州南部の4つの神宮に込められた意味とは

とても体がだるい。睡眠時間が長い。精神的なものか。 母が闘病中なのでシンクロしてるのか。 目眩、立ちくらみがする。人に会いたくない。 俺がいると不愉快と思われるので、極力、引き篭もることにしてる。 俺が犠牲になれば、世の中うまく行くとか・・・…

天皇家は確かに騎馬民族系だった・・・下巻の内容

「よく生きていられるよね」「恥知らず」とはよく言われて、精神的に追い詰められる経験は続きました。 恥を知っているから、何でも途中で辞めてきたんですが。 挑戦が大事だと言われて挑戦しても、途中で辞めて恥を晒すことは何度もありつつ、世間の冷酷な…

下巻の内容

本日発売、下巻。 10万字程度。 図版多数。 表紙 目次 下巻のまえがき 第6章 神武天皇と東征伝説の真贋1 記紀と地域伝承に見る神武東征・神武天皇と欠史八代を記した書物・神武天皇の出自と別名・神武東征伝説のあらすじ・神武東征の区間分け・地域の伝…

古代史10の質問(アンケート) 途中経過

先日、無謀にもやってみたアンケート、「古代史10の質問」 https://docs.google.com/forms/d/15E6vFaDo3XkRpvcQjo95m4U0BhgdWSXXnXSBkzqS8X0/viewform 調査日2014年8月1日~6日 有効回答数11件 ご回答ありがとうございました。 まだ回答募集して…

武家の春日部氏と古墳の謎あれこれ

春日部は謎に満ちている・・・いい加減にして欲しい謎まであるのですけど。 あ、お前が言うな、という嘲りの声が・・・。 では、春日部の秘密をほんの少し。 埼玉県の春日部という地名、実は、近畿地方にもあるのですね。 ・埼玉県春日部市 ・兵庫県丹波市春…

「4000年前の地図発見」と話題になった古地図について

こんばんは。 なんか2012年に、「4000年前の地図発見」と、話題になったんですが・・・。 シャーロットの地図とかいう。 コロンブスより先に中国人がアメリカ大陸を発見した?4000年前にさかのぼる世界地図の秘密2012年10月22日 古代研究者のシャー…

倭国の本拠地の変遷(推定)

今回はとても長い記事になったんですけども。まぁ、暇つぶしにでも。 倭国と天皇家は、縄文の古くから連綿と、日本列島にあった、そして大和の都は神代から奈良にあったと、ずっと疑いようのない常識として語られてきましたね。これらは実際のところ、本当の…

日本列島の山岳地名の連鎖構造

こういうのは、従来知られてなかった筈なので、 まぁ、発見といえば、発見なのですが。 世間的には、ぜんぜん騒がれないので、まあ、気楽だから良いという話かどうかはさて置き。まぁ、俺みたいなダメ人間の生きた化石とか、見本って赤い判が押してあるみた…

日本武尊の時代の東日本の蝦夷は匈奴だった

最近は2つの意味で、星新一の短編小説に、はまってますけど。 今年の予定は、 1・出版社から出版できるかどうか。果報は寝て待て。お願いします。 2・電子書籍の下巻をばっちり完成(7月頃) 3・100円電子書籍をひっそり完成(下旬) 4・烏孫起源論…

天皇と大和民族の烏孫起源論のあらまし3 まとめ

天皇と大和民族の烏孫起源論のあらまし1 天皇と大和民族の烏孫起源論のあらまし2 天皇と大和民族の烏孫起源論のあらまし3 まとめ 実は烏孫と日本の歴史は、似たところがある、とかなんとか言ってると、トンデモ仮説扱いされてしまうところです。 しかし、…

倭迹迹日百襲媛大市墓(箸墓古墳)について

倭迹迹日百襲媛大市墓(やまとととひももそひめおおいちぼ)というのが、箸墓古墳の別名ですが。 この古墳は卑弥呼の墓とか言われるが、個人的にはそう思わない。 壱与の墓と思うんですが。この理由は、うまくいけば近いうちに発表されるであろう、拙著に書…

