読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たっちゃんの古代史とか

誰も知らない日本とユーラシア古代史研究。絵も本も書く。闇の組織に狙われてるアマ歴史研究者。在宅勤務の自営業。

九州と畿内2つあった邪馬台国。それが後に1つとして記録された魏志倭人伝

そろそろ春の引越し予定が近くなってきました。でもすぐ疲れて寝ることが多くなり、移動が不安な感じがしますね。おいそれと何度も往復はできないし。 そもそも引っ越したら、もう今の家には戻らないという感じもありなので。 そのくらいこの家で追い込まれ…

九州に当初の邪馬台国があったことを示す隋書と四海華夷総図

前回の記事、ちょっと修正しました。 基本的に、日本に最初にあった邪馬台国は九州であり、後に奈良盆地に移ったという「邪馬台国東遷説」を支持しているので。これを書き忘れていました。 2つが融合してる邪馬台国の話については、また今度。 前回 侏儒(…

この街の特異な地下神殿と竜宮の館

この街と俺の秘密を、想像力を使って少し開示します。 知らない誰かが、俺に対する誹謗中傷を込めたことばを残すことのように、決して抗うことのできない運命的な行動かもしれず。何らかの外的要因のストレスが与えられると、どうも脳が無意識に死期が迫った…

侏儒(土蜘蛛)国から分かる卑弥呼の邪馬台国の場所

「魏志倭人伝」の「侏儒」から、 女王卑弥呼のいた邪馬台国の位置が分かるかもしれないんです。 ところで侏儒ってなに?というところから始まります。 焦僥人 『山海経』の大荒南経には、焦僥、僬僥(しょうぎょう)、海外南経には周饒(しゅうじょう)と呼…

バベルの塔の建設者ニムロドが日本神話に居るのでは ぱーと2

順調ならば4月に引っ越して、ヒキコモリ生活を始めようというところ。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 日本神話の全てが、中東やヨーロッパ神話の移植とは思わないです。日本固有の神話が、日本列島に色々あるはず。 でも確実に、日本神…

神功皇后と父親が夫祖(沃沮)から来たならば欠史八代大陸説に信憑性でます

近年は「言葉に穢れを加える風潮」目立ってますね。 たぶん俺が生まれる前から、すでにあったんでは。呪詛ですねこれ。 まあ俺自身が、何かと穢れ多い人生になってしまった、あるいは「されてしまった」ことに関連づいて不本意ですが。 俺の人生の不幸が陰謀…

世界の文化って均一化が進みまくって

人種のるつぼ - Wikipedia より このブログの歴史研究で、やたら日本文化は実は大陸起源って言ってますが。これは日本を貶めるわけじゃなく、純粋な好奇心で追求した結果なので。 それから、身体的に生活的に頭脳的にツッコミどころ満載のブログ運営者なもの…

アイヌは元々大陸から流れてきたキルギス人(契骨)だった説

アイヌ民族の研究に横ヤリ入れ。 北海道-wikipediaより 近年になりアイヌ民族が、日本の先住民とか言われてますけど。 沖縄人も、先住民なんだだとか主張して国連も同調してるらしいです。 「沖縄の人々を先住民族と認めるように」 国連が勧告 政府「アイヌ…

なぜ足は「あし」と言う?から思い付いた「人体用語」の起源2

なぜ足は「あし」と言う?から思い付いた「人体用語」の起源1 の続き。 「足」が中東に対応するということは、おそらく倭国は人体で「頭」に対応する場所なのではと考えました。 別に中東を貶す意味はなくて、日本語の人体用語に当てはまってるので。 そう…

なぜ足は「あし」と言う?から思い付いた「人体用語」の起源1

2017年最初の思いつき記事。 新年めでたいのかどうかは、人それぞれだと思うのですが、おめでたくなくても慣例的におめでとうと言ったり、初詣に足をはこぶ、律儀で不条理な日本の縮図の正月ですね。 世界を変えたいのに思うように変わらなかったのは、ここ…

経津主命とタカトリ山の謎

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」 そういえば、ようやく引っ越しのめどが付いてきました。これについてはあとでブログに書きますけど。まあ俺はもう、なんか疲れちゃったので・・・5年後は、死んでるかなw ・・・・・・・…

南九州に旧約聖書的な記録が見つかるのは何故か

当初「古語拾遺」に烏孫の情報が入ってることを書こうとしたら、なぜか「翰苑」にまつわる日ユ同祖論のほうが気になってきました。そこでそっちを優先して記事にすることにしました。 以前に日向国や出雲国が、古代イスラエル・ユダ連合王国の形をしてるとい…