天皇と大和民族の烏孫起源論のあらまし2

天皇と大和民族の烏孫起源論のあらまし1 天皇と大和民族の烏孫起源論のあらまし2 天皇と大和民族の烏孫起源論のあらまし3 まとめ 1の続き。 実は「烏孫に天皇と大和民族のルーツがあるんだぞ」という研究は既にあって、著書がでております。 栗本氏の『…

天皇と大和民族の烏孫起源論のあらまし1

天皇と大和民族の烏孫起源論のあらまし1 天皇と大和民族の烏孫起源論のあらまし2 天皇と大和民族の烏孫起源論のあらまし3 まとめ 前略・・・ 烏孫起源論は、出版社からぜひ本になってほしいと希望を持っているので、賛同されるかた、推薦お願いいたします…

記紀神話・第1番目の島・淡路島と、天草諸島の地名が一致する件

日本列島の真ん中に浮かぶ淡路島と、九州の西に浮かぶ天草諸島。 淡路島と言えば、 古事記と日本書紀で、第一番目の島となってるところは良く知られてますね。存在感が抜群。 一方で天草諸島は、一見すると記紀には全く登場しませんね。 しかし地名移植の叡…

電子書籍でました

電子書籍、完成します。アマゾンの電子書籍、キンドルのKDPで。 2014年の2月20日発売なのか。 もう捨て身というか、俺の生身の外殻や、精神の外郭部が傷つこうが、どうでも良い感じがしてました。見ず知らずの人に、いろいろ死ぬほど悪評流されても、「出版…

日本の地名の秘密3

いままで、2月中に発表する予定の電子書籍の内容を、かいつまんで小出しにしてきました。もう少し具体的なところを、嘲笑されながら一部公開します。 すると、古代に日本列島に封印された秘密が、どれほど途轍もないものだったのか、猫でも分かるようになる…

日本の地名の秘密2

日本の地名には、そんじょそこらの街角では見られない凄い秘密があって、それをどうにか発見したので、神武天皇の東征の秘密と一緒に、電子書籍で出す予定ですが。精神的に順調なら今年の2月に。 日本の地名の由来の真相。 たとえば都道府県の地名の由来を…

日本列島の地名の秘密

日本列島の地名には、世界でも類を見ないような、重大な秘密があるんですが。 知ってましたか。 その前に、 先日言った、中学生による絶叫嫌がらせの映像がこちら・・・ 嫌がらせがすごいので公開しました。今後もあると思うので、随時公開する事になると思…

和名抄以前の古代国名郡名マップ

最近、生意気にも新たな原稿を進める上で、資料が必要になったので、古代の国郡マップを適当に作りました。 当たり前だが今の日本の都道府県境界や地方自治体の区分と、弥生時代後期~末期の区分、そして古墳時代~奈良時代頃の律令制下の地域区分も名称もぜ…

日本現存最古の地図

現存する日本最古の地図は、奈良~平安時代の大和国京北班田図や荘園図が知られるんだけども、上神(かずわ)48号墳(6世紀)にある壁画の地図が、真の現存最古だと見られるのだとか。 「佐原の偉人」によると ところで現存する最古の地図らしきものは、鳥取…

神世七代の正体は「建設者」だった2

聞いた所によると、アセンションすると人体が透明になるとか発光体になるような表現があるんですが、これは現実的に有り得るかというと疑問符が先行せざるを得ないと思われます。 勿論これを信じても構わないが、人間が発光クラゲみたいになって空間を漂える…

神世七代の正体は「建設者」だった1

日本神話の神様の正体が、通説と違うかもしれないという話。 日本書紀の天地開闢から神世七代と呼ばれる神様までを、別伝(一書第一~第六)を含め列挙すると、だいたい次の通り(別名は省略)。 1国常立尊、2国狭槌、3豊斟渟尊、4可美葦牙彦舅尊、5天…

魏志倭人伝に登場する裸国はハワイ

なんか時々、何もかもがどうでも良くなりそうな程の、精神的な急降下があり、人間との接触を完全に拒絶せざるを得ないんですけど、そういうのは要するに自分自身の不甲斐なさが一因であるし、日常的に襲ってくる組織的な圧力の存在も、そうさせる一因である…