電子書籍化する予定の「前方後円墳矢印説」の冒頭部分 part8

中途半端なのもどうかと思うので、豊城入彦命の古墳については最後まで掲載することにしました。 ・パート1 ・パート2 ・パート3 ・パート4 ・パート5 ・パート6 ・パート7 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 豊城入彦命御陵候…

中央アジアの地形と地名がなぜか伊勢湾周辺にあったりしたら

世の中は「なんかおかしい」って、少なからず誰でも感じ取ってると思いますけどね。お前が言うなという感じかもしれませんが。何故か誰も口にしない代わりに、フルボッコされてきた俺が、ついでに言ってあげてるわけですが・・・。 日本が変というのは、今現…

日本語の大陸起源 事物と言葉の歴史的経緯から探ってみる

最近はイラストを仕事にしようかと思案中。近頃イラスト描く枚数が増えてきたのだが、ついでに適当に描いた、蕪の妖精。 「日本書紀」によれば伊弉諾命と伊弉冊命は植物を産み、植物の知的生命体(ククノチなど)を誕生させているのでした。しかしそれは、通…

倭と中央アジアに確認できる長脛と安日

長脛彦と安日彦は、日本の古代に登場する兄弟なんです。 じつは長脛、安日と全く同じ名前は、中央アジアにも存在していました。 倭の安日彦 安日彦(あびひこ)は中世日本神話に伝わる伝説の人物の一人。安日王とも。 鎌倉~室町期成立の『曽我物語』に蝦夷…

出雲国の日ユ同祖論を境界線で解いてみた

仕事しまくってるけど、収入が思ったように増えないけど確定申告しなきゃいけない。 原稿はあんまり進まないし、論文も手がつかない日もある。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 出雲の日ユ同祖論。 出雲の大国主神…

日本の境界線は適当に引かれたんじゃなかった4 境界線が語る日ユ同祖論と神武東征の真相 

今回も長い妄想しますので、よろしくお願いします。 日本の境界線は適当に引かれたんじゃなかった。その1 日本の境界線は適当に引かれたんじゃなかった2 日ユ同祖論を証明する大和国の境界線 日本の境界線は適当に引かれたんじゃなかった3 境界線で日ユ同…

日本の境界線は適当に引かれたんじゃなかった3 境界線で日ユ同祖論が事実だと証明できるかも

おはよう御座います。毎日、闇の軍団の台本どうりの中傷嘲笑激安プロレスを仕掛けられて情報を拡散されてイジメられている、トゥルーマン・ショー強制出演中の俺です。 「この世界を変えてやるゥ~(#・∀・)ムカー」 前回 日本の境界線は適当に引かれたんじゃなか…

台・堆・俀・タイ・帯から分かる倭の起源の一端

足の痛みは無くなったと思ったら、腰が痛い。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 以前書いた記事。 倭人=俀人(tai人)=シャモ人 東南アジアのタイ人=シャム人 中略 雲南省には紀元前1世紀から滇王国があった。滇…

関東地方が東アジア、近畿地方が中央アジア、に対応する土地の証明。新日本雛形論

このブログに表す妄想の内容を、もう少し精査検討して、低学歴の論文に加えていきますので、宜しく。 以下は大本の出口王仁三郎が口にしていたという「日本雛形論(日本は世界の縮図)」を発展させたものです。 従来の日本雛形論では、本州にユーラシア大陸…

古代チベット・吐蕃の起源は古代トルコのタバルか

最近のチベット情勢 引用 弾圧抗議で焼身自殺のチベット族に「勝手に死ね」…中国がダライ・ラマ14世の80歳誕生日で厳重警戒 チベットの精神的指導者、ダライ・ラマ14世が7月6日、80歳の誕生日を迎えた。中国当局は禁足令を出すなどこの日に向けて…

神武東征は「烏孫王の中央アジア東征だった」を、登場する人物名と地名から検証してみる

これは、個人的な想像、妄想ですので。 神武東征はほんとは「烏孫王の中央アジア東征だった」を人物名や地名から検証してみます。 「記紀の出来事は日本で起きた」と考えて、そこから出ない人は、変な人もいるものだと、見ておいてください。 堅昆と剣根 「…

日本の別名からもわかる「日本の前衛国家は烏孫」

さっきヤフーのトップページを見たら、2つの記事が並んでいました。 池袋暴走「何が悪い」大声で オコエ 興奮してバット投げる 興奮してオーゴエ、オコエ・・・それで並べたらしいヤフー。 さっき少し鬱が来た。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…

日本神話には大陸の出来事が習合されてる・・・(一問一答方式)

今回は、アマチュア歴史作家で古代史研究家で、自営業で在宅勤務で、モテなくて全然ぱっとしない、たっちゃん古代史とかさんに、古代史について一問一答しています。よろしくお願いいたします。 Q1 日本の古代史は、伝えられている内容と事実は異なるんです…

浅間山は阿蘇の名を移植したのか。日本語の噴火を表す言葉はローマ神話のvulcanusを語源としたかも

人生があまりに、くだらないバカバカしいので、好きなことして生きてますが。電子書籍はちょっとづつ進んでおり、土地も家も手に入れますが、そのことについてもいずれー。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ いま噴火してます…

「騎馬民族の影響を完全否定するのはトンデモ(2)」 日本史の中の月氏

前回の「騎馬民族の影響を完全否定するのはトンデモ(1)」 匈奴は来た 「騎馬民族はこなかった」と断言する先生が多い昨今なので、騎馬民族は来たとか言ってると「何いってんのこの人、あたまおかしい」みたいに思われます。 専門家が綿密に調べた結果、騎…

「騎馬民族の影響を完全否定するのはトンデモ(1)」 匈奴は来た

ちまたでは、騎馬民族征服王朝説は、トンデモ説として片付けられて久しい。 近隣の子供、中高生が、我が家の前を通る時、代わる代わる奇声を発していく。輪番制らしい。そんな中で、もうトンデモ説で確定したかのように語られて悔しい。そこで。 「騎馬民族…

「中国・四国系地名」の研究の進展

さすがに1年も経つと、売れ行きが落ちてきました。 日本の地名の真の由来と神武東征のカラクリ仕掛け(上) 地名と神武シリーズ 日本の地名の真の由来と神武東征のカラクリ仕掛け(下) 地名と神武シリーズ まぁこんなもんだろうと思って、次に向かってます…

ご先祖様についての調査結果2

前回 ご先祖さまについての調査結果1 では、母方の先祖について調べました。 今回は、父方のご先祖様について調べた。 ま俺みたいなゴミが調査して偉そうに見えるかもしれませんが、これはとても大切なことで、ご先祖様の記録がちゃんと残っているのは貴重…

合わせ鏡の日本列島1

単なる想像ですけど。 一部メディアや一部の有名ブログでは、俺を罵倒・嘲笑する意味を込めた、臭い記事が予め用意されております。俺が行動すると、監視情報が伝わり、その臭い記事をタイミングよく出される、という意地悪をされております。 意地悪バイト…

大和三山に対応する山を関東地方に発見した鴨4 結論

(1)関東の天香具山編 2014年12月28日 (2)関東の耳成山編 2015年1月1日 (3)関東の畝傍山編 2015年1月11日 (4)関東の大和三山の結論 2015年1月26日 関東地方の大和三山の、最後のまとめです。 ぐっと冷え込む季節ですが、暖かくしていますか。 と…

ユーラシア大陸東部の粛慎(挹婁)は縄文人と同じ民族だった?

やることが色々あるのになかなか進まない。そんな日々ですが、去年の年末あたりから体調が悪くなったり良くなったり。 世間の意地悪に襲われたり、逆に良心を感じ取ったり・・・。 次作の原稿は書き直し、結局ぜんぶ調査しなおし、図表の作り直しをして大変…

大和三山に対応する山を関東地方に発見した鴨(3)畝傍山編

(1)関東の天香具山編 2014年12月28日 (2)関東の耳成山編 2015年1月1日 (3)関東の畝傍山編 2015年1月11日 (4)関東の大和三山の結論 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ この記事は1月3日に公開する予定だったんですが、…

京都の向日市の五塚原古墳は真の垂仁天皇陵で、垂仁天皇は倭の女王「壹與」の子な理由

『封印された叡智の回復(仮)』の原稿がなかなかまとまらない。というわけで、ブログでちょっとづつ内容を発表しつつ、まとめていくことに。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 崇神天皇=卑弥呼+壱与説。 これは、拙著『崇神…

大和三山に対応する山を関東地方に発見した鴨(2)耳成山編

(1)関東の天香具山編 2014年12月28日 (2)関東の耳成山編 (3)関東の畝傍山編 (4)関東の大和三山の結論 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 耳成山と書いて、「みみなし山」と読む。 耳なしと言えば、「耳なし芳一」が思…

大和三山に対応する山を関東地方に発見した鴨(1)天香具山編

(1)関東の天香具山編 (2)関東の耳成山編 (3)関東の畝傍山編 (4)関東の大和三山の結論 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 今週のお題「2014年のお別れ」〈2014年をふりかえる 3〉 2014年の最後の記事。 今年は研究は…

源義経の犬岩伝説と犬吠埼のある銚子市に見られる「犬」の偶然

世間はまたクリスマスという行事らしい。あまり興味がない件・・・。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 千葉県の銚子の話。 大きな半島や岬というふうな尖った地形は、地図を見るとすごく目立つ。規模の大きな半島や岬にある都…