変な地名「(その他)」

地図に表示された地域を余すところ無く探索する「全検索法」は、たしかドイツのUボートか何かが始まりだったとか記憶しますが・・・検索しても出てこない件。 個人的にグーグルマップの全検索は、訳あって3年ほどやってますが、たまに変な地名を見つけます。…

馬王堆漢墓の帛画と倭の接点

馬王堆漢墓は中国の湖南省にある、紀元前2世紀の墓。前漢当時の利蒼さんと奥様のお墓らしいです。馬王堆1号墓には帛画があり、古代中国の神話が題材として描かれてます。 天の女禍、太陽の烏、月の蛙と兎、四頭の龍、扶桑の木、人間界、地上の祭祀、地下で…

中国東北部・倭人に関わる重要な地名

中国の東北地方。現在この地域には黒竜江省、吉林省、遼寧省、内蒙古自治区の各自治体があり、それぞれの面積は日本の4大島にも匹敵する程巨大な面積で、それぞれは日本の都道府県を上回る、膨大な人口を有しています。 地理的に見ると、中国北方とロシアと…

倭の諸国分析6

ここで、改めて邪馬台国の位置について、考えてみたいと思います。 全国に邪馬台国候補地は、おそらく100箇所以上あるとみられるのですが、その大部分は日本列島内に位置付けられて考えられていますけれど、海外に邪馬台国の場所を求める見方も少なくない…

倭の諸国分析5

これまでに導き出してきた線の断片を、図案化するとこんなふうになりました。 これはまだ分かりやすい諸国を、線で繋いだだけですが、朧気にではあるけれど、全体の輪郭が浮き出てきているように思います。 ではこれに、新たな解釈を加えてみるとします。 解…

倭の諸国分析4

20番から10番までの解釈です。20呼邑国…………長い解説が必要なので後回しにします。 19蘇奴国(ソヌ)……讃岐(サヌキ)の「サヌ」です。「岐」は、新羅城(新羅)、御間城(任那)、茨城等の「城」と同じ、「国」の意味を持ちます。 18対蘇国(ツサ)……対は対馬で分か…

倭の諸国分析3

一本の線上に連続的に、線が交わらずに表記することの出来る国の配置は、以下のようになりました。31番から21番までです。 あくまでも私見から導かれた仮説なので、鵜呑みにするのは注意してください・・・。31狗奴国(クナ)………東海地方一帯(久努国造・可…

倭の諸国分析2

最も分かりやすいところから、攻略していきます。三十一国の位置を特定する鍵を握っているのは、30番目の奴国と、31番目の狗奴国ではないかと考えてます。 魏志倭人伝には「奴国あり。これ女王の境界の尽くる所なり。その南に狗奴国あり」との記述があり…

日本の鬼・ナマハゲと欧州の怪物との繋がり

8世紀から9世紀頃に成立したとみられる、イギリスの英雄譚「ベオウルフ」に登場する、醜く残忍で巨大な不死の怪物・グレンデル。グレンデルは種族名をオークナスというらしいです。 このベオウルフの物語の一部を要約すると、 「英雄ベオウルフは、毎夜の…

フィリピンの耶摩提(やまと)

日本列島から南西に2000キロほども離れた、フィリピン諸島北部最大の島・ルソン島には、古代に倭人が住んでいたかもしれないという、妙な話です。中国の古地図に「四海華夷総図」があります。描かれたのは1532年なのですが、日本列島を見ると、日本國(本州…

筑紫国の地名考2(崇神天皇の宮殿はどこか)

筑紫とは、古来より九州の島全体を筑紫嶋と呼んだ通り、九州全体を指し示す意味合いもあるのですが、ここでの筑紫国とは、現在の福岡県域に相当する、北部九州の筑前国・筑後国のことをいいます。歴代天皇の中で、研究者によっては、実在する可能性が割とあ…

筑紫国の地名考1(崇神天皇の宮殿はどこか)

すでに多くの歴史家や考古学研究者によって、日本全国の邪馬台国候補地は、長い年月をかけた綿密な発掘調査と中国正史を元にした考証が、充分に為されてきました。それでも邪馬台国の場所が正確に特定されず、畿内だ九州だ四国だというふうに意見が統一され…