東京の象徴的河川「隅田川」と埼玉県東部の小さな河川「古隅田川」の深い関係

最近日本では「他人をノゾキ見る趣味」が流行ってるらしいのを知ってる人。 ( ゚д゚)ノ ハイ 英語で書くとこうなるらしい。 Prevalent secretly voyeur hobby in Japan .(日本では密かに盗撮趣味が流行している) 物質的に覗くだけでなく、思考盗聴までも可能…

奈良盆地の三輪山・大神神社に対応している、関東平野の三輪野山・三輪神社

電子書籍上巻で触れましたが、九州、近畿、関東は、九州系地名と呼べる、同一地名の土地でした。たとえば下の図のように 一例としては九州北部の対馬国の「馬」に対応するのが、近畿地方の但馬国であり、関東地方の群馬なのであるとか。 そうすると群馬の知…

地名も地形も一致している九州・近畿・関東

拙著『日本の地名の真の由来と神武東征のカラクリ仕掛け(上・下)』に目を通した方はなんとなくわかったと思いますが、日本列島の地名の由来の一つは、 「西日本の地名を東日本に当てはめた」ことだったのでした。 拙著から図版を持ち出すと、例えば西日本…

諡号に「神」を含む古代の天皇の共通点

古代の天皇の中には、諡号に「神」を持つ、天皇がいました。 よく知られる例としては、初代の神武天皇、第十代崇神天皇、第十五代応神天皇。 これらの漢風諡号は、8世紀の皇族で文人だった淡海三船により、撰進されたとか。 だから普通に考えれば、これら「…

ご先祖さまについての調査結果1

ボクチンは親戚の中で浮いています。クラゲのようにプカプカと。 おそらく基本的には嫌われていると感じますが。その理由はさんざん書いてきました。自身の不甲斐なさと、臭い人な人生なこと、誤解と偏見、そして信じるも信じないも自由ですが、闇の組織の陰…

前方後円墳矢印説は完成している・第3回「仁賢天皇陵」

第1回 まえがき 第2回 仲姫命陵 第3回 仁賢天皇陵 第3回目ですけど。 多分俺みたいなうつけ者が何かしゃしゃり出たりすると、気に入らないという人もいるかもしれない。 何もしなければ、それもまた批判対象になる。だから何かしても何もしなくても一緒…

前方後円墳矢印説は完成している・第2回「仲姫命陵」

第1回 まえがき 第2回 仲姫命陵 第2回目ですけど。 ところで俺って普通なことが何にもできない。迷惑ばかりかけてる。やたら馬鹿にされてますけど。 それでいて、なんか訳の分からない物事には、集中力やら読解力があるような気がしたりして。なんなんで…

前方後円墳矢印説は完成している・第1回 まえがき

第1回 まえがき 第2回 仲姫命陵 第3回 仁賢天皇陵 もはや意地悪するのが当たり前みたいな、日本列島になってますけど。 仏教では、恨みを持つと、自分自身に返ると言う。また、恨みは恨みによっては解消できないともいう。恨みは捨てることが良いのだとか…

高天原はどこにあったか

日本の八百万の神様の集う、高天原がどこにあったか。 昔から長いこと議論されて、いまだに定説はありませんけど。 高天原の場所については諸説ありますが、いくつか例を挙げると ・天上界説 ・奈良盆地説 ・奈良金剛山地説 ・宮崎高千穂町説 ・宮崎高原町説…

奈良盆地の大和三山と、北部九州の"元大和三山"

父の他界から2ヶ月も経たぬ間に、母が他界しました。 顰蹙者で、鬱な俺が残されました。 悲しみに追い打ちをかけるように、路上から奇声を浴びせられるなど、ひどい仕打ちを受けていますが。まあ、俺は価値も無いし、邪魔者なので、いじめて当然と考えてる…

九州南部の4つの神宮に込められた意味とは

とても体がだるい。睡眠時間が長い。精神的なものか。 母が闘病中なのでシンクロしてるのか。 目眩、立ちくらみがする。人に会いたくない。 俺がいると不愉快と思われるので、極力、引き篭もることにしてる。 俺が犠牲になれば、世の中うまく行くとか・・・…

天皇家は確かに騎馬民族系だった・・・下巻の内容

「よく生きていられるよね」「恥知らず」とはよく言われて、精神的に追い詰められる経験は続きました。 恥を知っているから、何でも途中で辞めてきたんですが。 挑戦が大事だと言われて挑戦しても、途中で辞めて恥を晒すことは何度もありつつ、世間の冷酷な…